研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

4 件中 1 - 4 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2001  インターンシップの現状と目指すもの  寄稿  その他 
あいち産業情報  , (財)愛知県中小企業振興公社・愛知県産業情報センター  , No. 198  , 4-7  , 2002/01   

概要(Abstract) インターンシップの意義や目的,および具体的研修プログラムの実例紹介,企業や学生の受けるメリットの分析から,企業の受け入れ促進や今後のインターンシップのあり方についての寄稿 

備考(Remarks)  

1995  高度通信技術を利用した経済理論教育ためのCAIシステムの研究 −厚生経済学(社会的選択理論)教育におけ  調査報告  共著 
電気通信普及財団研究調査報告書  , 電気通信普及財団  , 9  , 356-369  , 1995/06   

概要(Abstract) 現代の社会的選択理論において基礎的な定理として考えられているアローの一般可能性定理を理解させるためのCAIシステムを構築した。社会厚生関数の意味や定義されるための諸条件を理解させるサブシステム1と定理の証明過程自体を学習させるサブシステム2から構成されており,練習問題においては学習者の誤答原因を特定化するシステムを含んでいる。(B5判,pp.356〜369) 

備考(Remarks) 木村吉男・鬼木甫・近藤仁 「共同研究につき本人部分抽出不可能」 

1993  高度通新技術を利用した高等教育における推論支援CAIシステムの研究  調査報告  共著 
電気通信普及財団研究調査報告書  , 電気通信普及財団  , 8  , 1994/01   

概要(Abstract) 初等経済分析において基礎的な知識としてまた応用範囲の広いテーマである命題演算,等高線の性質論証,及び2項定理を学習するための推論支援CAIシステムに関する論文である。システムはBasicとPrologで作成されており,簡単な入力操作を通して,題材の内容が自然と理解されるように工夫されている。 

備考(Remarks) 木村吉男・鬼木甫・近藤仁 「共同研究につき本人部分抽出不可能」 

1989  経済学辞典  辞書・事典  共著 
中央経済社  , 464p.  , 1989/10   

概要(Abstract) 経済学の初学者や社会人が簡単に使用できるハンディーな手引き書やメモ的辞書として利用できる近代経済学の基礎的事項を体系的にまとめた辞書であり,「体系目次」「事項索引」「欧語索引」「人名索引」をつけて利便性も高くなっている。(B6判,464p.)
執筆担当部分:「生産者行動」の全項目(22項目),および「経済学説」と「産業連関分析」の一部項目(10項目)を分担執筆
 

備考(Remarks) 水野正一,木村吉男,辻正次,近藤仁 他35名 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]