研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

23 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  「イースト・ロンドンにおける社会的排除・社会統合とコミュニティの変容」   単独  2019/12 
「摩擦の回避から社会統合へ―「コミュニティ関係」モデルの変容に関する研究」研究会(於東京外国語大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  「東インド・カレッジにおける経済学カリキュラムの生成過程とインド統治――マルサス経済学講義の意図をめぐって」   単独  2019/10 
「大学史のなかのイギリス経済学」研究会(於下関市立大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  'T. R. Malthus’s Lectures on Political Economy at Haileybury College Reexamined'   単独  2019/05 
the Conference of the European Society for the History of Economic Thought (at Science Po Lille, France)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「東インド・カレッジにおけるマルサスの経済学講義――今日の経済学講義の「原点」を考える」   単独  2018/12 
共創サロン(於下関市立大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「ヘイリベリ・カレッジにおける経済学講義の制度化と『インヴェラリティ・ノート』の再考―India Office Recordの資料分析を手がかりに」   単独  2018/11 
経済学史学会西南部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「戦前の日本におけるマルクス主義の受容の諸論点と『経済学・哲学草稿』」   単独  2018/11 
思想史研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  「D. スチュアート『政治経済学講義』の解釈とフランス・エコノミスト哲学からの影響」   単独  2018/06 
マルサス学会大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  「東インド・カレッジにおけるマルサスの経済学講義 1806-1834」   単独  2017/06 
経済学史学会大会(於徳島文理大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  'Lectures on Political Economy at the East India College in the Nineteenth Century: T. R. Malthus, R. Jones, and J. Stephen'   共同  2016/06 
the Conference of the History of Economics Society (at Duke university, USA)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「地金論争期におけるホーナー、ジェフリとマルサス」   単独  2015/05 
経済学史学会大会(於滋賀大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]