研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
守屋 友江 ( モリヤ トモエ , MORIYA Tomoe )
所属
Organization
人文学部キリスト教学科
南山宗教文化研究所
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

宗教学、宗教思想史、近代仏教史

学会活動
Academic societies

2004年9月-2010年3月 日本移民学会編集委員
2005年4月-現在に至る マイグレーション研究会実行委員
2006年4月-2010年3月 日本移民学会大会企画委員
2006年4月-2012年3月 日本移民学会運営委員
2006年10月-現在に至る 仏教史学会委員
2006年10月-2017年2月 仏教史学会特別基金『仏教史ハンドブック』編集委員
2012年5月-現在に至る 日本近代仏教史研究会運営委員
2014年5月-現在に至る 日本近代仏教史研究会編集委員
2014年9月-2018年9月 日本宗教学会編集委員
2019年9月-現在に至る 日本宗教学会評議員

社会活動
Community services

2008年4月-2012年3月 (財)全日本仏教会社会人権審議会委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (33)
著書数 books (13)
学術論文数 articles (20)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
明治学院大学国際学部国際学科 1992年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
明治学院大学大学院国際学研究科国際学専攻 博士後期課程  1999年03月  修了 
明治学院大学大学院国際学研究科国際学専攻 博士前期課程  1994年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(国際学)    明治学院大学大学院  1999年03月 
修士 修士(国際学)    明治学院大学大学院  1994年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2020  越境する宗教史  共著   
リトン  , 未設定  , 480  , 2020/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  教養と生命―大正期(近代日本宗教史 第3巻)  共著   
春秋社  , 未設定  , 274  , 2020/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2021  アメリカ禅の成立  単著   
国際禅研究  , 東洋大学東洋学研究所国際禅研究プロジェクト  , 8  , pp. 229-240  , 2022/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  D.T. Suzuki at the World Congress of Faiths in 1936: An Analysis of His Presentation at the Interfaith Conference  単著   
Journal of Religion in Japan  , Brill  , 10/2-3  , pp. 135-160  , 2021/07/14   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  鈴木大拙の『新宗教論』と社会批評  単著   
文明と哲学  , 日独文化研究所  , 13  , pp. 21-33  , 2021/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  ビアトリスと大拙の選択  単著   
現代思想  , 青土社  , 48/15  , pp. 155-164  , 2020/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  鈴木大拙と二人のクレイン―アメリカ人慈善家と鈴木のグローバルな計画  翻訳  単訳 
鈴木大拙 禅を超えて  , 思文閣出版  , pp. 225-259  , 2020/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2021  Soga Ryōjin, Dharmākara Bodhisattva, and the Psychology of Religious Experience  単独  2022/03/26 
Association for Asian Studies Annual Conference   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Panel: "The Concept of Experience in Twentieth-Century Japanese Buddhism" 

2021  東西を往還する大拙とビアトリスの活動―アーカイヴ資料から見えるネットワーク  単独  2021/12/04 
多摩美術大学アートアーカイヴ シンポジウム「アーカイヴの思想」  , 多摩美術大学アートアーカイヴセンター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  アメリカ仏教史における「二人のスズキ」―鈴木俊隆と鈴木大拙  単独  2021/08/21 
第27回「仏教と近代」研究会シンポジウム「鈴木俊隆の人と禅」  , 「仏教と近代」研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  日系移民と仏教のグローバル化  単独  2021/08/01 
オンライン・ワークショップ「マイグレーション研究とデジタル・アーカイヴ」  , 大阪大学グローバル日本学教育研究拠点   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2020  科学研究費補助金  ハワイ日系仏教寺院所蔵の新出資料・文化財による領域横断的な仏教史研究 
非代表  JSPS  17,030,000円 

研究内容(Research Content)  本研究はハワイに現存する日系仏教寺院を中心に、年度ごとに地域や宗派を変え、研究代表者・研究分担者の専門性に応じた役割を定め調査・研究に取り組む。特に先行研究などで取り上げられた 資料の内容を精査してリスト化し、本研究で体系化した新出・未整理資料や文化財が有する情報と対比することによって、日系人移民社会の中における仏教と僧侶の新たな関係性や、日本の宗派組織の中におけるハワイ布教の位置づけ、ハワイの信徒と日本の寺院との繋がりなど、宗派・寺院・僧侶・信徒の結びつきについて解明することを目的とする。 

