研究者詳細

著書
分割表示 >>   全件表示

45 件中 1 - 45 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  Borisu Gazichigi 보리수 가지치기  共編著   
Seoul: CIR Communication  , 未設定  , 380 pp.  , 2015年3月   

概要(Abstract) "Pruning the Bodhi Tree" (Paul L. Swanson and Jamie Hubbard 共編, University of Hawaii Press, 1997)の韓国語訳。韓国語訳出版のために新しく序文を作成(pp. xvii-xx). 

備考(Remarks)  

2014  Modern Buddhism in Japan  共編著   
Nanzan Institute for Religion and Culture  , B5  , 230  , 2014/03   

概要(Abstract) Modern Buddhism in Japan is a collection of essays on the development of Buddhism in Japan in response to the West during the “modern” period from the time of the Meiji Restoration to the end of World War ii (1868–1945). From Shin Buddhists and the Japanese enlightenment movement to Kaneko Daiei’s struggle to establish a modern Shin Buddhist Studies; the “New Buddhism” movement; the role of Buddhism in the development of modern education and the impact of religiously affiliated universities; Suzuki Daisetsu’s association with Swedenborg; the tragic story of a Shin priest falsely accused of a plot to assassinate the Emperor—these themes and more are studied from the perspectives of intellectual history, education, politics, Buddhist studies, and institutional authority. 

備考(Remarks) 林淳と大谷栄一との共編単行本で、その中の第6章”Takagi Kenmyo and Buddhist Socialism: A Meiji Misfit and Martyr”(pp. 144-162)を著作。  

2013  Pentecostalism and Shamanism in Asia/キリスト教聖霊運動とシャーマニズム  編著   
Nanzan Institute for Religion and Culture  , B5  , 400 p  , 2013/3   

概要(Abstract) アジアにおいて、シャーマニズムとキリスト教聖霊運動の関係はいかなるものであろうか。南山シンポジウムの国際会議では、このテーマがとりあげら、本書はその成果である諸論文を編集したものである。シャーマニズムと聖霊運動をどのように比較すべきか。ペンテコステ系キリスト教におけるシャーマニズム的様相をどのように捉えるべきか。キリスト教者はシャーマニズムの様相を否定するなかで、どのようにシャーマニズムとキリスト教聖霊運動の関連性を学術的に分析すべきか。本書では日本、韓国、ブラジル、スリランカと幅広い地域の現状を分析している。
It is common knowledge that Shamanism is an important part of the religious heritage of Asia. What, then, are the influences and connections between Shamanism and the growth of charismatic Christianity in Asia? The essays in this collection are case studies and analyses that grew out of an international conference, Nanzan Symposium 16, which sought answers to these questions. How can we compare Shamanism and Pentecostalism? How do we define shamanistic elements within Pentecostalism and charismatic Christianity? How should we conduct an academic analysis of Shamanism and Pentecostalism given that Christian believers reject the connection? The essays look at these questions as they appear in various areas and the cultural contexts of Japan, Korea, Brazil, and Sri Lanka. 

備考(Remarks)  

2013  Universal and International Nature of the Lotus Sutra  共著   
Rissho University  , B5  , 9 p.  , 2013/3   

概要(Abstract) 本書に“Discoveries upon Translating the Mo-ho chih-kuan,” (pp. 44-52)についての論文を掲載 

備考(Remarks)  

2011  Thien va chi quan  単著   
Ho Chi Minh City, Nha Xuat Ban Phuong Dong  , 未設定  , 170頁  , 2011   

概要(Abstract) タイトルはベトナム語で「禅と止観」で、私がいろいろなところで出版した「天台仏教」に関する論文を集めてベトナム語に翻訳された論文集。 

備考(Remarks)  

2011  Brain Science and Kokoro: Asian Perspectives on Science and Religion  編著   
Nagoya: Nanzan Institute for Religion and Culture  , 未設定  , 223頁  , 2011   

