研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
太田 和彦 ( オオタ カズヒコ , OTA Kazuhiko )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
准教授
著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (18)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (15)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東京農工大学農学部地域生態システム学科 2008年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京農工大学大学院連合農学研究科農林共生社会科学専攻 博士課程  2013年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(農学)  日本型環境倫理における風土論の可能性  東京農工大学大学院  2013年03月 
修士 修士(農学)    東京農工大学大学院  2010年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2022  環境問題を<見える化>する : 映像・対話・協創  共著   
昭和堂  , 未設定  , 208 p.  , 2022/03/31   

概要(Abstract) 分担執筆
第10章「社会課題をボードゲームにする―コモンズの悲喜劇、マナーな食卓、サンタチャレンジ」
第11章「超学際研究でルーブリックを使う―コミュニケーションと自己評価」 

備考(Remarks)  

2022  Simulation and Gaming for Social Design  共著   
springer  , 未設定  , 324 p.  , 2022/01/05   

概要(Abstract) 分担執筆
「Chap.10, Serious Board Game Jam as an Exercise for Transdisciplinary Research」 pp. 185-213. 

備考(Remarks)  

2021  みんなでつくる「いただきます」 : 食から創る持続可能な社会  共著   
昭和堂  , 未設定  , 204p.  , 2021/03/31   

概要(Abstract) 分担執筆・編集 

備考(Remarks)  

2021  環境問題を解く:ひらかれた協働研究のすすめ  共著   
かもがわ出版  , 未設定  , 230p.  , 2021/03/03   

概要(Abstract) 分担執筆
「超学際的エクササイズとしてのシリアスボードゲームジャム」pp. 102-113.
 

備考(Remarks)  

2020  環境倫理学(3STEPシリーズ)  共著   
昭和堂  , 未設定  , 259p.  , 2020/10/30   

概要(Abstract) 分担執筆
「土地倫理―アメリカの環境倫理学の出発点」、「食農倫理学―私たちにとっての理想的な食とは」
pp. 71-86, 207-222. 

備考(Remarks)  

2018  フードスタディーズ・ガイドブック  共著   
ナカニシヤ出版  , 未設定  , 308  , 2019/03/30   

概要(Abstract) 分担執筆
ピーター・シンガー『動物の解放』、廣瀬純『美味しい料理の哲学』、マイケル・ポーラン『雑食動物のジレンマ――ある4つの食事の自然史』
担当ページ pp.191-206 

備考(Remarks)  

2018  Agricultural Ethics in East Asian Perspective: A Transpacific Dialogue  共著   
Springer  , 未設定  , 240p  , 2018/08/03   

概要(Abstract) 分担執筆
担当ページpp.197-211
What Does “Soil Is Valuable” Mean? Institutional Design and Ethics for Sustainable Use of Soil Resources 

備考(Remarks) ISBN-10
3319926020 

2017  「土」という精神 : アメリカの環境倫理と農業  単訳   
農林統計出版  , 未設定  , 344 p.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2022  Not just playing: The politics of designing games for impact on anticipatory climate governance  共著   
Geoforum  , 2022/04   

概要(Abstract) Joost M. Vervoort, Manjana Milkoreit, Lisette van Beek, Astrid C. Mangnus, David Farrell, Steven R. McGreevy, Kazuhiko Ota, Christoph, D.D. Rupprecht, Jason B. Reed, Matthew Huber 

備考(Remarks)  

2021  Unlocking the potential of gaming for anticipatory governance  共著   
共生社会システム研究  , 共生社会システム学会  , 11  , 100130  , 2022/01   

概要(Abstract) Joost Vervoort, Astrid Mangnus, Steven McGreevy, Kazuhiko Ota, Kyle Thompson, Christoph Rupprecht, Norie Tamura, Carien Moossdorff, Max Spiegelberg, Mai Kobayashi 

備考(Remarks)  

2021  持続可能な都市のための食の再地域化  単著   
共生社会システム研究  , 共生社会システム学会  , 15  , pp.139-153   , 2021/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  未来を知り、遊び、実験する:ソフトシナリオ手法を通じたフードポリシーの共創  共著   
環境科学会誌  , 環境科学会  , 34  , pp.46-65  , 2021/03   

概要(Abstract) マックグリービー スティーブンR, 田村 典江, ルプレヒト クリストフD. D, 太田 和彦, 小林 舞, スピーゲルバーグ, マキシミリアン 

備考(Remarks)  

2020  レジリエンス研究における和辻風土論の寄与―生の哲学との比較と「旅行者の体験における弁証法」  単著   
比較思想研究  , 比較思想学会  , 46  , pp.109-117  , 2020/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Interlinking open science and community-based participatory research for socio-environmental issues  共著   
Current Opinion in Environmental Sustainability  , 39  , pp.54-61  , 2019/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://doi.org/10.1016/j.cosust.2019.07.001 

2019  土壌倫理の射程-食と農,リスク,未来世代-  共著   
日本土壌肥料学雑誌  , 日本土壌肥料学会  , 90/5-  , pp.403-408  , 2019/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  食分野における持続可能な社会への転換のための学習プログラムの試み-秋田県立能代松陽高校における実践事例から-  共著   
環境思想・教育研究  , 環境思想・教育研究会  , 12  , pp.157-166  , 2019/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  持続可能なフードシステムの構築に向けた多様な当事者の関与の促進-「食に関わることの市民性」の概念分析と使用傾向について-  共著   
共生社会システム研究  , 共生社会システム学会  , 13/1  , pp.141-163  , 2019/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  New pathways for governing food system transformations: a pluralistic practice-based futures approach using visioning, back-casting, and serious gaming  共著   
Ecology and Society  , 24/4,2  , pp.1-20  , 2019   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) https://doi.org/10.5751/es-11014-240402 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  食農倫理学の長い旅:〈食べる〉のどこに倫理はあるのか  翻訳  単訳 
勁草書房  , 2021/03/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 原著:Thompson, P. B. (2015). From field to fork: Food ethics for everyone. Oxford University Press. 