備考(Remarks) 共同 

2020  科学研究費補助金  禅からZenへ―世界宗教会議を通じた禅のグローバル化の宗教史・文化史的研究 
代表  JSPS  17,550,000円 

研究内容(Research Content)  本研究は、日本仏教とくに禅がグローバル化する過程を、東西の宗教・思想の相互交流・潮流の中で捉え直すプロジェクトである。具体的には19世紀末から20世紀半ばに宗教・思想
の東西間対話を実践してきた世界会議を軸に、資料調査に基づく実証的分析を行う。その際、日本からの一方向的な輸出としてだけでなく、欧米の宗教的・霊的文化に基づく受容と齟齬のあり方や、同時代の他の東洋宗教が受容された過程も念頭に入れた幅広い射程から、19世紀末から20世紀へと日本の「禅」が“Zen”として欧米で普及していく歴史を明らかにする。鈴木大拙は本研究のキーパーソンであるが、彼にとどまらずスーフィズムや神智学など広く他の宗教・霊的運動などの同時代の動きとの関連で捉えることで、諸宗教との対話を通じて「禅」が“Zen”となったグローバル・ヒストリーを描くことを目指すものである。 

備考(Remarks) 共同 

2018  公益財団法人三菱財団 人文科学研究助成  鈴木大拙関係松ヶ岡文庫所蔵資料からみた近代禅仏教のネットワークに関する研究 
代表  公益財団法人三菱財団  2,000,000円 

研究内容(Research Content)  本研究の目的は、仏教思想家・鈴木大拙の未公開史料を整理・翻刻し、国内外の思想家や仏教学者、宗教家とのネットワークを明らかにすることで、大拙の思想と日本仏教のグローバル化過程を実証的に解明しようとする点にある。日本国内にとどまらず、アメリカで史料調査を行うことによって、従来の研究で十分に明らかにされていなかった欧米の思想家や宗教家との交流関係を、収集した新発見史料によって具体的に跡づけた。
 研究の終盤、新型コロナウィルスのため史料調査に制限が生じたが、オンラインでワークショップを開催して国内外の研究者と情報を共有し、また多くの教示を得ることができた。また、本研究で収集した新発見史料のリスト作成と翻刻を行い、成果の一部を論文としても公開するなど、コロナ禍による支障にも関わらず、研究を進展させることができた。とくに、アメリカで史料調査を行えたこと、また収集した新史料の整理と翻刻を大幅に進め、ワークショップも開催し論文でも成果を公開できた。 

備考(Remarks) 共同 

2017  科学研究費補助金  日米の新資料による日本仏教グローバル化過程の研究―鈴木大拙を事例として 
代表  JSPS  4,420,000円 

研究内容(Research Content)  欧米で「仏教モダニズム」と称される、アジアの伝統と異なる仏教が流布する過程で、鈴木大拙の仏教思想が影響を与えたことは知られている。彼の思想は日本仏教グローバル化のモデルとされながらも、その欧米経験や人的交流の歴史的検証は遅れている。そこで本研究では、鈴木の思想と欧米の仏教受容との相互関連性を解明するため、国内外のアーカイブスで新資料を調査・発掘し、翻刻と目録作成を行って歴史的検証の基礎を築いた。さらに鈴木と関連する同時代の宗教者や思想家との比較から、鈴木の仏教思想のグローバルな展開の意義を実証的に明らかにした。研究成果は論文、図書、学会発表のほか、シンポジウム等を開催して広く公開した。
 最終年度の2019年度末に新型コロナウィルスによる調査の縮小を余儀なくされたものの、幸いそれまでに収集した資料が多くあったため、期間を延長して2020年度にそれらの目録作成や翻刻を進めた。 

備考(Remarks) 共同 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2021 
2020 
詳細表示

2022/05/31 更新