研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

45 件中 21 - 30 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2002  A Buddhist Kaleidescope: Essays on the Lotus Sutra  共著   
Kosei Publishing  , その他  , 540  , 2002/05   

概要(Abstract) Nichiko Niwano, Gene Reeves, Paul L. Swanson, David W. Chappell, Taitetsu Unno, Willa Jane Tanabe, John H. Berthrong, Schubert M. Ogden, その他の著作者による「法華経」についての論文集。 

備考(Remarks) 著作担当部分:"The Innumerable Meanings of the Lotus Sutra", pp. 51-54) 

2002  Buda  共著   
Planeta DeAgostini  , その他  , 304  , 2002/05   

概要(Abstract) 手塚治虫の「仏陀」のスペイン語訳。 

備考(Remarks) 執筆担当部分:"Introduccion", pp. 5-6 

2000  異文化から見た日本宗教の世界  共編著   
法蔵館  , B5  , 302 pp.  , 2000/09   

概要(Abstract) Japanese Journal of Religious Studiesから選別した英文の論文を和訳した論文集。近代工場に祀られた神、水子供養の意味、キリスト教徒と祖先崇拝、日本人は果たして現世主義的か、宗教儀礼とジェンダーなど、海外第一線研究者による、日本人の知らない日本宗教の諸相を語る論文集。〓執筆担当部分:「編者序文」(3-11)、「編者解題」(289-99)、「編集後記」(300-2)〓執筆者:David C. Lewis, Bardwell Smith, David Reid, Royall Tyler, Neil McMullin, Allan G. Grapard, Michael Kelsey, Helen Hardacre, Ian Reader 

備考(Remarks) 共編林淳 

1999  宗教と宗教の<あいだ>(分担:「『自教』への確信と『外道』への寛容性―天台智?の他宗教観」)  編著   
風媒社  , B4  , 400 pp.(43-56  , 2000/03   

概要(Abstract) 葛藤から創造へ、日本を含むアジア各地の宗教の関係、キリスト教と世界宗教の総合理解の問題、そして宗教哲学・神学の最新の動向などを踏まえ、あらたなる<宗教間対話>への通路を展く、南山大学創立50周年記念論文集(B4判、p.400)〓執筆部分:『「自教」への確信と「外道」への寛容性――天台智〜の他宗教観』(p.43〜56)〓天台仏教の創立者である天台大師智〜の教学のなかに他宗教にたいする立場を考察した論文〓執筆者:近藤光博、稲葉広由、ロバート・キサラ、など 

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所編共編 

1999  Religions of Japan in Practice  共著   
Princeton University Press  , その他  , 564  , 1999/06   

概要(Abstract) 修験道で用いられている「仏説三身壽量無辺經」(いわゆる「疑經」)を英訳、解釈した論文。中国に比べて日本で作成されたいわゆる「疑經」は少ないが、この經がその一例である。その内容の紹介と英訳、注釈を収録。George Tanabe編集の本に収録. 

備考(Remarks) 著作担当部分:A Japanese Shugendo Apocryphal Text , pp. 246-253 

1998  Buddhist Spirituality II: Late China, Ko-rea, Japan and the Modern World  共編著   
Crossroad  , その他  , 554 pp.(本人  , 1999/03   

概要(Abstract) World Spirituality: An Encyclopedic History of the Religious Quest, vol.9. 仏教の「霊性」を中心に論じる論文集,第二巻。今巻の内容は中国・韓国・日本・現代における仏教の「霊性」を語る。一般向けの書物で、仏教の「霊性」を紹介する論文の収録。執筆者:Philip Yampolsky, Thomas P. Kasulis, Dale S. Wright, Julia Ching, Sung Bae Park, Robert E. Buswell, Jr., Henrik H. Sorensen,等 

備考(Remarks) 共編者:Takeuchi Yoshinori, James W. Heisig, Paul L. Swanson, Joseph O'Leary 

1997  Pilgrimage in Japan  共編著   
Japanese Journal of Religious Studies  , B5  , 229  , 1997/11   

概要(Abstract) 日本における「巡礼」をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies の特集を編集した。四国遍路など、日本の「巡礼」の習慣を紹介する論文を収録。星野英紀、Barabara Ambrose、David Moerman、Natalie Kouameまどの論文を収録。 

備考(Remarks) 共編:Paul Swanson, Ian Reader 

1997  Pruning the Bodhi Tree  共著   
University of Hawaii Press  , その他  , 515 pp.  , 1997/06   

概要(Abstract) 袴谷憲昭や松本史朗先生のいわゆる「批判仏教」(「禅は仏教にあらず」、等)は何をいわんとしているのかを紹介、解説した論文。袴谷憲昭や松本史朗の論文の紹介、その議論の内容とその意義を論じ、また、それを反って批判する学者の立場を紹介する。 

備考(Remarks) 著作担当部分:Why They Say Zen is Not Buddhism: Recent Japanese Critiques of Buddha-Nature , pp. 3-29 

1997  Pruning the Bodhi Tree  共編著   
University of Ha-waii Press  , その他  , 520 pp  , 1997/06   

概要(Abstract) 「批判仏教」を名乗り、現在の仏教と仏教学を批判的に取り上げる袴谷憲昭と松本史朗の研究をベースにして編集した論文集。袴谷と松本両先生の論文を数部英訳し、その他にDan Lusthaus、Jamie Hubbard、Paul Swanson、Paul Griffiths、Peter Gregory、山口瑞鳳、末木文美士、高崎直道、等の論文を収録。 

備考(Remarks) 共編者:Jamie Hubbard 

1997  天台思想*東洋文化  共著   
(韓国の出版社で入力不能)  , B5  , 964 pp.  , 1997/05   

概要(Abstract) 天台大師を事例とし、仏教における「信仰」と「寛容性」の関係を考察した論文。宗教者として自教の正しさを訴えることは当たり前であるが、それと同時に他教に対する寛容性も必要である。そのバランスはいかなものなのか、天台大師の立場を紹介する。大蓮李永子博士の記念論文集に収録 

備考(Remarks) 著作担当部分:Commitment and Tolerance in Chinese Buddhism: The Example of T'ien-t'ai Chih-i, pp. 114-140 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]