概要(Abstract) 5年間の「科学と宗教」プロジェクトの最後の国際会議として、「脳とこころ」に関する学会の発表を編集して刊行した論文集。 

備考(Remarks)  

2011  Sources of Japanese Philosophy  共著   
Honolulu: University of Hawaii Press  , 未設定  , 2011   

概要(Abstract) JamesHeisig等の編集「日本哲学のソーズブック」に”Original Enlightenment Debates”の論文(pp. 92-95)と、”Universal Buddha-Nature” (pp. 95-97)と”Critical Buddhism” (pp. 102-103)の翻訳を掲載。 

備考(Remarks)  

2011  The ISSR Companion to Science and Religion  共著   
Cambridge: The International Society for Science and Religion  , 未設定  , 504頁  , 2011   

概要(Abstract) Pranab Das編集の論文集に、”Religion and Nothingness by Nishitani Keiji” (pp. 389-90)を掲載。 

備考(Remarks)  

2010  Nen Tang Phat Hoc Thiên Thai Tông  単著   
Nha Xuat Ban Phuong Dong  , その他  , 528  , 2010/06   

概要(Abstract) 天台大師の「法華玄義」の英訳に基づき、初期中国仏教における「二諦説」の論争の展開と、「有」と「無」の問題と、天台仏教の創立と初期発展を紹介する。天台仏教の基本的概念を「三諦」の思想を中心として論じる。天台仏教の入門書としても相応しい。 

備考(Remarks) 1989年に英語で出版された"Foundations of T'ien-t'ai Philosophy"(天台仏教思想の基礎)がベトナム語に翻訳されたもの。 

2009  Global Perspectives on Science and Spirituality  共著   
Templeton Press  , その他  , 211  , 2009/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) GPSS (科学・こころ・宗教)のプロジェクト主催者のPranab Dasの編集によって集められた、GPSS関係者の論文集。私の論文“Kokoro [Mind-Heart-Spirit]: Affirming Science and Religion in the Japanese Context,”が pp. 57-67に掲載されている. 

2008  日本の宗教と宗教研究—宗教と政治  共著   
秋山書店  , その他  , 416  , 2008/10   

概要(Abstract) 本書のpp. 365-81で、林淳とともに企画したパネル「日本の宗教と宗教研究—宗教と政治」について、発表とその討論の内容について報告したもの。 

備考(Remarks) 国際宗教学宗教史会議東京大会(IAHR 2005)の討議を出版した書物。 

2008  佛教與漢語史研究——以日本資料為中心  共著   
上海古籍出版社  , B5  , 490  , 2008/03   

概要(Abstract) 梁暁虹教授(南山大学総合政策部)著のために「序言」を作成。本書のpp. 1-3. 

備考(Remarks)  

2007  Hominus Dignitati 1931-2007 『南山学園75周年記念誌』  共著   
南山学園  , A5  , 632  , 2007/11   

概要(Abstract) 南山大学付属施設として南山宗教文化研究所の理想と活動についての概要(pp. 555-57) 

備考(Remarks)  

2007  科学 こころ 宗教、科学から見る「こころ」の意義  共編著   
南山宗教文化研究所  , A5  , 284  , 2007/07   

概要(Abstract) 南山宗教文化研究所の第13回シンポジウムの内容を編集・刊行した一冊。参加者は山本祐靖、芦名定道、富田直秀、橋本周司、田中啓治、佐藤哲也、三田一郎、小林博司、田中裕、横山輝雄、など 

備考(Remarks) 全体の監修と「オリエンテーション」(pp. 13-23)の単著 

2007  Encyclopedia of Buddhism  共著   
Routledge  , その他  , 923  , 2007/05   

概要(Abstract) 「仏教大辞典」日本仏教関係の編集・執筆責任者。科目は「日本における仏教」、「道元と曹洞宗」、「現世利益」、「法然と浄土宗」、「本覚思想」、「本地垂迹・神仏習合」、「顕密仏教」、「空海と真言」、「仏教系新宗教運動」、「日蓮と日蓮宗」、「日本における巡礼」、「日本における浄土仏教」、「臨済宗」、「最澄と天台」、「親鸞と浄土真宗」、「聖徳太子と日本古代仏教」、「修験道」、「葬式仏教」、「禅」 

