研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

11 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  イチからわかる 学びなおし経済学  単著  ISBN978-4-534-05402-9 
日本実業出版社  , B5  , 245p  , 2016/7/1   

概要(Abstract) 本書は、社会人になって経済学の必要性に気づき、もう一度、学び直そうとしている人に向けられている。全8章で構成されており、第1章はわれわれの住んでいる社会、第2章はミクロの世界をのぞく、第3章はマクロ経済学のおもしろさ、第4章は景気はどう動くか、第5章は国際貿易を考える、第6章は日本の財政と金融、第7章は世界の人口問題、第8章は日本の非正規雇用、である。各章末にはコラムを配し、巻末には学びなおしのための経済学キーワード集を掲載している。 

備考(Remarks)  

2013  天才経済学者たちの闘いの歴史  単著  ISBN978-4-495-4415-7 
同文舘出版  , A4  , 142p  , 2014/03   

概要(Abstract) 経済学の歴史を、天才経済学者の闘いの歴史として論じた書物。経済学の歴史には、経済理論そのものの内面的論理の発展を取り扱った書物、それぞれの経済学の持つ特殊な思想的性格と歴史的限界を浮き彫りにする書物があるが、本書はその中間を取り、経済学の歴史を天才経済学者が行った変革の歴史として考察している。21人の天才経済学者の生涯と理論を論じる際に、29の資料と12のコラムを掲載しているのが特徴となっている。 

備考(Remarks)  

2012  やさしい経済学史  単著  ISB978-4-8188-2216-0 
日本経済評論社  , A5  , 63p.  , 2012/08   

概要(Abstract) 南山大学経済学部の50周年記念、<21世紀南山の経済学>の第3冊目として出版された。高校生や一般の人にも読んでもらうことを念頭に、「経済学史」をやさしく書いた。アダム・スミス、マルクス、ケインズを中心に、古代ギリシア・中世ヨーロッパから重商主義、古典派、新古典派までの経済学の道のりと経済学者たちの「戦い」の足跡をたどる。 

備考(Remarks)  

2011  入門書を読む前の経済学入門 第3版  単著  ISBN978-4-495-4363-0 
同文館  , A5  , 244p  , 2011/08   

概要(Abstract) 既出版書の第三版である。データなどを新しいものに更新した上で、第9章として「第二次世界大戦後の日本経済」を付け加えた。 

備考(Remarks)  

2008  ケインズとケンブリッジ芸術劇場-リディアとブルームズベリー・グループ-     単著   
同文舘出版  , A5  , 204p  , 2008/08   

概要(Abstract) 経済学者であるケインズが文化・芸術の分野で行った数々の業績をまとめたもの。若き日のブルームズベリー・グループでの活動から、バレリーナであるリディアとの結婚、ケンブリッジ芸術劇場の建設、イギリス芸術評議会の設立など、ケインズの素晴らしい活動の数々を詳細にまとめている。ケインズの新しい伝記としても読むことができる。 

備考(Remarks)  

2006  入門書を読む前の経済学入門 第2版  単著   
同文舘出版  , A5  , 214p  , 2007/02   

概要(Abstract) 5年前に出版した前著「入門書を読む前の経済学入門」の第2版である。データを新しいものと入れ替え、語句を訂正すると同時に、第8章として、「自由市場経済-その光と影-」を追加した。 

備考(Remarks)  

2002  大人になるための経済学入門  共編著   
NHK出版  , A4  , 296p  , 2002/04   

概要(Abstract) 一般の人にも読めるように、経済学をやさしく説いた入門書。経済学部の設立40周年を記念して編纂したものである。まったくの初心者に読んでもらうことを念頭に、優しい表現(図表と言葉)で用いて執筆している。本書を読了後、さらなる知的好奇心を満たして頂くために、25名の執筆者による推薦図書が掲げてある。 

備考(Remarks) 荒井好和,花井敏,林尚志,井上知子,薫祥哲,唐澤幸雄,加藤尚史,川崎勝,岸智子,小林佳代子,近藤仁,宮澤和俊,水谷重秋,中矢俊博,西村貞雄,野村信廣,大谷津晴夫,ダビッド・ポッター,阪本俊生,櫻井健吾,上田薫,山田正次,吉 

2001  入門書を読む前の経済学入門  単著   
同文舘出版  , 未設定  , xii+190 pp.  , 2001/09   

概要(Abstract) 経済学の入門書は概して難解なものが多い。経済学には,特有の専門用語と独特の思考方法だけでなく,データや数学が多用されることがしばしばだからである。本書は,そのように難解な経済学を,まったくの初心者に読んでもらうことを念頭に,優しい表現(図表と言葉)を用いて執筆したもの。 

備考(Remarks)  

2000  マルサス派の経済学者たち  未設定   
日本経済評論社  , 未設定  , xi+242 pp.  , 2000/06   

概要(Abstract) アダム・スミスの弟子を自認していたマルサスに関する研究論文を集めたもの。リカード正統という学会の風潮に少し違った風を送り込むために企画された。マルサスに好意的であった9名(バーク、D.ステュアート、カゼノウブ、J.B.サムナー、ホェイトリー、シーニア、J.S.ミル、ヴィクセル、J.M.ケインズ)について論じられている。 

備考(Remarks) 中矢俊博,柳田芳伸共編 

1999  経済教育の大切さ  単著   
近代文芸社  , B5  , 183 pp.  , 1999/09   

概要(Abstract) 本の表題となった「経済教育の大切さ」を中心に、20本ほどの雑文をまとめたエッセイ集。コメ、科学技術、結婚、おしゃれ、しあわせなどのテーマを含んでおり、一般の人でも手に取ることのできる読み物となっている。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]