研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
荒井 智行 ( アライ トモユキ , ARAI Tomoyuki )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

経済学史、社会思想史

学会活動
Academic societies

経済学史学会、社会思想史学会、日本イギリス哲学会、社会政策学会

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (18)
著書数 books (5)
学術論文数 articles (13)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京外国語大学大学院総合国際学研究科国際社会専攻 博士後期課程中退    その他 
中央大学大学院経済学研究科経済学専攻 博士後期課程  2012年03月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 経済学  「デュガルド・スチュアートの経済思想――アダム・スミス以後の経済学の一展開」  中央大学大学院  2012年03月 
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  益永淳編『経済学の分岐と総合』   共著   
中央大学出版部   , 未設定  , 93-123  , 2017/01   

概要(Abstract) 第3章「デュガルド・スチュアートにおける経済学の目的と多様性――ジェイムズ・ステュアートの多様性論との関連で」 

備考(Remarks)  

2016  柳田芳伸, 山崎好裕編『マルサス書簡のなかの知的交流――未邦訳史料と思索の軌跡』  未設定   
昭和堂  , 未設定  , 113-139  , 2016/11   

概要(Abstract) 第5章「地金論争期におけるジェフリー,ホーナーとマルサス――ホーナーの金融思想に与えたマルサスの影響を中心に」 

備考(Remarks)  

2015  マルサス学会編『マルサス人口論事典』   単著   
昭和堂  , 未設定  , 154, 242, 265-266  , 2016/02   

概要(Abstract) 「D.ステュアートの反応」(154),「ヘンリー・ブルーム」(242),「フランシス・ジェフリー」(265-266) 

備考(Remarks)  

2015  荒井智行『スコットランド経済学の再生――デュガルド・スチュアートの経済思想』  単著   
昭和堂  , 未設定  , 280p.  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  音無通宏編『功利主義と政策思想の展開』   未設定   
中央大学出版部   , 未設定  , 235‐266  , 2011/03   

概要(Abstract) 第7章「デュガルド・スチュアートの穀物貿易論と啓蒙社会の構想」 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  「デュガルド・スチュアートとコンドルセの「完全可能性」の哲学――久保真氏の書評へのリプライと筆禍事件のスチュアートの真意を中心に」  単著   
『マルサス学会年報』   , マルサス学会  , 28  , 87 - 126  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「D.スチュアートの過剰人口論――アダム・スミスの中国論との比較を通じて――」  単著   
『経済学史研究』  , 経済学史学会  , 57/1  , 73-95  , 2015/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「学費高騰問題のスコットランドへの波及と職業大学の挑戦――エディンバラ・ネイピア大学とロンドン・メトロポリタン大学の調査をもとに」   単著   
『経済学論纂』   , 中央大学  , 55/5-6  , 411 - 431   , 2015/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「デュガルド・スチュアートの経済学研究とその意義――アダム・スミス以後のスコットランド経済学研究――」   単著   
『経済学論纂』  , 中央大学  , 55/02  , 75 - 99  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「キャメロン政権の大学政策と格差問題――学費高騰問題の変容を中心に――」   単著   
『経済学論纂』  , 中央大学  , 54/5-6  , 37 - 62   , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「D.スチュアートにおける経済学の目的,方法,範囲」   単著   
『経済学論纂』  , 中央大学  , 54/3-4  , 1-14  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「デュガルド・スチュアートにおける経済学と教育」   単著   
『経済学史研究』  , 経済学史学会  , 55/2  , 73-91  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「デュガルド・スチュアートの価値尺度論」   単著   
『マルサス学会年報』  , マルサス学会  , 21  , 71 - 97  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  From Adam Smith to Dugald Stewart:On the Question of Poverty   単著   
『中央大学経済研究所年報』  , 中央大学経済研究所  , 42  , 563 - 577  , 2011/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「デュガルド・スチュアートの救貧思想と貧困対策―スミス以後の貧困問題を中心に―」   単著   
『経済学史研究』  , 経済学史学会  , 53/1  , 82-99  , 2011/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  ‘Professor T. R. Malthus and the Economic Mission of East India’   Discussion Paper  単著 
Shimonoseki City University Discussion Paper  , 5  , 1-23  , 2020/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Christopher J. Berry, The Idea of Commercial Society in the Scottish Enlightenment, Edinburgh University Press, 2013.   書評  単著 
『イギリス哲学研究』(日本イギリス哲学会)  , 第39号  , 110-112  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  和田重司著『資本主義観の経済思想史』中央大学出版部,2010年 .  書評  単著 
『経済学論纂』(中央大学)  , 第53巻第2号  , 129-137  , 2012/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2016  第5回名古屋大学水田賞  『スコットランド経済学の再生―デュガルド・スチュアートの経済思想』、昭和堂、2016年2月.  2017年03月 
名古屋大学 

