研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
SWANSON,Paul ( スワンソン ポール , SWANSON,Paul )
所属
Organization
人文学部キリスト教学科
南山宗教文化研究所
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://nirc.nanzan-u.ac.jp/staff/pswanson/
専攻分野
Area of specialization

仏教学・宗教学

学会活動
Academic societies

1978–present International Association of Buddhist Studies
1986–present 日本印度学仏教学会
1986-2006 Inter-religio
1986–present 南山学会
1988–present Society for Buddhist-Christian Studies (Advisory Board, Member-at-large, 2002- present; Board of Directors, 2016-present)
東西宗教交流学会 (Society for Buddhist-Christian Studies)
1991–present 日本宗教学会
「宗教研究」編集委員会(Editorial Board, 2000–present)
日本宗教学会理事(Board of Directors, 2001–present)
日本宗教学会賞選考委員会(Annual Award Committee, 2002–2003)
日本宗教学会常務理事(Board of Executive Directors, 2004–present)
日本宗教学会庶務委員会(General Affairs Committee, 2005–2008)
1992–present American Academy of Religion
1993–present 日本山岳修験学会
評議員 Board of Trustees (2005–present)
1995–present 「宗教と社会」学会
1995–present International Association for Asian Philosophy and Religion
(Steering Committee)
2000–present 現代における宗教の役割研究会 (Conference On Religion and Modern Society;
CORMOS)
常任理事(Board of Executive Directors, 2003–present)
2001–present 国際宗教研究所 評議員
2002-2005 国際宗教学宗教史会議第19回世界大会実行委員会
2005–present European Association for Japanese Studies (EAJS)
2005-present 国際熊野学会
2011-present 国際熊野学会委員
2005–present Association for Asian Studies
2005–2013 日本仏教総合研究会評議員
2008年−現在に至る 東アジア宗教文化学会
2011年〜2014年  宗教文化教育推進センター連帯委員
2014年~現在に至る Associate in Research, Reischauer Institute of Japanese Studies, Harvard University

社会活動
Community services

2008– Editorial Advisor, Religion Compass (online-only journal)
2004–2007 Advisory Board Member for the Routledge-Curzon Encyclopedia of Buddhism
1996–2006 Edinburgh Review of Theology and Religion, International Advisory Board
1994–present International Advisory Board, The Edinburgh Review of Theology and Religion
1994–present Steering Committee (Japan representative), International Association for Asian Philosophy and Religion (IAAPR)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (76)
著書数 books (37)
学術論文数 articles (39)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
University of Wisconsin-Madison, Buddhist Studies Ph.D. 未設定  1985年12月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 Doctor of Philosophy    University of Wisconsin-Madison South Asian Studies Buddhist Studies Buddhist Studies  1985年12月 
修士 Magistrum in Artibus    Sophia University 上智大学国際学部  1976年07月 
学士 Bachelor of Arts    Bethel College  1973年05月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  「摩訶止観」の英訳・注釈・研究 

概要(Abstract) 天台大師智顗の名作「摩訶止観」を英訳しながら,その内容に注釈を加え,研究する。 

短期研究  「科学・こころ・宗教」の研究 

概要(Abstract) 「科学・こころ・宗教」プロジェクトを通して、「こころ」を中心に「科学」と「宗教」の関連に関して研究する。 

短期研究  高木顕明と大逆事件 

概要(Abstract) 大逆事件で逮捕された真宗の僧、高木顕明の生涯とその時代、社会状況、と真宗大谷派の対応に関しての研究 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  Borisu Gazichigi 보리수 가지치기  共編著   
Seoul: CIR Communication  , 未設定  , 380 pp.  , 2015年3月   

概要(Abstract) "Pruning the Bodhi Tree" (Paul L. Swanson and Jamie Hubbard 共編, University of Hawaii Press, 1997)の韓国語訳。韓国語訳出版のために新しく序文を作成(pp. xvii-xx). 

