研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
本田 晋也 ( ホンダ シンヤ , HONDA Shinya )
所属
Organization
理工学部機械システム工学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

組込みシステム・計算機システム

学会活動
Academic societies

2010年 4月-2012年 3月 情報処理学会 組込みシステム研究会 運営委員
2010年 4月-2012年 3月 情報処理学会 組込みシステムシンポジウム(ESS2010) プログラム委員
2010年 4月-2013年 3月 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST) 実行委員
2010年 4月-2011年 3月 情報処理学会 組込み特集号メタレビュア
2012年 4月-2014年 3月 情報処理学会 東海支部連合大会プログラム編集委員
2012年 4月-2015年 3月 情報処理学会 Transactions on System LSI Design Methodology 編集委員
2015年 4月-2017年 3月 Workshop on Operating Systems Platforms for Embedded Real-Time applications(OSPERT) PC
2016年 4月-2018年 3月 情報処理学会 東海支部 幹事
2017年 4月-2018年 3月 情報処理学会 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 実行委員会 委員
2017年 4月-2018年 3月 情報処理学会 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 大会委員会 庶務幹事
2017年 4月-現在に至る COOL Chips 21 (IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips) PC

社会活動
Community services

2010年 4月-2013年 3月 経済産業省 平成22年度 戦略的基盤技術高度化支援事業 "故障未然防衛機能を有した高信頼ソフトウェアプラットフォームの開発" におけるサブリーダ
2014年 4月-2015年 3月 一般財団法人 機械振興協会 調査研究事業(JKA補助事業)「日本半導体産業の付加価値定義の諸要因が他産業に示唆する含意」委員会 委員
2014年 4月-2017年 3月 戦略的基盤技術高度化支援事業 高度IT 融合社会の安全・安心を支える次世代自動車用セキュリティゲートウェイ・ECUの開発 アドバイザー


出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
豊橋技術科学大学工学部情報工学課程 工学部情報工学課程 2000年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
豊橋技術科学大学大学院大学院工学研究科電子情報工学専攻 博士後期課程  2005年03月  修了 
豊橋技術科学大学大学院大学院工学研究科情報工学専攻 修士課程  2002年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(工学)  システムレベル言語を用いた組込みシステム設計手法  豊橋技術科学大学大学院  2005年03月 
修士 修士(工学)  デバイスドライバとデバイスの一体設計手法への SpecCの適用性に関する研究  豊橋技術科学大学大学院  2002年03月 
学士 学士(工学)    豊橋技術科学大学 2000年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  組込みシステム向けソフトウェア・ハードウェア協調設計に関する研究 

概要(Abstract) 組込みシステムを構成するソフトウェアとハードウェアを効率的に設計する技術に関する研究 

長期研究  組込みシステム向けAIに関する研究 

概要(Abstract) 小規模組込みシステムでAI処理を実現するための研究 

長期研究  組込みシステム向け設計論及び開発環境に関する研究 

概要(Abstract) 組込みシステムの開発を効率化するための設計方法とそれらをサポートする各種ツールに関する研究 

長期研究  組込みシステム向けソフトプラットホーム 

概要(Abstract) 組込みシステム向けのRTOSや仮想化に関する研究 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2003  Embedded Software for SoC ( chap. 11“Evaluation of Applying SpecC to the Integrated Design Method of Device Driver and Device”, pp.137-150)  未設定   
Kluwer Academic Publishers  , 未設定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  SROS2における認証付き暗号の組込みシステムを指向したセキュア実装とその評価  共著   
電気学会論文誌C  , 140(8)  , 939 - 948  , 2020/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  TZmCFI: RTOS-Aware Control-Flow Integrity Using TrustZone for Armv8-M  共著   
International Journal of Parallel Programming  , Springer  , 2020/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Shadow Exception Stacks: Control-Flow Integrity For Asynchronous Exceptions Using TrustZone For Armv8-M  共著   
The 6th International Embedded Systems Symposium(IESS2019)  , 2019年9月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Real-time Performance of Embedded Platform for Autonomous Driving using Linux and a GPU  共著   
International Journal of Informatics Society  , INFSOC  , Vol.10 No.1  , 2018年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  A Compact and Efficient Inference Technique for Deep Neural Networks on FPGAs  共著   
Proc. of IEEE International Symposium on low-power and high-speed chips 21  , 2018年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Cost-Effective Redundancy Approach for Fail-Operational Autonomous Driving System  共著   
2018 IEEE 21st International Symposium on Real-Time Distributed Computing (ISORC)  , 107-115  , 2018年4月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  マルチコアパワートレインアプリケーションにおけるコア配置決定のための最悪応答時間解析手法  共著   
情報処理学会論文誌  , 情報処理学会  , Vol.59 No.2  , 748-761  , 2018年2月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  ARM TrustZone for ARMv8-Mを利用した軽量メモリ保護RTOS  共著   
情報処理学会論文誌  , 情報処理学会  , Vol.59 No.2  , 762-774  , 2018年2月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  組込みミックスドクリティカルシステム向けイーサネットコントローラ共有機構  共著   
情報処理学会論文誌  , 情報処理学会  , Vol.59 No.8  , 1464-1476  , 2018年2月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Efficient Approach to Ensure Temporal Determinism in Automotive Control Systems  共著   
8th International Symposium on Embedded computing and system Design(ISED 2018)  , 2018年12月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2018  情報処理学会 2017年度論文賞  In-Vehicle Distributed Time-critical Data Stream Management System for Advanced Driver Assistanc   
情報処理学会  

