研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

118 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  書評・松本徹著『三島由紀夫の生と死』  書評  単著 
三島由紀夫研究  , 鼎書房  , 16  , 128-129  , 2016/04/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  〈戦いの後〉を生きる  寄稿  単著 
現代文学史研究  , 現代文学史研究研究所  , 23  , 58-59  , 2015/12/01   

概要(Abstract) 小特集・戦後七十年への寄稿。大岡昇平『武蔵野夫人』に提示された復員兵二名の対比の意味づけに加えて、『武蔵野夫人』の勉の「復員者の思想」を持った復員悲劇と、川端康成『山の音』の復員兵修一の日常とを並べることで、あらためて「戦後」を考える手がかりとしたもの。 

備考(Remarks)  

2014  書評・斎藤理生著『太宰治の小説の〈笑い〉』  書評  単著 
昭和文学研究  , 昭和文学会  , 68  , pp.128-130  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  志賀直哉「城の崎にて」教授資料  資料  共著 
国語総合教授資料現代文編2  , 研数出版  , pp.8,10,11,22-33  , 2013/04   

概要(Abstract) 志賀直哉「城の崎にて」の「作家解説」「出典」「読解のカギ」「参考資料」「参考文献」担当 

備考(Remarks)  

2012  明治時代史大辞典第3巻  辞書・事典  共著 
吉川弘文館  , 3  , 2300  , 2013/01   

概要(Abstract) 日本人が自ら創りあげた明治時代を知るために、慶応3年の大政奉還より明治の終焉までを中心に、事項・人物約9500項目を詳細・正確に解説した総合歴史大辞典。担当:正富汪洋、三木天遊、三木露風、三富朽葉、百田宗治、森川葵村、山崎紫紅、山村暮鳥、湯谷紫苑、横瀬夜雨
 

備考(Remarks)  

2012  明治時代史大辞典第2巻  辞書・事典  共著 
吉川公文館  , 2  , 2012/07   

概要(Abstract) 日本人が自ら創りあげた明治時代を知るために、慶応3年の大政奉還より明治の終焉までを中心に、事項・人物約9500項目を詳細・正確に解説した総合歴史大辞典。担当:佐藤澱橋。
 

備考(Remarks)  

2011  ノーベル賞作家川端康成の「伊豆の踊子」をめぐって  講演  単著 
西南民族大学  , 2011/11   

概要(Abstract) 作家川端康成と「伊豆の踊子」の関係についての考察を述べた講演。 

備考(Remarks)  

2011  川端康成について  講演  単著 
貴州大学  , 2011/11   

概要(Abstract) 川端康成の文学について分かりやすく述べた講演。 

備考(Remarks)  

2011  文学研究の方法と意味について  講演  単著 
四川外国語学院(現・四川外国語大学)東亜文化研究所  , 2011/11   

概要(Abstract) 東亜文化研究所の名誉所長就任にあたって、文学研究の方法と意味について述べた講演。 

備考(Remarks)  

2011  日本語文章・文体・表現事典  辞書・事典  共著 
朝倉書店  , 848(513-514)  , 2011/06   

概要(Abstract) 事典の概要:文章・文体・表現にその技術的な成果としてのレトリック,さらには文学的に結晶した言語芸術も対象に加え,日本語の幅広い関連分野の知見を総合的に解説。気鋭の執筆者230名余の参画により実現した,研究分野の幅および収録規模において類を見ないわが国初の事典。
執筆部分の概要:小林秀雄の代表作2点『無常といふ事』の中の「当麻」と「ランボオIII」の各々一部分を引き、その文体的特徴と表現の特質、批評としての問いかけの力と懐旧的な美をも包含した作品としての魅力を解説した。 

備考(Remarks) 共著者:中村明・佐久間まゆみ・高崎みどり・十重田裕一・半沢幹一・宗像和重他。848p.(pp.513-514) 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [NEXT>>]