備考(Remarks)  

2014  Modern Buddhism in Japan  共編著   
Nanzan Institute for Religion and Culture  , B5  , 230  , 2014/03   

概要(Abstract) Modern Buddhism in Japan is a collection of essays on the development of Buddhism in Japan in response to the West during the “modern” period from the time of the Meiji Restoration to the end of World War ii (1868–1945). From Shin Buddhists and the Japanese enlightenment movement to Kaneko Daiei’s struggle to establish a modern Shin Buddhist Studies; the “New Buddhism” movement; the role of Buddhism in the development of modern education and the impact of religiously affiliated universities; Suzuki Daisetsu’s association with Swedenborg; the tragic story of a Shin priest falsely accused of a plot to assassinate the Emperor—these themes and more are studied from the perspectives of intellectual history, education, politics, Buddhist studies, and institutional authority. 

備考(Remarks) 林淳と大谷栄一との共編単行本で、その中の第6章”Takagi Kenmyo and Buddhist Socialism: A Meiji Misfit and Martyr”(pp. 144-162)を著作。  

2013  Pentecostalism and Shamanism in Asia/キリスト教聖霊運動とシャーマニズム  編著   
Nanzan Institute for Religion and Culture  , B5  , 400 p  , 2013/3   

概要(Abstract) アジアにおいて、シャーマニズムとキリスト教聖霊運動の関係はいかなるものであろうか。南山シンポジウムの国際会議では、このテーマがとりあげら、本書はその成果である諸論文を編集したものである。シャーマニズムと聖霊運動をどのように比較すべきか。ペンテコステ系キリスト教におけるシャーマニズム的様相をどのように捉えるべきか。キリスト教者はシャーマニズムの様相を否定するなかで、どのようにシャーマニズムとキリスト教聖霊運動の関連性を学術的に分析すべきか。本書では日本、韓国、ブラジル、スリランカと幅広い地域の現状を分析している。
It is common knowledge that Shamanism is an important part of the religious heritage of Asia. What, then, are the influences and connections between Shamanism and the growth of charismatic Christianity in Asia? The essays in this collection are case studies and analyses that grew out of an international conference, Nanzan Symposium 16, which sought answers to these questions. How can we compare Shamanism and Pentecostalism? How do we define shamanistic elements within Pentecostalism and charismatic Christianity? How should we conduct an academic analysis of Shamanism and Pentecostalism given that Christian believers reject the connection? The essays look at these questions as they appear in various areas and the cultural contexts of Japan, Korea, Brazil, and Sri Lanka. 

備考(Remarks)  

2013  Universal and International Nature of the Lotus Sutra  共著   
Rissho University  , B5  , 9 p.  , 2013/3   

概要(Abstract) 本書に“Discoveries upon Translating the Mo-ho chih-kuan,” (pp. 44-52)についての論文を掲載 

備考(Remarks)  

2011  Thien va chi quan  単著   
Ho Chi Minh City, Nha Xuat Ban Phuong Dong  , 未設定  , 170頁  , 2011   

概要(Abstract) タイトルはベトナム語で「禅と止観」で、私がいろいろなところで出版した「天台仏教」に関する論文を集めてベトナム語に翻訳された論文集。 

備考(Remarks)  

2011  Brain Science and Kokoro: Asian Perspectives on Science and Religion  編著   
Nagoya: Nanzan Institute for Religion and Culture  , 未設定  , 223頁  , 2011   

概要(Abstract) 5年間の「科学と宗教」プロジェクトの最後の国際会議として、「脳とこころ」に関する学会の発表を編集して刊行した論文集。 

備考(Remarks)  

2011  Sources of Japanese Philosophy  共著   
Honolulu: University of Hawaii Press  , 未設定  , 2011   

概要(Abstract) JamesHeisig等の編集「日本哲学のソーズブック」に”Original Enlightenment Debates”の論文(pp. 92-95)と、”Universal Buddha-Nature” (pp. 95-97)と”Critical Buddhism” (pp. 102-103)の翻訳を掲載。 

