研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

82 件中 31 - 40 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2005  Faces y perspectivas Latinoamericanas  著書紹介  編著 
Perspectivas Latinoamericanas  , Centro de Estudios Latinoamericanos Universidad Nanzan  , 2  , 187-193  , 2006/03   

概要(Abstract) 2004年12月に出版された『ラテンアメリカの諸相と展望』(行路社)をスペイン語で紹介した。 

備考(Remarks)  

2005  ナゴヤ論に違和感  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査報  , 1608  , 3  , 2006/01   

概要(Abstract) 元旦の社説にもあったように足元をしっかり固め、世界の人々の繁栄につながる形でさらに名古屋を含む日本が発展することが望ましい。客観的で具体例に満ちた特集を望む。 

備考(Remarks)  

2005  注目のフジモリ報道  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1604  , 3  , 2005/11   

概要(Abstract) 日本人という共通のルーツに惑わされることなく、真にペルーの国民のためになる政治を誰が行い、それを援助する日本が世界中から尊敬されるかどうかが報道のポイントとなるのではないか。フジモリ氏に対する日本政府の対応が第二の靖国神社にならないことを望む。 

備考(Remarks)  

2005  争点提起心打たず?  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1600  , 3  , 2005/10   

概要(Abstract) 小泉自民の圧勝した衆院選は、政策政党を掲げながらも、実は自民党よりも党内に右から左まで幅が大きくまとまりがないことをマニフェストで民主党が明らかにしてしまったことが大敗の原因のように思う。 

備考(Remarks)  

2005  政策論議をやさしく  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1596  , 3  , 2005/09   

概要(Abstract) 「衆院解散 9・11総選挙」に向けて、見かけにだまされることなく政策論議を分かりやすく報道してほしい。 

備考(Remarks)  

2005  新追悼施設は可能か  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1592  , 3  , 2005/07   

概要(Abstract) 世界第二の経済力を持ち、環境技術にも、途上国援助にも、国内での富の再分配にも実績のある日本は、国連の常任理事国、世界のリーダーとしてふさわしい。しかし、リーダーになるためには、戦前の過ちを繰り返さないとアジアの国々と和解することが必要だ。 

備考(Remarks)  

2005  異文化交流促す万博  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1588  , 3  , 2005/06   

概要(Abstract) 万博を通じて異文化交流が進んでいる。本紙の「私のひとこと」も来場者それぞれの思いが伝わってきて楽しい。一人ひとりが意見を自由に言える日本や欧米の共通項にあらためて気づかされた。東アジアの一員としての日本が強調されるが、民主主義や経済の発展の度合いから欧米に近い日本という捉え方も現実的なのではないかと思った。 

備考(Remarks)  

2005  グローバル化と女性  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1584  , 3  , 2005/04   

概要(Abstract) グローバル化が進むなか、女性間階層格差が拡大し、貧困の女性化がますます進み、DVや人身売買と深く係わっていることは豊かな社会に住む我々が決して忘れてはならないことである。 

備考(Remarks)  

2004  万博初の市民参加  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1580  , 3  , 2005/03   

概要(Abstract) 地味だが志の高いプロジェクトのある市民プロジェクトの行方を見守りたい。 

備考(Remarks)  

2004  あるべき姿示したい  寄稿  単著 
紙面審査報  , 中日新聞紙面審査室  , 1576  , 3  , 2005/01   

概要(Abstract) 社会は大きく変化しているが、未来にも残した方がよい家族の型、大人の型というのはあった方が便利だ。反発する人はしたらよいし、モデルにしたい人はそれを伝承していったらよいのではないか。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [NEXT>>]