備考(Remarks)  

2012  第9回研究奨励賞  「デュガルド・スチュアートの救貧思想と貧困対策――スミス以後の貧困問題を中心に」『経済学史研究』第53巻第1号,2011年7月.  2012年05月 
経済学史学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  「イースト・ロンドンにおける社会的排除・社会統合とコミュニティの変容」   単独  2019/12 
「摩擦の回避から社会統合へ―「コミュニティ関係」モデルの変容に関する研究」研究会(於東京外国語大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  「東インド・カレッジにおける経済学カリキュラムの生成過程とインド統治――マルサス経済学講義の意図をめぐって」   単独  2019/10 
「大学史のなかのイギリス経済学」研究会(於下関市立大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  'T. R. Malthus’s Lectures on Political Economy at Haileybury College Reexamined'   単独  2019/05 
the Conference of the European Society for the History of Economic Thought (at Science Po Lille, France)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「東インド・カレッジにおけるマルサスの経済学講義――今日の経済学講義の「原点」を考える」   単独  2018/12 
共創サロン(於下関市立大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「ヘイリベリ・カレッジにおける経済学講義の制度化と『インヴェラリティ・ノート』の再考―India Office Recordの資料分析を手がかりに」   単独  2018/11 
経済学史学会西南部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「戦前の日本におけるマルクス主義の受容の諸論点と『経済学・哲学草稿』」   単独  2018/11 
思想史研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「D. スチュアート『政治経済学講義』の解釈とフランス・エコノミスト哲学からの影響」   単独  2018/06 
マルサス学会大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  「東インド・カレッジにおけるマルサスの経済学講義 1806-1834」   単独  2017/06 
経済学史学会大会(於徳島文理大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  'Lectures on Political Economy at the East India College in the Nineteenth Century: T. R. Malthus, R. Jones, and J. Stephen'   共同  2016/06 
the Conference of the History of Economics Society (at Duke university, USA)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「地金論争期におけるホーナー、ジェフリとマルサス」   単独  2015/05 
経済学史学会大会(於滋賀大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2021  科学研究費補助金  東インド・カレッジの知的ネットワークとマルサスとインドとの関係性をめぐる研究 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2019  科学研究費補助金  「大学史のなかのイギリス経済学――東インド・カレッジからオックスフォード大学へ」  
非代表  東京福祉大学,下関市立大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  「大学史のなかのイギリス経済学――東インド・カレッジからオックスフォード大学へ」  
非代表  東京福祉大学,下関市立大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  「大学史のなかのイギリス経済学――東インド・カレッジからオックスフォード大学へ」  
非代表  東京福祉大学,下関市立大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  イギリス経済学における初期制度化の系譜  
非代表  中央大学,東京立正短期大学,東京福祉大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  「スコットランド経済学の再生――デュガルド・スチュアートの経済思想」 
  中央大学,東京立正短期大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  マルサス書簡から見たマルサスとヤング、ジェフリー、チャーマーズ、ヒューウェル  
非代表  中央大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  マルサス書簡から見たマルサスとヤング、ジェフリー、チャーマーズ、ヒューウェル  
非代表  中央大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  アダム・スミス以後の経済学と倫理――エディンバラを中心に――  
  中央大学,東京立正短期大学,東京福祉大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  イギリス経済学における初期制度化の系譜  
非代表  中央大学,東京立正短期大学,東京福祉大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2020  出張講義(熊本県立八代清流高等学校)  20201105 

活動内容等(Content of Activities) 経済学とは何だろうか 

2020  出張講義(長崎南高等学校)  20201029 

活動内容等(Content of Activities) 大学での学びと学問,課題研究について 

2020  出張講義(福岡県立朝倉高等学校)  20200702 

活動内容等(Content of Activities) 経済学とは何だろうか 

2019  出張講義(長崎南高等学校)  20191029 

活動内容等(Content of Activities) イギリス経済とその歴史について 

2019  出張講義(鹿児島県立加世田高等学校)  20190726 

活動内容等(Content of Activities) イギリス福祉社会のつくりかた 

2018  合同ゼミナール(下関中等高等学校)  20181112 

活動内容等(Content of Activities) 下関中等高等学校の生徒による研究発表会 

2018  出張講義(長崎南高等学校)  20181012 

活動内容等(Content of Activities) 世界経済と国際貿易について 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
詳細表示

2021/08/22 更新