備考(Remarks)  

2011  The ISSR Companion to Science and Religion  共著   
Cambridge: The International Society for Science and Religion  , 未設定  , 504頁  , 2011   

概要(Abstract) Pranab Das編集の論文集に、”Religion and Nothingness by Nishitani Keiji” (pp. 389-90)を掲載。 

備考(Remarks)  

2010  Nen Tang Phat Hoc Thiên Thai Tông  単著   
Nha Xuat Ban Phuong Dong  , その他  , 528  , 2010/06   

概要(Abstract) 天台大師の「法華玄義」の英訳に基づき、初期中国仏教における「二諦説」の論争の展開と、「有」と「無」の問題と、天台仏教の創立と初期発展を紹介する。天台仏教の基本的概念を「三諦」の思想を中心として論じる。天台仏教の入門書としても相応しい。 

備考(Remarks) 1989年に英語で出版された"Foundations of T'ien-t'ai Philosophy"(天台仏教思想の基礎)がベトナム語に翻訳されたもの。 

2009  Global Perspectives on Science and Spirituality  共著   
Templeton Press  , その他  , 211  , 2009/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) GPSS (科学・こころ・宗教)のプロジェクト主催者のPranab Dasの編集によって集められた、GPSS関係者の論文集。私の論文“Kokoro [Mind-Heart-Spirit]: Affirming Science and Religion in the Japanese Context,”が pp. 57-67に掲載されている. 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  脳科学と心――Global Perspectives on Science and Spiritualityの報告  単著   
東西宗教研究  , 東西宗教交流学会  , 14-15  , 39-50  , 2016   

概要(Abstract) 以前行われたTempleton FoundationのGlobal Perspectives on Science and Spiritualityプロジェクトの成果と課題について、東西宗教と文化を中心に研究会を毎年開催される東西宗教交流学会で発表した内容を活字にした論文。 

備考(Remarks)  

2012  Dlaczego głoszq, źe zen nie jest buddyzmem. Wspólczesna japońska krytyka idei natury buddy  単著   
Politeja (Studia Buddyjskie)  , Ksiegarnia Akademicka  , 18/4  , 181-203  , 2011   

概要(Abstract) "Why They Say 'Zen is not Buddhism': Recent Japanese Critiques of Buddha-Natureの論文のポーランド語訳。 

備考(Remarks)  

2011  “Tiantai/Tendai”  単著   
Oxford Bibliographies Online: Buddhism  , Oxford University Press; online bibliography  , about 20 pages  , 2011   

概要(Abstract) Oxford University Press, Richard Payne編集によるオンライン文献データーベースに、天台仏教に関する主な出版物(日本語、英語、フランス語、ドイツ語、など)を50件以上選択し、詳しい説明を加えた。中国と日本の天台仏教に関する最新の出版状況を説明した論文。 

備考(Remarks) インターネット上のみで(http://www.oxfordbibliographiesonline.com/)掲載される書誌的データーベース 

2010  ディラン・イン・ジャパン−その魅力と言語の壁−  単著   
現代思想  , 青土社  , 38/6  , 90-94  , 2010/5   

概要(Abstract) ボブ・ディランの歌詞が重要でありながら、英語を母国語としないファンにとって歌詞を理解することはどういうこたか、また言語の壁を越えて曖昧かつ理解しがたい歌詞をどのように把握すべきかを論じている。 

備考(Remarks) 『現代思想』5月臨時増刊号としてボブ・ディランの来日を記念して編集された特集号に掲載された論文。 

2009  日本における『科学と宗教』の対話の意味を問い直す  共著   
『宗教と社会』  , 「宗教と社会」学会  , 15  , 199-216  , 2009/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「宗教と社会」学会で「日本における『科学と宗教』の対話の意味を問い直す」のテーマでパネルを開催し、その内容と成果についての報告を大谷栄一氏と共著で作成した。 

