研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

41 件中 1 - 41 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  脳科学と心――Global Perspectives on Science and Spiritualityの報告  単著   
東西宗教研究  , 東西宗教交流学会  , 14-15  , 39-50  , 2016   

概要(Abstract) 以前行われたTempleton FoundationのGlobal Perspectives on Science and Spiritualityプロジェクトの成果と課題について、東西宗教と文化を中心に研究会を毎年開催される東西宗教交流学会で発表した内容を活字にした論文。 

備考(Remarks)  

2012  Dlaczego głoszq, źe zen nie jest buddyzmem. Wspólczesna japońska krytyka idei natury buddy  単著   
Politeja (Studia Buddyjskie)  , Ksiegarnia Akademicka  , 18/4  , 181-203  , 2011   

概要(Abstract) "Why They Say 'Zen is not Buddhism': Recent Japanese Critiques of Buddha-Natureの論文のポーランド語訳。 

備考(Remarks)  

2011  “Tiantai/Tendai”  単著   
Oxford Bibliographies Online: Buddhism  , Oxford University Press; online bibliography  , about 20 pages  , 2011   

概要(Abstract) Oxford University Press, Richard Payne編集によるオンライン文献データーベースに、天台仏教に関する主な出版物(日本語、英語、フランス語、ドイツ語、など)を50件以上選択し、詳しい説明を加えた。中国と日本の天台仏教に関する最新の出版状況を説明した論文。 

備考(Remarks) インターネット上のみで(http://www.oxfordbibliographiesonline.com/)掲載される書誌的データーベース 

2010  ディラン・イン・ジャパン−その魅力と言語の壁−  単著   
現代思想  , 青土社  , 38/6  , 90-94  , 2010/5   

概要(Abstract) ボブ・ディランの歌詞が重要でありながら、英語を母国語としないファンにとって歌詞を理解することはどういうこたか、また言語の壁を越えて曖昧かつ理解しがたい歌詞をどのように把握すべきかを論じている。 

備考(Remarks) 『現代思想』5月臨時増刊号としてボブ・ディランの来日を記念して編集された特集号に掲載された論文。 

2009  日本における『科学と宗教』の対話の意味を問い直す  共著   
『宗教と社会』  , 「宗教と社会」学会  , 15  , 199-216  , 2009/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「宗教と社会」学会で「日本における『科学と宗教』の対話の意味を問い直す」のテーマでパネルを開催し、その内容と成果についての報告を大谷栄一氏と共著で作成した。 

2007  危機の中の科学と宗教――ラフルーア・渡邉両論文へのレスポンス  単著   
第4回陽光文明国際会議 議事録  , 陽光文明研究所  , 2  , 115-27  , 2008/01   

概要(Abstract) 「危機の時代における科学と宗教」を題に、「科学と宗教」の諸問題について、また、William LaFleurと渡邉学の発表に関するコメント、の英語の発表を日本語に書き直して刊行したもの。 

備考(Remarks) 上記34、"Spirit: Bridging the Gap between Science and Religion"の日本語版 

2007  Ch’an and Chih-kuan: T’ien-t’ai Chih-i’s View of ‘Zen’ and the Practice of the Lotus Sutra  単著   
天台学報  , 天台学会  , 特別号  , 143-164  , 2007/10   

概要(Abstract) 平成15年開催国際天台学会発表した「禅と止観ーー天台智〜の禅観と『法華経』における実践」についての内容を論文集として刊行されたもの。 

備考(Remarks)  

2007  Spirit: Bridging the Gap Between Science and Religion  単著   
Science and Religion in the Age of Crisis  , Yoko Civilization Research Institute  , 2  , 101-110  , 2007/08   

概要(Abstract) a response to papers given by Watanabe Manabu and William LaFleur, as well as additional commentary of the topic of science and religion in an age of crisis. 