備考(Remarks) general editor and contributor for entries on Buddhism in Japan: General entry on “Buddhism in Japan” (5000 words; pp. 419-26), and 1000-word entries on Dōgen and Sōtōshū (pp. 302-4), Genze riyaku (worldly benefits) (pp. 376-77), Hōnen and Jōdoshū (pp. 395-97), Hongaku shisō (original enlightenment) (pp. 397-98), Honji suijaku/shibutsu shūgō (Buddhist syncretism in Japan) (pp. 398-400), Kenmitsu Buddhism (pp. 442-43), Kūkai and Shingon (pp. 462-64), New Buddhist lay movements (pp. 540-42), Nichiren and Nichirenshū (pp. 547-49), Pilgrimage in Japan (pp. 591-93), Pure Land movements in Japan (pp. 607-8), Rinzai tradition (pp. 615-17), Saichō and Tendai (pp. 643-45), Shinran and Jōdo Shinshū (pp. 684-85), Shōtoku Taishi and Buddhism in Ancient Japan (pp. 685-86), Shugendo (pp. 686-88), Sōshiki bukkyō (funeral Buddhism) (pp. 699-700, Zen (pp. 848-49). 

2006  A Espiritualidade Budista: Inda, Sudeste Asiático, Tibete e China Primitiva  共著   
Perspectiva  , その他  , 473  , 2006/05   

概要(Abstract) “The Spirituality of Emptiness in Early Chinese Buddhism,” in Budddhist Spirituality I: Indian, Southeast Asian, Tibetan, and Early Chinese, Crossroad, 1993, pp. 373-96のポルトル語訳。本書のpp. 411-36。「仏教の霊性」をテーマにした論文集に、初期中国仏教における「空」の思想を説明、解説した論文。特に吉蔵の二諦論と天台智〜の三諦説を中心に紹介している。 

備考(Remarks) 著作担当部分:“A espiritualidade do Vazio no Budismo Chinês” 

2005  Nanzan Guide to Japanese Religions  共編著   
University of Hawaii Press  , その他  , 466 pp  , 2005/10   

概要(Abstract) 日本宗教研究のガイドブック。個別宗教(一般宗教、神道、仏教、民俗信仰、新宗教、キリスト教)、歴史別(古代、中世、近世、現代、など)テーマ(儀式、文学、国家、地理、思想史、ジェンダー)、研究(図書館、資料所、などの使用、など)などについて論じた各エッセーを収録。 

備考(Remarks)  

2005  修剪菩提樹―― “批判佛教”的風暴  共編著   
上海古籍出版社  , その他  , 430  , 2005/05   

概要(Abstract) "Pruning the Bodhi Tree" の中国語訳。「批判仏教」を名乗り、現在の仏教と仏教学を批判的に取り上げる袴谷憲昭と松本史朗の研究をベースにして編集した論文集。袴谷と松本両先生の論文を数部英訳し、その他にDan Lusthaus、Jamie Hubbard、Paul Swanson、Paul Griffiths、Peter Gregory、山口瑞鳳、末木文美士、高崎直道、等の論文を収録 

備考(Remarks)  

2004  The Great Cessation-and-Contemplation  単著   
Kosei Publishing Co.  , その他  , 1152  , 2004/12   

概要(Abstract) 『摩訶止観』の注釈付き英訳、さらに天台仏教関連の参考文献、専門用語辞典、関連文献の英訳、天台山関連の映像、著者(Swanson)の天台関係既刊論文、などの資料をPDFファイルで集め、CD-ROMで提供した。 

備考(Remarks)  