2020  人新世という物語―新たな地質年代、一つの地球、いくつもの世界  寄稿  未設定 
福音と世界  , 新教出版社  , pp.12-17  , 2020/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  オックスフォード・ハンドブックの紹介(後半)  企画・編集  その他 
環境倫理  , ポプルス  , 第3巻  , pp.4-21  , 2019/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  オックスフォード・ハンドブックの紹介(前半)  企画・編集  その他 
環境倫理  , ポプルス  , 第2巻  , pp.4-119  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  土壌について話しはじめるための4本のドキュメンタリー映画  寄稿  単著 
中央評論  , 中央大学出版  , pp.63-71  , 2018/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  「土」という精神 : アメリカの環境倫理と農業  翻訳  単訳 
農林統計出版  , 2017/07/18   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 原著:Thompson, P. B. (2015). #I The Spirit of the Soil: Agriculture and Environmental Ethics 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2018  地球研若手研究者特別奨励賞    2018年12月 
総合地球環境学研究所 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2020  How does milieu connect with the narrative of modern Japanese environmental thought?: Suggestions from literature reviews  共同  2021/03/14 
IAJP2021  , International Association for Japanese Philosophy   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  シリアスボードゲームジャムの生態系:SBGJ2018、SBGJ2019の事例から  共同  2021/03/13 
DiGRA2021  , 日本デジタルゲーム学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  Commons and Serious Games  共同  2020/07/22 
IASC-RIHN 2020  , International Association for the Study of the Commons   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  持続可能なフードシステムに関する学習に果たすアクティブ・ラーニングの継続的効果  単独  2020/06/14 
環境社会学会2020年度夏季大会  , 環境社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  超学際的実践のなかの省察:サマースクール「フードスケープをつなぐ」を事例として  単独  2020/04/25 
応用哲学会2020年度大会  , 応用哲学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  都市における持続可能性、技術、ウェルビーイング、倫理的諸問題  単独  2020/04/25 
応用哲学会2020年度大会  , 応用哲学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Sustainability Transition研究と環境社会学研究の相補的活用:「厄介な問題」への理論的貢献  単独  2019/12/08 
環境社会学会2019年度大会  , 環境社会学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Exercise for transdisciplinary collaboration that connects and uses future visions: A case study of the Serious Board Game Jam 2018, 2019 in Kyoto  単独  2019/11/07 
ASU / Future Design / FEAST Workshop on intergenerational futures  , Research Institute for Humanity and Nature   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  Fudo theory, Environmental ethics, Food ethics  単独  2019/10/13 
International Association for Japanese Philosophy 2019  , IAJP   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  フードスケープを活用した食に関する情報と知見の学際的統合の実践:「私たちを養っているもの」の可視化を通じた理解の変化  単独  2019/09/13 
共生社会システム学会2019年度大会  , 共生社会システム学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2020  研究助成金  地域社会における人新世の緩和策・適応策の検討ならびに学習プログラムの提起 ――「ローカルな環境倫理」の観点から 
代表  上廣倫理財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2019  研究助成金  都市の持続可能なフードシステムについての意見交換を促進させるシリアスゲームの改良および学習プログラムの開発 
代表  公益財団法人科学技術融合振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2019  科学研究費補助金  持続可能な地域づくりに資する“思考の補助線”としての風土概念の有効性の検討 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  研究助成金  土壌の審美的価値(センス・オブ・ワンダー)の提示が地域の土壌資源の包括的・長期的保全に果たす機能 
代表  公益財団法人日本科学協会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2021  授業「環境思想論」 

授業「環境思想論」(南山大学総合政策学部)のための電子媒体による教材作成 

2021/04/01~現在 
2021  授業「文明論概論」 

授業「文明論概論」(南山大学総合政策学部)のための電子媒体による教材作成 

2021/04/01~現在 
2021  授業「総合政策と倫理」 

授業「総合政策と倫理」(南山大学総合政策学部)のための電子媒体による教材作成 

2021/04/01~現在 
2018  授業「科学技術と社会」 

授業「科学技術と社会」(奈良県立大学地域創造学部)のための電子媒体による教材作成 

 
2014  授業「人間と環境」 

授業「人間と環境」(武蔵大学人文学部)のための電子媒体による教材作成 

 
2014  授業「保全生物学」 

授業「保全生物学」(武蔵大学人文学部)のための電子媒体による教材作成 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2020  国際学会「APSAFE2020」の開催・運営  2020/12/03-2020/12/16 

活動内容等(Content of Activities) 国際学会「APSAFE2020」のオンライン上での開催・運営 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2021 
詳細表示

2022/06/02 更新