研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

41 件中 31 - 40 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1992  The Innumerable Meanings of the Lotus Sutra  単著   
Dharma World  , 佼成出版  , 19  , 42-43  , 1992/06   

概要(Abstract) 「法華経」の無量義についての小論文。 

備考(Remarks)  

1991  「摩訶止觀」における経典の使用―新引用学の試み  単著   
印度学仏教学研究  , 印度学仏教学会  , 41-2  , 266-70  , 1992/03   

概要(Abstract) 「摩訶止觀」における経典の使用を調べた結果、それはなにを意味しているのかを解釈した。天台大師智?は経典を引用しても、必ずしも「正確的」に引用をしていない。この事例とその意味を論じる。印度学仏教学学会の発表の記述。 

備考(Remarks)  

1991  無量義から導き出される「法華経」の現代的意義  単著   
躍進  , 佼成出版  , 10-91  , 44  , 1991/10   

概要(Abstract) 「法華経」の無量義についての小論文 。 

備考(Remarks)  

1991  Report on the Ten-Year Project to Translate the Mo ho chih kuan into Western Languages  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture   , 南山宗教文化研究所  , 15  , 13-20  , 1991/06   

概要(Abstract) 「摩訶止觀」を英語、仏語、独語などに翻訳するプロジェクトに関するレポート。「摩訶止觀」は天台大師智〜の主な著作の一つであり(いわゆる「天台三大部」の一つ)、完全英訳されたことのないもので、「摩訶止觀」の紹介とそれを英訳などと目的とするプロジェクトについて論ずる。 

備考(Remarks)  

1989  Editors' Introduction  共著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 16/2-3  , 93-100  , 1989/09   

概要(Abstract) 修験道と日本の「山の宗教」 をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies特集の編集者の序文。 

備考(Remarks) 共編者 Royall Tyler 

1987  Editor's Introduction  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 14/2-3  , 71-82  , 1987/09   

概要(Abstract) 日本天台仏教をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies特集の編集者の序文。 

備考(Remarks)  

1986  T'ien-t'ai Studies in Japan  単著   
Cahier d'Extreme-Asie  , Ecole Francaise d'Extreme Orient  , 2/1  , 219-32  , 1986/06   

概要(Abstract) 日本における天台仏教に関する研究を紹介する論文。日本における仏教研究が全世界でもっとも盛んであり、近年日本における天台仏教に関する研究を西洋の学者向けに紹介した。研究の内容、最近の研究傾向、もっとも重要な研究書の紹介、などを収録。 

備考(Remarks)  

1985  天台学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」  単著   
印度学仏教学研究  , 印度学仏教学会  , 34/1  , 52-56  , 1985/12   

概要(Abstract) 天台学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」を比較した印度学仏教学学会の発表の記述。数百年前からは天台学入門書としての「天台四教儀」が広く使われてきたが、「天台四教儀」の教説には「五時八教」の教判が中心であり、天台学入門書としては「天台法華宗義集」の方が適当ではないかと論じる。 

備考(Remarks)  

1985  Chih-i's Interpretation of the Four Noble Truths  単著   
Annual Memoirs of the Otani University Shin Buddhist Comprehensive Research Institute  , Otani University  , 3/1  , 103-31  , 1985/04   

概要(Abstract) 天台大師智〜における「四聖諦」の解釈を調べた論文。天台大師智〜の天台仏教にとって「三諦説」(空・假・中)が中心的であり、仏教の基本教理である「四聖諦」も「三諦説」の構造で解釈されている。 

備考(Remarks)  

1983  Chih-i's Interpretation of jneyavarna: An application of the threefold truth  単著   
Annual Memoirs of the Otani University Shin Buddhist Comprehensive Research Institute  , Otani University  , 1/1  , 51-72  , 1901/01   

概要(Abstract) 天台大師智〜における「智障」という概念の解釈を説明し、それが天台仏教の基本的概念である三諦説を通して説明していることを論じる。「智障」という概念は大乗仏教にとって「小乗仏教」より勝れている点の一つとして教学的に重要な概念。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]