2003  Encyclopedia of Buddhism  共著   
Macmillan Publishing Co.  , その他  , 982 pp  , 2003/10   

概要(Abstract) 仏教辞典のなかの「修験道」についての記事 

備考(Remarks) essay on "Shugendo", vol. 2, pp. 772-74 

2002  A Buddhist Kaleidescope: Essays on the Lotus Sutra  共著   
Kosei Publishing  , その他  , 540  , 2002/05   

概要(Abstract) Nichiko Niwano, Gene Reeves, Paul L. Swanson, David W. Chappell, Taitetsu Unno, Willa Jane Tanabe, John H. Berthrong, Schubert M. Ogden, その他の著作者による「法華経」についての論文集。 

備考(Remarks) 著作担当部分:"The Innumerable Meanings of the Lotus Sutra", pp. 51-54) 

2002  Buda  共著   
Planeta DeAgostini  , その他  , 304  , 2002/05   

概要(Abstract) 手塚治虫の「仏陀」のスペイン語訳。 

備考(Remarks) 執筆担当部分:"Introduccion", pp. 5-6 

2000  異文化から見た日本宗教の世界  共編著   
法蔵館  , B5  , 302 pp.  , 2000/09   

概要(Abstract) Japanese Journal of Religious Studiesから選別した英文の論文を和訳した論文集。近代工場に祀られた神、水子供養の意味、キリスト教徒と祖先崇拝、日本人は果たして現世主義的か、宗教儀礼とジェンダーなど、海外第一線研究者による、日本人の知らない日本宗教の諸相を語る論文集。〓執筆担当部分:「編者序文」(3-11)、「編者解題」(289-99)、「編集後記」(300-2)〓執筆者:David C. Lewis, Bardwell Smith, David Reid, Royall Tyler, Neil McMullin, Allan G. Grapard, Michael Kelsey, Helen Hardacre, Ian Reader 

備考(Remarks) 共編林淳 

1999  宗教と宗教の<あいだ>(分担:「『自教』への確信と『外道』への寛容性―天台智?の他宗教観」)  編著   
風媒社  , B4  , 400 pp.(43-56  , 2000/03   

概要(Abstract) 葛藤から創造へ、日本を含むアジア各地の宗教の関係、キリスト教と世界宗教の総合理解の問題、そして宗教哲学・神学の最新の動向などを踏まえ、あらたなる<宗教間対話>への通路を展く、南山大学創立50周年記念論文集(B4判、p.400)〓執筆部分:『「自教」への確信と「外道」への寛容性――天台智〜の他宗教観』(p.43〜56)〓天台仏教の創立者である天台大師智〜の教学のなかに他宗教にたいする立場を考察した論文〓執筆者:近藤光博、稲葉広由、ロバート・キサラ、など 

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所編共編 

1999  Religions of Japan in Practice  共著   
Princeton University Press  , その他  , 564  , 1999/06   

概要(Abstract) 修験道で用いられている「仏説三身壽量無辺經」(いわゆる「疑經」)を英訳、解釈した論文。中国に比べて日本で作成されたいわゆる「疑經」は少ないが、この經がその一例である。その内容の紹介と英訳、注釈を収録。George Tanabe編集の本に収録. 

備考(Remarks) 著作担当部分:A Japanese Shugendo Apocryphal Text , pp. 246-253 

1998  Buddhist Spirituality II: Late China, Ko-rea, Japan and the Modern World  共編著   
Crossroad  , その他  , 554 pp.(本人  , 1999/03   

概要(Abstract) World Spirituality: An Encyclopedic History of the Religious Quest, vol.9. 仏教の「霊性」を中心に論じる論文集,第二巻。今巻の内容は中国・韓国・日本・現代における仏教の「霊性」を語る。一般向けの書物で、仏教の「霊性」を紹介する論文の収録。執筆者:Philip Yampolsky, Thomas P. Kasulis, Dale S. Wright, Julia Ching, Sung Bae Park, Robert E. Buswell, Jr., Henrik H. Sorensen,等 

備考(Remarks) 共編者:Takeuchi Yoshinori, James W. Heisig, Paul L. Swanson, Joseph O'Leary 