2007  危機の中の科学と宗教――ラフルーア・渡邉両論文へのレスポンス  単著   
第4回陽光文明国際会議 議事録  , 陽光文明研究所  , 2  , 115-27  , 2008/01   

概要(Abstract) 「危機の時代における科学と宗教」を題に、「科学と宗教」の諸問題について、また、William LaFleurと渡邉学の発表に関するコメント、の英語の発表を日本語に書き直して刊行したもの。 

備考(Remarks) 上記34、"Spirit: Bridging the Gap between Science and Religion"の日本語版 

2007  Ch’an and Chih-kuan: T’ien-t’ai Chih-i’s View of ‘Zen’ and the Practice of the Lotus Sutra  単著   
天台学報  , 天台学会  , 特別号  , 143-164  , 2007/10   

概要(Abstract) 平成15年開催国際天台学会発表した「禅と止観ーー天台智〜の禅観と『法華経』における実践」についての内容を論文集として刊行されたもの。 

備考(Remarks)  

2007  Spirit: Bridging the Gap Between Science and Religion  単著   
Science and Religion in the Age of Crisis  , Yoko Civilization Research Institute  , 2  , 101-110  , 2007/08   

概要(Abstract) a response to papers given by Watanabe Manabu and William LaFleur, as well as additional commentary of the topic of science and religion in an age of crisis. 

備考(Remarks) publication of a paper/response given at the Fourth Yoko Civilization International Conference held in September 2005 

2006  道元禅思想研究之管朗  共著   
中国禅学(Chan Studies)  , 4  , 154-58  , 2006/09   

概要(Abstract) 何燕生氏が道元禅師の「正法眼蔵」を中国語翻訳したことをとりあげ、道元禅師の思想とその意義について議論した。梁暁虹氏との共著。 

備考(Remarks)  

2005  Editors' Introduction  共著   
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 32/2  , 191-195  , 2005/11   

概要(Abstract) "Essays from the XIXth World Congress of the IAHR, Tokyo, March 2005"の特集に関しての編集者の紹介文。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2013  "The Invention of Religion in Japan," by Jason Ānanda Josephson  書評  単著 
International Bulletin of Missionary Research  , October 2013  , 244  , 2013/10   

概要(Abstract) Book review of "The Invention of Religion in Japan," by Jason Ānanda Josephson 

備考(Remarks)  

2012  “Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L’histoire et la culture d’une religion japonaise)”, édité par Bernard Faure, D. Max Moerman, Gaynor Sekimori   新著書報告  単著 
山岳修験  , 日本山岳修験学会  , 49  , 62-64  , 2012/3/31   

概要(Abstract) 修験道についての論文集“Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L’histoire et la culture d’une religion japonaise)”, édité par Bernard Faure, D. Max Moerman, Gaynor SekimoriがCahiers d'Extreme-Asieから出版され、その内容について書評・紹介した。 

備考(Remarks)  

2012  “Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L’histoire et la culture d’une religion japonaise)”, édité par Bernard Faure, D. Max Moerman, Gaynor Sekimori  書評  未設定 
Cahier d’Extrême-Asie   , 18  , 62-64  , 2012   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  “Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L’histoire et la culture d’une religion japonaise)”, édité par Bernard Faure, D. Max Moerman, Gaynor Sekimori  書評  単著 
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , vol. 38/2  , pp. 390-92.  , 2011/10   

概要(Abstract) Cahier d’Extrême-Asie 18 (2009)の「修験道」特集を英語で書評。 

備考(Remarks)  

2011  「故郷としての熊野」  報告  単著 
『国際熊野学会会報』  , 15  , pp. 1–2.  , 2011/04/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  “Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L’histoire et la culture d’une religion japonaise)”, édité par Bernard Faure, D. Max Moerman, Gaynor Sekimori,  書評  単著 
「宗教研究」  , 日本宗教学会  , 85/3  , pp.99-102  , 2011   

