研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

27 件中 1 - 27 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  Issues and Challenges of Translating Chih-i’s Mo-ho chih-kuan into English  単独  2016/06/24 
Woodenfish Conference on “Sutra Transmission and Translation"  , Woodenfish   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  私が見た世界遺産の熊野――特に最近海外での吉野・熊野の修験研究について  単独  2016/06/16 
2016年度国際熊野学会大会in名古屋  , 国際熊野学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Challenging Topics in the Study of Japanese Religions  単独  2014/08/28 
14th Conference of the European Association for Japanese Studies  , European Association for Japanese Studies (EAJS)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 3年に一度の学術大会で、基調講演をいらいされた。「日本における宗教研究の課題」を題に日本宗教研究の動向と課題、最近の「宗教」概念についての議論や、今はやりの「近代」宗教(明治から昭和初期)の研究などについて公演をした。また、宗教文化研究所のJapanese Journal of Religious Studiesの編集長として、最近学術誌出版に関する動向や課題(open accessやデジタル化)について紹介し、南山大学が長年の援助によっていかに恵まれた環境でこの編集・刊行をしてきたかについて話ができた。 

2014  脳科学と「こころ」--「科学と宗教」プロジェクトの報告と今後の課題  単独  2014/08/07 
東西宗教交流学会第33回大会  , 東西宗教交流学会   

概要(Abstract) 1.GPSSプロジェクト第一期「科学・こころ・宗教――科学から見る「こころ」の異議」
• 「科学と宗教」と「科学とこころの問題」
• 科学と宗教の架け橋概念としての「こころ」
• 欧米の「科学と宗教」議論と日本での議論
2.GPSSプロジェクト第二期「脳科学とこころ」
• 台湾、韓国、日本での国際ワークショップ
3.残る課題と今後の可能性
• 日本における「科学と宗教」対話の可能性
• 日本における「科学と宗教」対話のテーマ
• 避けるべき二つの極端な立場:絶対的二元論と絶対的還元論 

備考(Remarks)  

2011  Major ‘Booms’ and Minor Trends in Modern Religious Practices: An Open Workshop in Honour of Ian Reader  単独  2012/02/28 
Manchester University   

概要(Abstract) Manchester University, UK,で行われた学会で、“Takagi Kenmyō and Buddhist Socialism: A Meiji Martyr and Misfit,”をテーマに発表。 

備考(Remarks)  

2011  Meet the Editors  共同  2011/08/26 
European Association of Japanese Studies 13th Annual Conference   

概要(Abstract) Tallin University, Estoniaで行われたヨーロッパ日本学会(EAJS)での学術誌編集者のパネルに参加。 

備考(Remarks) Tallinn (Estonia) 

2011  Meet the Editors  共同  2011/06/25 
Asian Studies Conference Japan (ASCJ) Annual Conference  , International Christian University   

概要(Abstract) 国際基督教大学で行われたアジア研究学会での学術誌編集者のパネルに参加。 

備考(Remarks) Tokyo 

2011  海外から見た日本・熊野の宗教文化  未設定  2011/05/21 
国際熊野学会2011年度学術大会   

概要(Abstract) 「海外から見た日本・熊野の宗教文化」のパネルで「私が見た昭和20~30年代の熊野」をテーマで発表。 

備考(Remarks)  

2007  Mind, Heart, and Kokoro: A Japanese Perspective  単独  2007/10 
Fu Jen Catholic University  , Nanzan Institute for Religion and Culture and Fu Jen University   

概要(Abstract) Global Perspectives on Science and Spiritualityプロジェクトの一環として企画し、「意識、脳科学、と宗教」のテーマで国際会議を開催し、諸国(インド、香港、台湾、日本)からの発表者の一人として参加した。 

備考(Remarks)  

2006  Bob Dylan in Japan  その他  2007/03 
Bob Dylan Symposium  , University of Minnesota   

概要(Abstract) University of MinnesotaとWeisman Art Center主催のBob Dylan Symposium国際会議での発表。 

備考(Remarks)  

2002  Chih-kuan vs. Chan: T’ien-t’ai Chih-i’s View of Zen  単独  2002/07 
Conference on “The Lotus Sutra and Zen,” sponsored by Rissho Koseikai, Tokyo and Nagano  , Rissho Koseikai  , --  , --   

概要(Abstract) 「法華経」と「禅」に関しての国際学会での発表 

備考(Remarks)  

2001  “The Threefold Truth in Tiantai Philosophy and the Structure of Mahayana Buddhism”  単独  2002/03 
Universita Ca’ Foscari di Venezia, Di-partimento di Studi Sull’Asia Ori-entale, Venice, Italy  , lecture series on “Percorsi di Filosofia Giapponese”   

概要(Abstract) 天台仏教と大乗仏教の構造についての講演 

備考(Remarks)  

2001  “Internet publishing and deal-ing with authors through the internet”  単独  2002/02 
Eng-lish-Language Scholarly Pe-riodical Pub-lishing in Ja-pan Workshop 2002  , Monumenta Nipponica, Sophia Uni-versity,   

概要(Abstract) 上智大学で開催された英語学術出版活動についてのワークショップでの発表 

備考(Remarks)  