1997  Pilgrimage in Japan  共編著   
Japanese Journal of Religious Studies  , B5  , 229  , 1997/11   

概要(Abstract) 日本における「巡礼」をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies の特集を編集した。四国遍路など、日本の「巡礼」の習慣を紹介する論文を収録。星野英紀、Barabara Ambrose、David Moerman、Natalie Kouameまどの論文を収録。 

備考(Remarks) 共編:Paul Swanson, Ian Reader 

1997  Pruning the Bodhi Tree  共著   
University of Hawaii Press  , その他  , 515 pp.  , 1997/06   

概要(Abstract) 袴谷憲昭や松本史朗先生のいわゆる「批判仏教」(「禅は仏教にあらず」、等)は何をいわんとしているのかを紹介、解説した論文。袴谷憲昭や松本史朗の論文の紹介、その議論の内容とその意義を論じ、また、それを反って批判する学者の立場を紹介する。 

備考(Remarks) 著作担当部分:Why They Say Zen is Not Buddhism: Recent Japanese Critiques of Buddha-Nature , pp. 3-29 

1997  Pruning the Bodhi Tree  共編著   
University of Ha-waii Press  , その他  , 520 pp  , 1997/06   

概要(Abstract) 「批判仏教」を名乗り、現在の仏教と仏教学を批判的に取り上げる袴谷憲昭と松本史朗の研究をベースにして編集した論文集。袴谷と松本両先生の論文を数部英訳し、その他にDan Lusthaus、Jamie Hubbard、Paul Swanson、Paul Griffiths、Peter Gregory、山口瑞鳳、末木文美士、高崎直道、等の論文を収録。 

備考(Remarks) 共編者:Jamie Hubbard 

1997  天台思想*東洋文化  共著   
(韓国の出版社で入力不能)  , B5  , 964 pp.  , 1997/05   

概要(Abstract) 天台大師を事例とし、仏教における「信仰」と「寛容性」の関係を考察した論文。宗教者として自教の正しさを訴えることは当たり前であるが、それと同時に他教に対する寛容性も必要である。そのバランスはいかなものなのか、天台大師の立場を紹介する。大蓮李永子博士の記念論文集に収録 

備考(Remarks) 著作担当部分:Commitment and Tolerance in Chinese Buddhism: The Example of T'ien-t'ai Chih-i, pp. 114-140 

1996  天台大師研究  共著   
天台大師千四百年記念出版  , B5  , 1384  , 1997/03   

概要(Abstract) 天台大師智?における「智障」という概念の解釈を説明し、それが天台仏教の基本的概念である「三諦説」を通して説明していることを論じる。「智障」という概念は大乗仏教にとって「小乗仏教」より勝れている点の一つとして教学的に重要な概念。 

備考(Remarks) 著作担当部分:天台大師智〜における「智障」の解釈―三諦説応用の一事例, pp. 177-199 

1996  Gishin’s “Collected Teachings of the Tendai Lotus School”  単著   
Numata Center for Buddhist Transla-tion and Research  , B5  , 202 pp.  , 1996/06   

概要(Abstract) 義真の「天台法華宗義集」の研究と英訳。「天台法華宗義集」は平安時代の著書であり、初期日本天台仏教を代表するものである。また、天台仏教の入門書としてふさわしい。英訳が出版されるのはこれが始めて。 

備考(Remarks)  

1995  浄土真宗―大乗仏教の至教  共著   
大谷大学  , A4  , 304  , 1995/12   

概要(Abstract) 天台大師智?の「摩訶止觀」の「常行三昧」部における経典の引用を解釈し、それが天台大師の思想にとってどのような意味をもつかを探る。また、経典をどのように訳すべきかを論じ、翻訳という作業は機械的なものではなくて、様々なレベルと解釈を含む複雑かつ想像力と創造力を必要とする作業であることを論ずる。 