概要(Abstract) Cahier d’Extrême-Asie 18 (2009)の「修験道」特集を日本語で書評。 

備考(Remarks)  

2010  宗教研究の国際化  辞書・事典  単著 
宗教学事典  , Maruzen丸善  , 114-115  , 2010/7   

概要(Abstract) 日本における宗教研究が最近どのように国際的に展開しているかについての記事 

備考(Remarks) 最新の『宗教学事典』、星野英紀、池上良正、氣多雅子、島薗進、鶴岡賀雄、編。 

2010  Jinhua Chen, Legend and Legitimation: The Formation of Tendai Esoteric Buddhism in Japan  書評  単著 
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 37/2  , 383-85  , 2010/10   

概要(Abstract) Jinhua Chen著, "Legend and Legitimation: The Formation of Tendai Esoteric Buddhism in Japan"の書評 

備考(Remarks)  

2010  Shugendō Now; Lá où les montagnes volent/ Where mountains fly; 修験--羽黒山秋の峯 (Shugen: The Aki-no-mine of Mt. Haguro). Three Shugendō documentaries  書評  単著 
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 37/2  , 402-405  , 2010/10   

概要(Abstract) "Shugendō Now," "Lá où les montagnes volent/ Where mountains fly," と「修験--羽黒山秋の峯 」の映画・DVDの紹介、解説 

備考(Remarks)  

2009  Barbara Ambros, Emplacing a Pilgrimage: The Ōyama Cult and Regional Religion in Early Modern Japan  書評  単著 
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 36  , 394-96  , 2009年11月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Barbara Ambros, "Emplacing a Pilgrimage: The Ōyama Cult and Regional Religion in Early Modern Japan" の書評 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2006  Outstanding Academic Title, 2006  Nanzan Guide to Japanese Religions  2007年01月01日 
Choice Magazine 

備考(Remarks) Choice Magazineにより、毎年もっとも優秀(Outstanding)で学問的貢献の多い出版物にあたえる賞。 

1992  カトリック学術研究奨励賞  Foundations of T'ien-t'ai Philosophy: The Flowering of the Two Truths Theory in Chinese Buddhismの出版  1992年07月01日 
日本カトリック大学連盟 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  Issues and Challenges of Translating Chih-i’s Mo-ho chih-kuan into English  単独  2016/06/24 
Woodenfish Conference on “Sutra Transmission and Translation"  , Woodenfish   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  私が見た世界遺産の熊野――特に最近海外での吉野・熊野の修験研究について  単独  2016/06/16 
2016年度国際熊野学会大会in名古屋  , 国際熊野学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Challenging Topics in the Study of Japanese Religions  単独  2014/08/28 
14th Conference of the European Association for Japanese Studies  , European Association for Japanese Studies (EAJS)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 3年に一度の学術大会で、基調講演をいらいされた。「日本における宗教研究の課題」を題に日本宗教研究の動向と課題、最近の「宗教」概念についての議論や、今はやりの「近代」宗教(明治から昭和初期)の研究などについて公演をした。また、宗教文化研究所のJapanese Journal of Religious Studiesの編集長として、最近学術誌出版に関する動向や課題(open accessやデジタル化)について紹介し、南山大学が長年の援助によっていかに恵まれた環境でこの編集・刊行をしてきたかについて話ができた。 

2014  脳科学と「こころ」--「科学と宗教」プロジェクトの報告と今後の課題  単独  2014/08/07 
東西宗教交流学会第33回大会  , 東西宗教交流学会   

