研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

41 件中 21 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1999  宗教学・仏教学と仏教者―学問と宗教活動の関係  単著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 323  , 362-63  , 2000/03   

概要(Abstract) 日本での仏教学と宗教学の研究者が個人の宗教的立場とその学問との関係はどのようものなのか、また、どのように考えられているのかを考察する小論文 

備考(Remarks)  

1999  議論の要約  単著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 323  , 369-73  , 2000/03   

概要(Abstract) 宗教学会での「宗教学・仏教学と仏教者―学問と宗教活動の関係」のパネル討論を要約した小論文 

備考(Remarks)  

1999  Dry Dust, Hazy Images, and Missing Pieces: Reflections on Translating Religious Texts  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , 南山宗教文化研究所  , 23  , 29-43  , 1999/05   

概要(Abstract) 宗教的な文献を漢文や日本語から英訳することはどのようなことを必要とすることを検討したエッセー。 

備考(Remarks)  

1997  Editor's Introduction  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 24/3-4  , 225-70  , 1997/12   

概要(Abstract) 日本における「巡礼」をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies の特集を編集者の序文。日本における巡礼と他国の巡礼の比較、日本の巡礼に関する言葉の解釈、日本における巡礼の研究の紹介などを論じる。 

備考(Remarks) 執筆者:Paul Swanson, Ian Reader 

1997  What’s Going on Here〜 Chih-I’s Use (and Abuse) of Scripture  単著   
Journal of the International Association of Buddhist Studies  , International Asso-ciation of Buddhist Studies  , 20/1  , 1-29  , 1997/06   

概要(Abstract) 天台大師智〜の著書のなかにどの経典が引用され、そしてその引用文はどれだけ正確に引用されているかを探る。また、経典の引用のしかたを解説することによって、天台大師の立場と思想についてどのようなことをいえるのかを考えてみた。 

備考(Remarks)  

1995  Absolute Nothingness and Emptiness in Nishitani Keiji: An Essay from the Perspective of Classical Bu  単著   
The Eastern Buddhist  , Eastern Buddhist Society  , 29/1  , 99-108  , 1996/03   

概要(Abstract) 西谷啓治の思想における「絶対無」と「空」の意味と役割を、伝統的な天台仏教思想と比較し、検討した論文。天台仏教は「無」という概念を捨て、「空・假・中」を取り入れたに関わらず、後の禅仏教が「無」の概念を復興させ、それが京都学派の「絶対無」に発展する。しかし「絶対無」の概念は「空」より適切なのかを論じる。 

備考(Remarks)  

1994  Understanding Chih-i: Through a Glass Darkly  単著   
Journal of the International Association of Buddhist Studies  , The International Association of Buddhist Studies  , 17/2  , 337-60  , 1994/06   

概要(Abstract) 最近天台仏教について英語で出版された2冊―The Great Calming and Contemplation とChih-i and Early Madhyamika―の書評を兼ねて天台大師の著作をどのように読み、解釈すべきかを議論した論文。 

備考(Remarks)  

1993  Tapping the Source Directly: A Japanese Shugendo Apocryphal Text  単著   
Japanese Religions  , NCC Center  , 18  , 95-112  , 1993/06   

概要(Abstract) 修験道で用いられている「仏説三身壽量無辺經」(いわゆる「疑經」)を英訳、解釈した論文。中国に比べて日本で作成されたいわゆる「疑經」は少ないが、この經がその一例である。その内容の紹介と英訳、注釈を収録。 

備考(Remarks)  

1993  「天台三大部」の思想―引用経典をめぐって  単著   
天台学報  , 大正大学天台学会  , 35  , 135-53  , 1901/01   

概要(Abstract) 天台学会での基調講演とその後の討論を記述したもの。講演では天台仏教にとって「三諦思想」が中心であることを強調し、「摩訶止觀」の英訳に元ずく課題を取り上げた。続く討論は講演の課題をとりあげて議論をしたものを収録している。 

備考(Remarks)  

1992  Zen is not Buddhism―Recent Japanese Critiques of Buddha-nature  単著   
Numen  , E.J.Brill  , 40/2  , 115-49  , 1993/03   

概要(Abstract) 袴谷憲昭や松本史朗先生のいわゆる「批判仏教」(「禅は仏教にあらず」等)は何をいわんとしているのかを紹介、解説した論文。袴谷憲昭や松本史朗の論文の紹介、その議論の内容とその意義を論じる。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]