2001  仏典の英訳  単独  2001/09 
日本印度学仏教学会第52回学術大会  , 日本印度学仏教学会   

概要(Abstract) 「東アジア仏教研究の新動向――米国研究者からの問題提起―」のパネルでの発表 

備考(Remarks)  

2001  仏典の英訳  単独  2001/07 
印度学仏教学会(於:東京大学)  , 印度学仏教学会  , --  , --   

概要(Abstract) 仏典を英訳する作業はどのような難点とチャレンジを含むのか、また現在は仏典の英訳はどのような状況におかれているのかを検討した。 

備考(Remarks)  

1999  宗教学・仏教学と仏教者―学問と宗教活動と関係  単独  1999/09 
日本宗教学会(於:南山大学)  , 日本宗教学会  , --  , --   

概要(Abstract) 日本での仏教学と宗教学の研究者が個人の宗教的立場とその学問との関係はどのようものなのか、また、どのように考えられているのかを考察した。 

備考(Remarks)  

1996  Apocryphal Texts in Chinese Buddhism: T'ien-t'ai Chih-i's Use of Apocryphal Scriptures  単独  1997/01 
The Leiden Conference on Canonization and Decanonization, (於:Leiden University)  , Leiden University  , --  , --   

概要(Abstract) 中国仏教における「疑經」の役割と、天台大師智顗における「疑經」の使用を論じる。 

備考(Remarks)  

1995  Absolute Nothingness and Emptiness in Nishitani Keiji  単独  1995/08 
International Congress of History of Religion(於:Mexico City)  , International Congress of History of Religions  , --  , --   

概要(Abstract) 西谷啓治の思想における「絶対無」と「空」の意味と役割を、伝統的な天台仏教思想と比較し、検討した。 

備考(Remarks) panel on "Philosophy of the Kyoto School," 

1993  Say What?! Chih-i's Use (and Abuse) of Scripture  単独  1993/11 
American Academy of Religion (於:Washington D.C.)  , American Academy of Religion  , --  , --   

概要(Abstract) 天台大師智顗の著書のなかにどの経典が引用され、そしてその引用文はどれだけ正確に引用されているかを探る。また、経典の引用のしかたを解説することによって、天台大師の立場と思想についてどのようなことをいえるのかを考えてみた。 

備考(Remarks) panel on "Living Words: Scriptural Transformation and Meaning in Tiantai," 

1993  The Constantly-Walking Samadhi and the Pratyutpanna-samadhi-sutra: A Look at Chih-i's Use of Scriptu  単独  1993/08 
The Sixth Biennial Conference of the International Association of Shin Buddhist Studies (於:大谷大  , International Association of Shin Buddhist Studies  , --  , --   

概要(Abstract) 〓天台大師智顗の「摩訶止觀」の「常行三昧」部における経典の引用を解釈し、それが天台大師の思想にとってどのような意味をもつかを探る。 

備考(Remarks) panel on "Language and Hermeneutics: Concerning the Translation of Jodo Shinshu Texts" 

1992  「摩訶止觀」における経典の使用――新引用学の試み  単独  1992/06 
印度学仏教学学会(於:愛知学院大学)  , 印度学仏教学学会  , --  , --   

概要(Abstract) 「摩訶止觀」における経典の使用について語った。 

備考(Remarks)  

1991  Rethinking Japanese Religion: Recent Japanese Critiques of hongaku shiso  その他  1991/04 
Workshop on “Rethinking Japanese Religion,” (於:University of Cambridge)  , University of Cambridge  , --  , --   

概要(Abstract) 「日本宗教の再検討」をテーマに、袴谷憲昭や松本史朗のいわゆる「批判仏教」を紹介、解説した。 

備考(Remarks)  

1990  Academic Discipline as Spirituality  単独  1990/02 
World Spirituality Conference(於:Fordham University)  , World Spirituality Conference  , ー  , --   

概要(Abstract) 学術研究が一種の「宗教的修行」の役割をはたすことがあることを論じた。 

備考(Remarks)  

1987  Pundarika Symbolism: Chih-i, the Lotus, and the Lotus Sutra  単独  1987/12 
The 2nd International Conference on the Lotus Sutra and Japanese Culture(於:立正大学)  , International Conference on the Lotus Sutra and Japanese Culture  , --  , --   

概要(Abstract) 天台大師智顗の著作における「蓮華」のその象徴的意味を解釈した。 

備考(Remarks)  

1985  天大学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」  単独  1985/06 
印度学仏教学学会(於:仏教大学)  , 日本印度学仏教学学会  , --  , --   

概要(Abstract) 天台学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」を比較した。 

備考(Remarks)  

1983  Chih-i's Interpretation of jneyavarana: An application of the threefold truth theory  単独  1983/06 
XXI International Congress of Human Sciences in Asia and North Africa (CISHAAN)  , Congress of Human Sciences in Asia and North Africa (CISHAAN)  , --  , --   

概要(Abstract) 天台大師智顗における「智障」という概念の解釈を説明し、それが天台仏教の基本的概念である三諦説を通して説明していることを論じた。 

備考(Remarks)  

1982  Tokuichi vs. Kukai: A Look at the Shingonshu miketsumon  単独  1981/07 
4th Annual Conference of the International Association of Buddhist Studies, Madison, Wisconsin  , International Association of Buddhist Studies  , --  , --   

概要(Abstract) 「真言宗未決問」を通して、徳一と空海の関係を論じた。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]