研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

45 件中 31 - 40 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
1996  天台大師研究  共著   
天台大師千四百年記念出版  , B5  , 1384  , 1997/03   

概要(Abstract) 天台大師智?における「智障」という概念の解釈を説明し、それが天台仏教の基本的概念である「三諦説」を通して説明していることを論じる。「智障」という概念は大乗仏教にとって「小乗仏教」より勝れている点の一つとして教学的に重要な概念。 

備考(Remarks) 著作担当部分:天台大師智〜における「智障」の解釈―三諦説応用の一事例, pp. 177-199 

1996  Gishin’s “Collected Teachings of the Tendai Lotus School”  単著   
Numata Center for Buddhist Transla-tion and Research  , B5  , 202 pp.  , 1996/06   

概要(Abstract) 義真の「天台法華宗義集」の研究と英訳。「天台法華宗義集」は平安時代の著書であり、初期日本天台仏教を代表するものである。また、天台仏教の入門書としてふさわしい。英訳が出版されるのはこれが始めて。 

備考(Remarks)  

1995  浄土真宗―大乗仏教の至教  共著   
大谷大学  , A4  , 304  , 1995/12   

概要(Abstract) 天台大師智?の「摩訶止觀」の「常行三昧」部における経典の引用を解釈し、それが天台大師の思想にとってどのような意味をもつかを探る。また、経典をどのように訳すべきかを論じ、翻訳という作業は機械的なものではなくて、様々なレベルと解釈を含む複雑かつ想像力と創造力を必要とする作業であることを論ずる。 

備考(Remarks) 著作担当部分:常行三昧と「般舟三昧經」:ある翻訳家の見た智〜の聖典使用, pp. 176-188 

1994  『宗教と文化―諸宗教の対話』  共著   
人文書院  , B5  , 240 pp.  , 1994/10   

概要(Abstract) 南山宗教文化研究所における「宗教と文化」に関するシンポジウムでのコメントの記述 

備考(Remarks) 著作担当部分:山折哲雄と島薗進へのレスポンス , p. 114-117 

1993  Buddhist Spirituality: Indian, Southeast Asian, Tibetan, Early Chinese  共編著   
Crossroad  , その他  , 428  , 1993/10   

概要(Abstract) World Spirituality: An Encyclopedic History of the Religious Quest, vol.8. 仏教の「霊性」をテーマにしたシリーズの一部。インドから中国までの仏教に関する論文を収録。一般向けの書物で、仏教の「霊性」を紹介する論文の収録。(B5判、p.428)〓担当部分:共同編集につき本人の担当部分抽出不可能〓執筆者: G. C. Pande, Paul Griffiths, Sakurabe Hajime, Maeda Egaku, Winston King, Sunthorn Na-Rangsi, Sulak Sivalaksa, Robert A. F. Thurman, Kajiyama Yuichi, Nagao Gajin, Luis O. Gomez, Michael Pye, Tachikawa Musashi 

備考(Remarks) 共編者:Takeuchi Yoshinori,Jan Van Bragt,James W. Heisig, Joseph S. O'Leary 

1993  Buddhist Spirituality: Indian, Southeast Asian, Tibetan, Early Chinese  共著   
Crossroad  , その他  , 428  , 1993/10   

概要(Abstract) 「仏教の霊性」をテーマにした論文集に、初期中国仏教における「空」の思想を説明、解説した論文。特に吉蔵の二諦論と天台智〜の三諦説を中心に紹介している。 

備考(Remarks) 著作担当部分:The Spirituality of Emptiness in Early Chinese Buddhism, pp. 353-75 

1992  Religion and Society in Modern Japan  共著   
Asian Humanities Press  , その他  , 310 pp.(本人  , 1993/03   

概要(Abstract) 現在の日本の社会における宗教の役割を探る論文集。内容「日本史における神道」(黒田俊雄)、「修験道の儀礼」(宮家準)、「水子供養」(星野英紀)、「真光」(Richard Young),"Indigenous Christian Movements" (Mark Mullins), "Soka Gakkai" (Anson Shupe), 等多数。大学のテキスト向きに編集された。(B5判、p.310)〓担当部分:共同編集につき本人の担当部分抽出不可能、ただし、Part 1 (p.3〜6)とPart 3(p.135〜138)の序文がSwanson著〓共編者:Mark Mullins,、島薗進、Paul Swanson 

備考(Remarks) (共編著) 

1991  『天台思想と東アジア文化の研究』(塩入良道先生追悼論文集)  共著   
山喜房  , A4  , 990 pp.  , 1991/12   

概要(Abstract) 天台大師智〜の著作における「蓮華」のその象徴的意味を解釈した論文。天台大師智〜の「法華玄義」や「摩訶止觀」には「蓮華」とは特別な意味を持ち、色々な意味で使用している。また、天台仏教(そして後の日蓮の仏教)における「蓮華」の象徴的意味が重要な宗教的意味をもつことを論じる。塩入良道先生追悼論文集 

備考(Remarks) 執筆担当部分:Chih-i, the Lotus, and the Lotus Sutra , pp. 97-108 

1991  Buddha Nature: A Festschrift in Honor of Minoru Kiyota  単著   
Buddhist Books International  , その他  , 194 pp.  , 1991/07   

概要(Abstract) 天台大師智?における「仏性」の概念―特にいわゆる「三因仏性」―を解釈した論文。中国や日本の仏教にとって「仏性」の概念は中心的なものであるが、天台大師智?の仏性論を紹介誌、後の天台仏教(特に日本天台)のその開祖である天台大師智?の仏性論は必ずしも同一ではないことを論じる。Minoru Kiyota 先生の記念論文集に収録。 

備考(Remarks) 担当部分:T'ien-t'ai Chih-'s Concept of Threefold Buddha Nature: A Synergy of Reality, Wisdom, and Practice; pp. 171-80 

1991  Who's Who of World Religions  共著   
Macmillan Publishing Company  , その他  , 560 pp.  , 1991/06   

概要(Abstract) 担当部分:Amoghavajra, Bodhidharma, Chih-i, Chi-tsang, Chu-hung, Fa-tsang, Hui-neng, K'uei-chi、Kumarajiva, Lin-chi, Pai-chang, Seng-chao, Shan-tao, Tao-an, Emperor Wu of the Liang, Empress Wu of the T'ang, Yen-shou, Dogen,Eisai, En-no-gyoja,Ennin, Ikkyu, Ippen,Genshin, Gyogi, Hakuin, Kukai, Muso Soseki, Nichiren, Ryokan, Saicho, Saigyo, Shotoku Taishi, Emperor Shomu, Takuan Soho についてそれぞれ300から500英字で書いた辞書の項目。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]