概要(Abstract) 1.GPSSプロジェクト第一期「科学・こころ・宗教――科学から見る「こころ」の異議」
• 「科学と宗教」と「科学とこころの問題」
• 科学と宗教の架け橋概念としての「こころ」
• 欧米の「科学と宗教」議論と日本での議論
2.GPSSプロジェクト第二期「脳科学とこころ」
• 台湾、韓国、日本での国際ワークショップ
3.残る課題と今後の可能性
• 日本における「科学と宗教」対話の可能性
• 日本における「科学と宗教」対話のテーマ
• 避けるべき二つの極端な立場:絶対的二元論と絶対的還元論 

備考(Remarks)  

2011  Major ‘Booms’ and Minor Trends in Modern Religious Practices: An Open Workshop in Honour of Ian Reader  単独  2012/02/28 
Manchester University   

概要(Abstract) Manchester University, UK,で行われた学会で、“Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit,”をテーマに発表。 

備考(Remarks)  

2011  Meet the Editors  共同  2011/08/26 
European Association of Japanese Studies 13th Annual Conference   

概要(Abstract) Tallin University, Estoniaで行われたヨーロッパ日本学会(EAJS)での学術誌編集者のパネルに参加。 

備考(Remarks) Tallinn (Estonia) 

2011  Meet the Editors  共同  2011/06/25 
Asian Studies Conference Japan (ASCJ) Annual Conference  , International Christian University   

概要(Abstract) 国際基督教大学で行われたアジア研究学会での学術誌編集者のパネルに参加。 

備考(Remarks) Tokyo 

2011  海外から見た日本・熊野の宗教文化  未設定  2011/05/21 
国際熊野学会2011年度学術大会   

概要(Abstract) 「海外から見た日本・熊野の宗教文化」のパネルで「私が見た昭和20~30年代の熊野」をテーマで発表。 

備考(Remarks)  

2007  Mind, Heart, and Kokoro: A Japanese Perspective  単独  2007/10 
Fu Jen Catholic University  , Nanzan Institute for Religion and Culture and Fu Jen University   

概要(Abstract) Global Perspectives on Science and Spiritualityプロジェクトの一環として企画し、「意識、脳科学、と宗教」のテーマで国際会議を開催し、諸国(インド、香港、台湾、日本)からの発表者の一人として参加した。 

備考(Remarks)  

2006  Bob Dylan in Japan  その他  2007/03 
Bob Dylan Symposium  , University of Minnesota   

概要(Abstract) University of MinnesotaとWeisman Art Center主催のBob Dylan Symposium国際会議での発表。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2010  南山大学国際化推進事業  カリスマ刷新運動の国際的研究−基層文化と外来文化の葛藤と融合 
研究責任者(共)    11,800千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 「東アジアにおけるペンテコスタリズムとカリスマ運動」、とりわけ日本と韓国におけるそれらに焦点を合わせている。ペンテコスタリズム(また概してキリスト教)は、韓国できわめて成功しているが、(きわめて対照的に)日本では成功していないのが現状である。このプロジェクトは、(西洋から移植されるとともに土着的な形式でも存在する)日本と韓国におけるペンテコスタリズムとカリスマ運動の現況を明らかにするとともに、日本と韓国のちがいを分析したり西洋の同様の運動とのちがいを分析したりすることを目的としている。このことは、これら二つの社会におけるペンテコスタリズムとカリスマ運動の現況を検討することともに、日本における韓国のペンテコスタリズム、ブラジルにおける日系ブラジル人の間のこれらの宗教運動、日本における日系ブラジル人の移民労働者におけるこれらの宗教運動の輸入と発展といった「国家を超えた」現象の調査をも含んでいる。 

2006  Global Perspectives on Science and Religion-Major  Kokoro (mind-heart-spirit): Affirming Science and Religion in the Japanese Context 
  Templeton Foundation  33,000千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) GPSS fellowship award programの第二段階の募集に成功し、3年間(2006年11月〜2009年10月)の研究プロジェクトで、「科学・こころ・宗教」のテーマで懇話会や国際シンポジウムを開催し、blogによって情報公開と議論 

