研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

6 件中 1 - 6 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Androidエミュレータのネットワーキング  研究会報告  共著 
平成22年度電気関係学会東海支部連合大会, 愛知, 講演論文集  , 電気関係学会  , D3-1(DVD-ROM)  , 2  , 2010/08   

概要(Abstract) Android携帯電話エミュレータのネットワークアクセス方法の工夫を実験した結果報告。 

備考(Remarks) 馬場 隆章 

2010  ネットワークエミュレータへのAndroidの組み込み  研究会報告  共著 
第9回情報科学技術フォーラム講演論文集  , 第4分冊  , 189-190   

概要(Abstract) 開発中のネットワークエミュレータにAndroid端末エミュレータ
を組み込む手法を報告した。 

備考(Remarks) 馬場隆章 

2010  省電力端末を用いた無線センサネットワークにおける高信頼通信 の提案  研究会報告  共著 
第9回科学技術フォーラム講演論文集  , L-005(DVD-ROM)  , 2   

概要(Abstract) 省電力無線センサネットワークにおけるfloodingを利用したルーティングの性能をエミュレーションによる評価の中間報告 

備考(Remarks) 泉井雄仁 

2009  仮想ネットワークスタックを用いたIP ネットワークエミュレータの設計と実装  テクニカルレポート  共著 
情報理工系列テクニカルレポート  , 南山学会  , NANZAN-TR-2009-03  , 13pages  , Nov. 2009   

概要(Abstract) このエミュレータは, Linuxでユーザ空間プロセスとして動作する
GNU common C++のThreadといくつかのライブラリクラスを利用した
C++プログラムである.

旧版では,1台のPCで,10以上のホストと遅延,帯域,損失のある
回線から構成されるIPv4とIPv6のネットワークを模倣できるが,
動作環境として改造Linuxカーネルが必要で,本物のルータやホストの機能,
例えば,動的ルーティング,アプリケーションサーバ,クライアント
の機能がなかった.
現在版では,最近のLinuxカーネルの仮想ネットワークスタック機能を
利用した仮想ホストにおいて,ルーティングプログラムやサーバプログラム
を起動できるので,旧版より現実に近いネットワーク構成が模倣できる
ようになった.

本研究では,これまでのエミュレータの機能を整理統合し,
操作性向上のために,模倣するネットワークのトポロジ保存/読み出し機能,
GUIによるトポロジ編集と実行制御機能を追加した. 

備考(Remarks) 浅野洋介, 後藤邦夫, 杉山裕介 

2009  ネットワークセキュリティのためのトラフィック制限システム  テクニカルレポート  共著 
情報理工系列  , 南山学会  , NANZAN-TR-2009-04  , 13pages  , Nov. 2009   

概要(Abstract) インターネットからLANに配置されたサーバ等への通信には,
正常な要求,悪意に基づく攻撃,の他に,判定が難しいものが
ある.
判定が難しい通信に対し,通過と遮断の中間的な通信制限が必要となる.
そこで,本研究では,ネットワークトラフィックを
制限するシステム(GateKeeperと呼ぶ)を提案した.
制限は,数秒以上の遅延,利用バンド幅,ランダムパケットロス,
遮断とした.
GateKeeperは,Linuxのユーザ空間プロセスで動作するブリッジ
プログラムとして実現し,DoSなどの攻撃に対する有効性を
擬似攻撃実験で評価した.
その結果,あやしい通信を抑制するためにこれらの制限が
有効であることがわかった.
攻撃は,本システムの外部に配置した侵入検知システムまたは
Web,メイルなどのアプリケーションサーバで検知し,検知した
ホストからこのGateKeeperに制限指示があることを前提とする. 

備考(Remarks) 福井麻美, 後藤邦夫 

2009  省電力無線センサネットワークのためのシミュレータの試作  研究会報告  共著 
電子情報通信学会2010年総合大会  , 2010/03   

概要(Abstract) 省電力無線センサに関する研究の経過報告 

備考(Remarks) 馬場 隆章 (発表者) -- 博士前期1年
査読なし 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]