備考(Remarks)  

2016  情報処理学会 第9回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2016) 最優秀論文賞  In-Vehicle Distributed Time-critical Data Stream Management System for Advanced Driver Assistance   
情報処理学会 

備考(Remarks)  

2016  日本ソフトウェア科学会 第4回ソフトウェア論文賞  マルチコアにおけるコア隔離機構Timer ShieldによるLinuxのリアルタイム性向上   
日本ソフトウェア科学会 

備考(Remarks)  

2012  ITS研究会優秀論文,  ストリーム処理を用いた車々間通信データのフィルタリング方式   
 

備考(Remarks)  

2011  情報処理学会 組込みシステムシンポジウム2011(ESS2011)優秀論文賞  リアルタイムアプリケーション向けタスク処理定義可能なスケジューリングシミュレータ   
 

備考(Remarks)  

2010  情報処理学会 組込みシステムシンポジウム(ESS2010) 奨励賞  中断可能な優先度継承キューイングスピンロックのハードウェア実装と評価   
情報処理学会 

備考(Remarks)  

2005  IPA「SEC Journal」創刊記念論文 優秀賞  大学における社会人向け組込みソフトウェア技術者人材養成の実施と分析   
 

備考(Remarks)  

2002  情報処理学会 平成14年度論文賞     
デバイスドライバとデバイスの一体設計手法へのSpecCの適用性評価 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2020  車載制御モデルの並列設計におけるランタイム性能解析と効率化  未設定  2021/03 
第56回組込みシステム研究発表会,  , 情報処理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  C言語ベースのシステムレベル設計における低コストで高速な協調検証環境  共同  2021/03 
第56回組込みシステム研究発表会,  , 情報処理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  ROMへのアクセスレイテンシが大きいマイコンを対象とした畳み込みニューラルネットワークの最適化  共同  2021/03 
第56回組込みシステム研究発表会,  , 情報処理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  Multirate Model Parallelization for MPSoC with FPGA in Model-Based Development: A Case Study  共同  2020/11 
Asia Pacific Conference on Robot IoT System Development and Platform (APRIS)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  A DNN implementation on FPGAs from the existing DNN framework using HLS  未設定  2020/11 
第55回組込みシステム研究発表会,  , 情報処理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  時間パーティショニング機構を持つリアルタイムOSの性能評価手法  共同  2020/11 
第55回組込みシステム研究発表会,  , 情報処理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  モデルベース並列化ツールを用いたマルチコアシステム開発フローの提案  共同  2020/09 
DAシンポジウム2020   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  FPGA混在のヘテロジニアスマルチコアSoCに対するモデルベース並列化設計開発環境の検討  共同  2020/09 
DAシンポジウム2020   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  A Hiding External Memory Access Latency by Prefetch Architecture for DNN Accelerator Available on High-Level Synthesis  未設定  2020/03 
The 23rd Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  車載制御システム向け次世代プロセッサの仮想化支援機能を用いたハイパーバイザー  未設定  2020/11 
情報処理学会研究報告   

概要(Abstract) 近年,車載制御システムに搭載するECUの数を減らすECU統合への要求が高まっている.ECU統合では,単一のECU上に安全度水準が異なる複数のアプリケーションを実行するため,メモリ保護や時間保護といったパーティショニング機構を用いる必要がある.
パーティショニング機構を持つRTOSを用いた場合,APIの実行オーバヘッドが大きいこと,RTOS自身が複雑になり信頼性を確保するのが困難であること,アプリケーション間での優先度調整が必要であるといった問題がある.
これらの問題を解決するため,本論文では次世代の車載制御向けプロセッサに導入された仮想化支援機能を用いたハイパーバイザーを提案する.
本ハイパーバイザーは,TDMAスケジューリングにより時間保護を実現し,仮想化用のMPU機構によりメモリ保護を実現する.仮想化支援機能を用いることにより,統合前と同等の実行オーバヘッドでアプリケーションを実行可能であることを確認した. 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2020  共同研究  車載マイコンにおける仮想化技術を用いた機能安全分離の検討 
  株式会社デンソーテン   

研究内容(Research Content) 車載マイコンにおける仮想化技術を用いた機能安全分離の検討について,事例を用いた実施と評価について取り組む。
 

備考(Remarks)  

2020  共同研究  IoT推進のための横断技術開発プロジェクト/省電力AIエンジンと異種エンジン統合クラウドによる人工知能プラットフォーム 
  日本電気株式会社   

研究内容(Research Content) 日本電気株式会社が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(「NEDO」)より受託した「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト/省電力AIエンジンと異種エンジン統合クラウドによる人工知能プラットフォーム」に係る委託業務に対して、共同実施者として取り組む。
 

備考(Remarks)  

2020  共同研究  車載制御向けパーティションOSのマルチコア対応強化についての研究 
  ルネサスエレクトロニクス株式会社   

研究内容(Research Content) 車載制御向けマルチコア対応パーティションOSの研究・試作・評価についての研究を行う。主にマルチコア向け機能の強化を実施する。
 

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2020 
2019 
詳細表示

2021/04/02 更新