2006  科学研究費補助金  日本の新宗教運動と武道:日本とイタリアにおけるスピリチュアリテイ 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2005  Global Perspectives on Science and Religion Fellow  Science-Spirit-Religion: Reflections on Science and Spirituality in the Japanese Context 
  Templeton Foundation  16,000千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) GPSS fellowship award programの募集に成功し、15ヶ月間の研究プロジェクトで、「科学・こころ・宗教」のテーマで懇話会やシンポジウムを開催し、科学と宗教の対話を促進する 

2003  科学研究費補助金  宗教学の国際化推進のための研究機関の改革と交流に関する国際比較研究 
研究代表者  日本学術振興会  14,600千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 研究分担者:ジェームズ・ハイジック、渡辺学、ロバート・キサラ,奥山倫明 

2003  国際交流基金日本文化紹介派遣助成  アメリカ宗教学会における是枝裕和監督作品の上映 
研究代表者  国際交流基金(Japan Foundation)  795千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) アメリカ宗教学会(American Academy of Religion)のJapan Focusにおける是枝裕和監督作品の上映ならびに質疑応答のための助成 

2001  科学研究費補助金  日本宗教史に関する基礎的な研究資料の編集刊行による研究の国際化の推進 
  日本学術振興会  7,000千円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 研究分担者:ロバート・キサラ,奥山倫明,クラーク・チルソン,寺尾寿芳 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2006   

自分の授業では使用する機会はないが、世界中の大学で教科書として使用されている書物に多数係わっている。その中には拙著の Foundations of T’ien-t’ai Philosophy: The Flowering of the Two Truths Theory in Chinese Buddhism (Asian Humanities Press, 1989), 共編の Religion and Society in Modern Japan: Selected Readings (Asian Humanities Press, 1993)、Pruning the Bodhi Tree: The Storm Over Critical Buddhism (University of Hawaii Press, 1997) 、Buddhist Spirituality 1: Indian, Southeast Asian, Tibetan, Early Chinese (Encyclopedia of World Spirituality vol. 8, Crossroad, 1993), Buddhist Spirituality 2: Later China, Korea, Japan, and the Modern World (Encyclopedia of World Spirituality vol. 9, Crossroad, 1999), などがある。国内では共編の「異文化から見た日本宗教の世界」(法蔵館, 2000)が日本の大学の授業で教科書として使用されている。また、日本宗教概論としてこれから海外で教科書として広く使用されるであろう “Nanzan Guide to Japanese Religions” (University of Hawaii Press, 2006) を共編している。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2011  The Threefold Truth as the Basic Pattern of T’ien-t’ai Buddhist Philosophy  2011/10/19 

活動内容等(Content of Activities) 講演会Purdue University 

2011  Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit   

活動内容等(Content of Activities) 講演会
University of Illinois (17 October), Purdue University (19 October), University of Michigan (9 February2012), University ofEdinburgh (1 March), University of Dayton (28 March) 

2005  庶務委員会  2005/9-2007/8 

活動内容等(Content of Activities) 日本宗教学会 

2005  プログラム委員会  2005/09-2006/8 

活動内容等(Content of Activities) 日本宗教学会 

2005  日本宗教学会常務理事  2005/07〜現在 

活動内容等(Content of Activities) 日本宗教学会 

2003  Committee for Evaluating "Book of the Year"  2003 

活動内容等(Content of Activities) Buddhist-Christian Studies Associationの"Book of the Year"を選考する委員会 

2002     

活動内容等(Content of Activities) 国際宗教学宗教史会議(IAHR)第19回世界大会実行委員会 

2002     

活動内容等(Content of Activities) 日本宗教学会賞選考委員会 

2002     

活動内容等(Content of Activities) Executive Committee, Society for Buddhist-Christian Studies 

2002     

活動内容等(Content of Activities) Advisory Board Member for the Routledge-Curzon Encyclopedia of Buddhism, Editor for section on Japanese Buddhism 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/05/16 更新