研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
大原 寛史 ( オオハラ ヒロフミ , OHARA Hirohumi )
所属
Organization
法学部法律学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

民法

学会活動
Academic societies

日本私法学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (17)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (14)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
同志社大学法学部法律学科 2007年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
同志社大学大学院法学研究科私法学専攻 博士後期課程  2012年03月  退学 
同志社大学大学院法学研究科私法学専攻 博士前期課程  2009年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 修士(法学)    同志社大学大学院  2009年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  契約法における「自律」と「他律」 

概要(Abstract) 契約における合意による拘束の意義とその限界について、
様々な観点から検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2024  森本直子=織原保尚編『法学ダイアリー〔第2版〕』  共著   
ナカニシヤ出版  , 未設定  , 26-33、74-79  , 2024/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  森本直子=織原保尚編『法学ダイアリー』  共著   
ナカニシヤ出版  , 未設定  , 2017/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  中村昌美編『民法を知る2【債権・家族】』  共著   
八千代出版  , 未設定  , 2015/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  小川富之=福田健太郎編『ロードマップ民法③債権総論』  共著   
一学舎  , 未設定  , 2014/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2023  取引における高齢者保護の判断構造――暴利行為および取引停止義務をめぐる近時の裁判例に焦点をあてて  単著   
南山法学  , 南山大学  , 46/3=4  , 223ー277  , 2023/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  履行不能と債務者の帰責性――債務者自身が履行しなければならない場面を中心として  単著   
中京法学  , 54/3=4  , 85-126  , 2020/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  ドイツにおける事実的不能の位置づけ――債務者の費用負担と帰責性の関係を中心として(“Zur Bedeutung der faktischen Unmöglichkeit nach dem deutschen Schuldrecht”)  単著   
私法  , 81  , 101-107(276-275)  , 2019/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  契約責任法の改正と履行不能――履行不能の判断基準と契約規範との関係性  単著   
加藤新太郎=太田勝造=大塚直=田髙寛貴編『加藤雅信先生古稀記念 21世紀民事法学の挑戦 下巻』  , 信山社  , 63-87  , 2018/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  民法改正法案における「履行請求権の限界」と「不能」――「債権者の受ける利益に比して債務の履行に過大の費用を要する場面」を中心に  単著   
神戸学院法学  , 46/3=4  , 497-529  , 2017/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  「債務者が自ら提供しなければならない給付」における期待不可能性――BGB275条3項をめぐる議論の考察を通じた課題の提示(2・完)  単著   
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 52/2  , 139-162  , 2016/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  「債務者が自ら提供しなければならない給付」における期待不可能性――BGB275条3項をめぐる議論の考察を通じた課題の提示(1)  単著   
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 52/1  , 85-102  , 2016/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  成年の意思無能力者による「日常生活に関する行為」の有効性――BGB第105条aをめぐる議論を素材として(2・完)  単著   
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 51/2  , 187-198  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  成年の意思無能力者による「日常生活に関する行為」の有効性――BGB第105条aをめぐる議論を素材として(1)  単著   
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 51/1  , 183-200  , 2015/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  民法学における『所有権の誕生』研究の意義  単著   
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 50/2  , 43-50  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2024  判例回顧と展望 2023 民法(債権分野担当)  資料  共著 
法律時報  , 日本評論社  , 96巻7号(通巻1204号)  , 73-111(82-91担当)  , 2024/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  ドイツ民法総則編の条文訳(2・完)――第1章第2節法人を除く  資料  共著 
京都先端科学大学経済経営学部論集  , 6  , 29-39  , 2023/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2022  ドイツ民法総則編の条文訳(1)――第1章第2節法人を除く  資料  共著 
京都先端科学大学経済経営学部論集  , 5  , 129-148  , 2023/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  成年後見開始審判取消し直後の金融商品取引と不法行為  判例研究  未設定 
金融・商事判例増刊号 高齢者を巡る判例の分析と展開  , 1486  , 20-23  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  2015年学界回顧 ドイツ法(私法部分担当)  学界回顧  未設定 
法律時報  , 1093  , 293-298  , 2015/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  2014年学界回顧 ドイツ法(私法部分担当)  学界回顧  未設定 
法律時報  , 1080  , 291-295  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  遠藤賢治=加藤雅信=大原寛史「【インタビュー調査報告書】債権法改正――元裁判官は、こう考える」  調査報告  共著 
名古屋学院大学論集社会科学篇  , 50/3  , 123-148  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  ドイツにおける事実的不能の位置づけ――債務者の費用負担と帰責性の関係を中心として  単独  2018/10/13 
日本私法学会第82回大会個別報告(於:東北大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2020  研修講師担当 

愛知県市町村振興協会研修センター
愛知県市町村職員民法研修(家族法)講師担当
 

 
2019  研修講師担当 

愛知県市町村振興協会研修センター 愛知県市町村職員民法研修(家族法)講師担当 

 
2019  研修講師担当 

名古屋法務局職員中等科民法(債権法)研修講師担当 

 
詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2023 
2022 
2021 
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
詳細表示

2024/06/12 更新