研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

101 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  病院の最適設計ツール作成に向けて -外来患者の待ち時間推定-   共同  2018/03/03 
第45回日本OR学会中部支部研究発表会  , 日本OR学会中部支部   

概要(Abstract) 病院の外来患者の待ち時間を分析する手法について発表した 

備考(Remarks) 市原寛之, 鈴木敦夫 

2017  食品工場におけるシフト自動作成システムの試作  共同  2018/03/03 
第45回日本OR学会中部支部研究発表会  , 日本OR学会中部支部   

概要(Abstract) 松崎佳人, 鈴木敦夫 

備考(Remarks) 食品工場のシフト作成システムの施策について発表した 

2017  The Big Triangle Small Triangle Method for the Weber Problem with Line Barriers  共同  2017/10/22 
INFORMS Annual Meeting 2017 Houston  , INFORMS   

概要(Abstract) We apply the Big Triangle Small Triangle (BTST) method to the Weber problem with line barrier on the plane. We assume that there are demand points on the plane, and a line barrier with several passing points separates the demand points into two groups. It is a simple model of the situation where a river with bridges prohibits the direct access for the users to the facility on the other side of the river. The objective function of the problem is not convex because it is represented as the minimum of the convex functions. While a naive descent method fails to obtain the exact solution, the BTST algorithm obtains the exact solution. 

備考(Remarks) Atsuo Suzuki, Zvi Drezner, Tammy Drezner 

2017  BIG TRIANGLE SMALL TRIANGLE METHOD FOR SPHERE WEBER PROBLEM USING SPHERE DELAUNEY TRIANGULATION  共同  2017/07/11 
INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON LOCATIONAL DECISIONS XIV  , University of Toronto, Rottman School of Management  , Porc. of ISOLDE XIV   

概要(Abstract) BTST method for the Sphere Weber Problem is presented. 

備考(Remarks) Atsuo Suzuki, Zvi Drezner, Tammy Drezner 

2016  BTST --- A General Approach for Solving Location Problems  単独  2016/09/23 
Location Theory in Phylogenetic Tree Spaces --- Optimization and Statistics, Workshop of Research Training Group 2088, Georg-August University of Goettingen  , University of Goettingen   

概要(Abstract) Outline of the Big Triangle and Small Triangle Method is presented with several examples. 

備考(Remarks) Invited Talk 

2015  愛知医科大学病院における研修医スケジューリング問題  共同  2016/03/18 
日本オペレーションズ・リサーチ学会2016年春季研究発表会  , 日本オペレーションズ・リサーチ学会  , 日本オペレーションズ・リサーチ学会2016年春季研究発表会アブストラクト集  , pp. 301-302   

概要(Abstract) 愛知医科大学病院の研修医のローテーションと夜勤・休日出勤のスケジューリングについて,それぞれ,数理計画の問題として定式化し,システムとして実現した報告を行った. 

備考(Remarks) 著者:伊藤真理,大西愛乃,鈴木敦夫,今村明,伊藤卓也 

2015  特別講演「凸でない目的関数を持つ最適配置問題の解法-Big Triangle Small Triangle 法」  単独  2016/03/08 
第3回制御部門マルチシンポジウム  , 計測自動制御学会制御部門   

概要(Abstract) 筆者らが開発したBTST法について、原理、適用例、またその拡張について講演した。 

備考(Remarks)  

2015  麻酔科医の当番・当直勤務スケジューリング支援システム  共同  2016/03/05 
第43回日本OR学会中部支部研究発表会  , 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部  , 日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集  , 9-12   

概要(Abstract) 愛知医科大学と共同開発中の麻酔科医のスケジューリング支援システムについて,問題の説明,整数計画法としての定式化,システムとしての実現方法を発表した. 

備考(Remarks) 大西愛乃,鈴木敦夫,橋本篤
学生発表賞受賞 

2015  企業内セミナーのスケジューリング問題について  共同  2016/03/05 
第43回日本OR学会中部支部研究発表会  , 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部  , 日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集  , 37-40   

概要(Abstract) 企業内の研修において,各種のスケジューリング問題が発生するが,その中から,PERT/CPMを利用して,実践活動の,整数計画法を利用して,講義形式の研修のスケジュール作成のシステムを作成したことを報告した. 

備考(Remarks)  

2015  Implementing night-shift scheduling system for residents in Aichi Medical University Hospital  共同  2015/11/01 
INFORMS Annual Conference in Philadelphia  , INFORMS   

概要(Abstract) 愛知医科大学病院の研修医の平日の夜勤と週末の日勤・夜勤を決めるシフトスケジューリング問題につちえ、その定式化とシステムとしての実現方法についての発表。 

備考(Remarks) 著者:伊藤真理、今村、伊藤、大西愛乃、鈴木敦夫
発表セッション:SC37 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [NEXT>>]