備考(Remarks) 著作担当部分:常行三昧と「般舟三昧經」:ある翻訳家の見た智〜の聖典使用, pp. 176-188 

1994  『宗教と文化―諸宗教の対話』  共著   
人文書院  , B5  , 240 pp.  , 1994/10   

概要(Abstract) 南山宗教文化研究所における「宗教と文化」に関するシンポジウムでのコメントの記述 

備考(Remarks) 著作担当部分:山折哲雄と島薗進へのレスポンス , p. 114-117 

1993  Buddhist Spirituality: Indian, Southeast Asian, Tibetan, Early Chinese  共編著   
Crossroad  , その他  , 428  , 1993/10   

概要(Abstract) World Spirituality: An Encyclopedic History of the Religious Quest, vol.8. 仏教の「霊性」をテーマにしたシリーズの一部。インドから中国までの仏教に関する論文を収録。一般向けの書物で、仏教の「霊性」を紹介する論文の収録。(B5判、p.428)〓担当部分:共同編集につき本人の担当部分抽出不可能〓執筆者: G. C. Pande, Paul Griffiths, Sakurabe Hajime, Maeda Egaku, Winston King, Sunthorn Na-Rangsi, Sulak Sivalaksa, Robert A. F. Thurman, Kajiyama Yuichi, Nagao Gajin, Luis O. Gomez, Michael Pye, Tachikawa Musashi 

備考(Remarks) 共編者:Takeuchi Yoshinori,Jan Van Bragt,James W. Heisig, Joseph S. O'Leary 

1993  Buddhist Spirituality: Indian, Southeast Asian, Tibetan, Early Chinese  共著   
Crossroad  , その他  , 428  , 1993/10   

概要(Abstract) 「仏教の霊性」をテーマにした論文集に、初期中国仏教における「空」の思想を説明、解説した論文。特に吉蔵の二諦論と天台智〜の三諦説を中心に紹介している。 

備考(Remarks) 著作担当部分:The Spirituality of Emptiness in Early Chinese Buddhism, pp. 353-75 

1992  Religion and Society in Modern Japan  共著   
Asian Humanities Press  , その他  , 310 pp.(本人  , 1993/03   

概要(Abstract) 現在の日本の社会における宗教の役割を探る論文集。内容「日本史における神道」(黒田俊雄)、「修験道の儀礼」(宮家準)、「水子供養」(星野英紀)、「真光」(Richard Young),"Indigenous Christian Movements" (Mark Mullins), "Soka Gakkai" (Anson Shupe), 等多数。大学のテキスト向きに編集された。(B5判、p.310)〓担当部分:共同編集につき本人の担当部分抽出不可能、ただし、Part 1 (p.3〜6)とPart 3(p.135〜138)の序文がSwanson著〓共編者:Mark Mullins,、島薗進、Paul Swanson 

備考(Remarks) (共編著) 

1991  『天台思想と東アジア文化の研究』(塩入良道先生追悼論文集)  共著   
山喜房  , A4  , 990 pp.  , 1991/12   

概要(Abstract) 天台大師智〜の著作における「蓮華」のその象徴的意味を解釈した論文。天台大師智〜の「法華玄義」や「摩訶止觀」には「蓮華」とは特別な意味を持ち、色々な意味で使用している。また、天台仏教(そして後の日蓮の仏教)における「蓮華」の象徴的意味が重要な宗教的意味をもつことを論じる。塩入良道先生追悼論文集 

備考(Remarks) 執筆担当部分:Chih-i, the Lotus, and the Lotus Sutra , pp. 97-108 

1991  Buddha Nature: A Festschrift in Honor of Minoru Kiyota  単著   
Buddhist Books International  , その他  , 194 pp.  , 1991/07   

概要(Abstract) 天台大師智?における「仏性」の概念―特にいわゆる「三因仏性」―を解釈した論文。中国や日本の仏教にとって「仏性」の概念は中心的なものであるが、天台大師智?の仏性論を紹介誌、後の天台仏教(特に日本天台)のその開祖である天台大師智?の仏性論は必ずしも同一ではないことを論じる。Minoru Kiyota 先生の記念論文集に収録。 

