研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

19 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  協同学習を支えるアセスメントと評価  翻訳  単訳 
ナカニシヤ出版  , 283p.  , 2016/11   

概要(Abstract) 協同的な学びとその成果をどのように評価すべきか、またそれはどんな考え方にもとづいているのかについて、具体的かつ包括的に著された、D.Johnson & R.Johnson によるMeaningful And Manageable Assessment Through Cooperatine Learning. Interaction Book Company の全訳である。 

備考(Remarks)  

2015  円卓/協同学習のディベート技法  寄稿  単著 
教育新聞  , 教育新聞社  , 第3370号  , 1頁  , 2015/6/25・2015/12/17   

概要(Abstract) 近年盛んになっている教室ディベート(教育ディベート)に対し、単に相手や聴衆を説得する技術の優劣を競うだけでは終わらず、賛成・反対双方の立場を尊重しつつ、全員が納得できるような妥協案を生みだす協同学習のディベート技法を紹介した。 

備考(Remarks)  

2015  円卓/寅さんの人間関係論  寄稿  未設定 
教育新聞  , 教育新聞社  , 第3398号  , 1頁  , 2015/10/29   

概要(Abstract) 「男はつらいよ」シリーズ(山田洋次監督)の“実現しなかったシナリオ”を題材にして、高等教育機関で人間関係能力や対人関係のスキルを教育することの意味について論じたものである。 

備考(Remarks)  

2013  円卓/生きてはたらく力  寄稿  単著 
教育新聞  , 教育新聞社  , 第3191号  , 2013/4/25   

概要(Abstract) 「釜石の奇跡」と呼ばれた釜石市の防災教育を枕に、子どもの主体的な学びの課程を仕組むことの重要性について述べた。 

備考(Remarks)  

2001  「協同」による総合学習の設計−グループ・プロジェクト入門−  翻訳  共訳 
北大路書房  , 216頁  , 2001/02   

概要(Abstract) 本書は、Yael Sharan & Shlomo Sharan 著 Expanding Cooperative Learning Through Group Investigation, Teachers College Press, New York, NY,1992 を訳出したものである。グループ・プロジェクトは、探究活動の過程に相互作用とコミュニケーションを組み込んだ協同的な学習方法で、児童生徒間に協調的な関係を築く総合的な学習の進め方について解説したものである。 

備考(Remarks) 第5章「グループ・プロジェクトの実践例(pp.111-160)」、コラム2「グループ編成の考え方(pp.51-52)」、コラム5「総合学習とグループ・プロジェクト法(pp.161-162)」を担当 

2001  現代カリキュラム事典  辞書・事典  共著 
ぎょうせい  , 552頁  , 2001/02   

概要(Abstract) 教育活動の基本的あり方を決定づけるカリキュラム(教育課程)について基本的概念・用語を整理し、カリキュラム編成の基本問題や新しいカリキュラム開発の実践的課題などを、内外の教育課程の歴史と実態および最近のカリキュラム研究の成果に基づいて解説している(編集:日本カリキュラム学会)。
 

備考(Remarks) 「オセアニアの学校とカリキュラム(pp.464〜465)」を担当 

2015  円卓/協同学習のディベート技法  寄稿  単著 
教育新聞  , 教育新聞社  , 第3370号  , 2015/6/25   

概要(Abstract) 協同学習のディベート技法である建設的討論法について、教室ディベートと比較しながら紹介を行った。 

備考(Remarks)  

2001  オピニオン/学校選択の時代に  寄稿  その他 
教育新聞  , 教育新聞社  , 2208号  , 2001/04   

概要(Abstract) 情報化とグローバル化の時代にあって,学校はますます多様化し,今後はより一層教師個々人の力量が問われるようになるとの問題提起を行っている。 

備考(Remarks) 2001年4月26日(1面) 

2001  書評「協同」による総合学習の設計−グループプロジェクト入門−(北大路書房刊)  書評  その他 
東海教師教育研究  , 東海地区私立大学教職課程研究連絡懇談会  , 17号  , 1  , 2001/10   

概要(Abstract) Yael Sharan & Shlomo Sharan の翻訳書を紹介したものである。本書で解説されているグループ・プロジェクトは,探究活動の過程に相互作用とコミュニケーションを組み込んだ協同的な学習方法で,児童生徒間に協調的な関係を築く総合的な学習の有効な手段の一つだといえる。 

備考(Remarks)  

2003  コミュニケーションは一人では学べない  寄稿  単著 
なごや発掘*発信マガジン「Nagoya 発」  , 名古屋市  , 64  , 7-8  , 2003/06   

概要(Abstract) 子どものコミュニケーション能力の向上のためには、直接的な対人関係活動をいかに仕組むかということが重要であることを主張した。
 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]