備考(Remarks) 担当部分:T'ien-t'ai Chih-'s Concept of Threefold Buddha Nature: A Synergy of Reality, Wisdom, and Practice; pp. 171-80 

1991  Who's Who of World Religions  共著   
Macmillan Publishing Company  , その他  , 560 pp.  , 1991/06   

概要(Abstract) 担当部分:Amoghavajra, Bodhidharma, Chih-i, Chi-tsang, Chu-hung, Fa-tsang, Hui-neng, K'uei-chi、Kumarajiva, Lin-chi, Pai-chang, Seng-chao, Shan-tao, Tao-an, Emperor Wu of the Liang, Empress Wu of the T'ang, Yen-shou, Dogen,Eisai, En-no-gyoja,Ennin, Ikkyu, Ippen,Genshin, Gyogi, Hakuin, Kukai, Muso Soseki, Nichiren, Ryokan, Saicho, Saigyo, Shotoku Taishi, Emperor Shomu, Takuan Soho についてそれぞれ300から500英字で書いた辞書の項目。 

備考(Remarks)  

1990  If you teach me Japanese, I'll teach you English  共著   
Japan Publications Trading Co.  , A4  , 150  , 1990/04   

概要(Abstract) 日本人が英語を学び、外国人が日本語を学び、共に語学の勉強ができるように、「語学交換レッスン」を目的にするためのテキスト。日本人と外国人がともに語学の勉強をすることを促進するために企画した20種のレッスン。(A4判、p.150)〓執筆者:Yuko Swanson, Paul Swanson 

備考(Remarks) 〓執筆担当部分:共同編集につき本人の担当部分抽出不可能 

1989  Shugendo and Mountain Religion in Japan  共編著   
Japanese Journal of Religious Studies  , B5  , 166  , 1989/09   

概要(Abstract) 修験道と日本の「山の宗教」 をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studiesの特集を編集した。修験道の儀礼、伝承、祭り、美術、など様々なテーマの論文を収録した。宮家準、五来重、和歌森太郎などの論文を英訳し、Royall Tyler, H. Byron Earhart, などの論文を収録。 

備考(Remarks)  

1989  The Realm of Awakening: A Translation and Study of the Tenth Chapter of Asanga's Mahayanasamgraha  共著   
Oxford University Press  , その他  , 339 pp.(本人  , 1989/06   

概要(Abstract) 無著(Asanga)の Mahayanasamgraha の第十章を梵語・チベット語・漢語における訳文をすべて比較し、研究したものの研究発表。この第十章は「法身」を論じるもので、仏教の「三身説」にとって重要な文献である。(B5判、p.339)〓共著者:Paul J. Griffiths, Noriaki Hakamaya,John Keenan, Paul Swanson 

備考(Remarks) 〓執筆担当部分:共同編集・共同研究につき本人の担当部分抽出不可能、ただし、主にParamartha に関する個所及び真諦の漢訳を担当した。 

1988  Foundations of T’ien-t’ai Philosophy  単著   
Asian Humanities Press  , その他  , 399 pp.  , 1989/03   

概要(Abstract) 天台大師の「法華玄義」の英訳に基づき、初期中国仏教における「二諦説」の論争の展開と、「有」と「無」の問題と、天台仏教の創立と初期発展を紹介する。天台仏教の基本的概念を「三諦」の思想を中心として論じる。天台仏教の入門書としても相応しい。 

備考(Remarks)  

1987  Tendai Buddhism in Japan  編著   
Japanese Journal of Religious Studies  , B5  , 207  , 1987/09   

概要(Abstract) 日本における天台仏教をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studiesの特集を編集した。中国における天台仏教の位置と天台仏教の日本伝来から現代における立場を幅広く論ずる。大久保良順、田村芳郎、白土わか、などの論文を英訳し、Paul Groner, Neil McMullin,Allan Grapard, Whalen Lai, David Chappel, Michael Saso, などの論文を収録。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]