備考(Remarks) publication of a paper/response given at the Fourth Yoko Civilization International Conference held in September 2005 

2006  道元禅思想研究之管朗  共著   
中国禅学(Chan Studies)  , 4  , 154-58  , 2006/09   

概要(Abstract) 何燕生氏が道元禅師の「正法眼蔵」を中国語翻訳したことをとりあげ、道元禅師の思想とその意義について議論した。梁暁虹氏との共著。 

備考(Remarks)  

2005  Editors' Introduction  共著   
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 32/2  , 191-195  , 2005/11   

概要(Abstract) "Essays from the XIXth World Congress of the IAHR, Tokyo, March 2005"の特集に関しての編集者の紹介文。 

備考(Remarks)  

2005  特別セッション『日本の宗教と宗教研究―――宗教と政治』報告  共著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 79/2 (345号)  , 67-85  , 2005/09   

概要(Abstract) 第19回国際宗教学宗教史会議(IAHR)世界大会において、私と林淳が企画・司会を勤めた特別セッション「日本の宗教と宗教研究ーー宗教と政治」に関する報告である。 

備考(Remarks)  

2005  Reflections on Translating Philosophical and Religious Texts  共著   
Rever  , 4  , 115-36  , 2005/08   

概要(Abstract) 哲学・宗教関連文献を翻訳することについての反省と議論 

備考(Remarks) an essay consisting of a combination of essays by myself and James Heisig 

2005  Science, Kokoro, and Religion: Thoughts on a New Project  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 29  , 20-26  , 2005/06   

概要(Abstract) Global Perspectives on Science and Religionプルジェクト、「科学・こころ・宗教」についての報告と、そのプロジェクトの理論的基礎を提示した論文。 

備考(Remarks)  

2005  科学・こころ・宗教ーー新たなプロジェクトについて  単著   
南山宗教文化研究所研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 15  , 26-32  , 2005/06   

概要(Abstract) Global Perspectives on Science and Religionプルジェクト、「科学・こころ・宗教」についての報告と、そのプロジェクトの理論的基礎を提示した論文。(日本語版) 

備考(Remarks)  

2004  ダルマと「壁観」と梵漢合成語  単著   
駒澤大學仏教学部論集  , 駒澤大學仏教学部  , 35  , 53-68  , 2004/10   

概要(Abstract) 「壁観」の伝統的な解釈を紹介・議論し、この熟語が梵語と漢語の組み合わせ(いわゆる「梵漢合成語」)として梵語のvipasyanaの訳ではないかという新しい提案を提供する。さらに「梵漢合成語」の事例を取り上げ、初期中国仏教にかんする手がかりとして論ずる。 

備考(Remarks)  

2004  「禅批判の諸相」  単著   
思想  , 岩波書店  , 960  , 124-34  , 2004/04   

概要(Abstract) 「禅研究の現在」特集に掲載された、最近、主に西洋諸国に見られる「禅批判」を紹介・分析した論文 

備考(Remarks)  

2002  Japan Society for Buddhist-Christian Studies  単著   
Buddhist-Christian Studies  , University of Hawaii Press  , 22  , 189  , 2002/09   

概要(Abstract) 日本東西交流学会の2001年7月の学会内容についての報告 

備考(Remarks)  

2002  Religion as a Social Problem: The 11th Nanzan Symposium  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , 南山宗教文化研究所  , 26  , 8-18  , 2002/05   

概要(Abstract) 南山宗教文化研究所第11回シンポジウム「宗教と社会問題の<あいだ>」に関しての報告 

備考(Remarks)  

2001  “Thoughts on the Translation of Buddhist Texts into English,”  その他   
印度学仏教学研究  , 印度学仏教学会  , 50/1  , 11-18  , 2001/12   

概要(Abstract) 仏典を英訳する作業はどのような難点とチャレンジを含むのか、また現在は仏典の英訳はどのような状況におかれているのかを検討した小論文。 

備考(Remarks)  

2000  “Dandala, Dharani and Denarii: A T’ien-t’ai Perspective on The Great Vaipulya Dharani Sutra,”  その他   
Buddhist Literature  , Indiana University  , 2  , 197-233  , 2001/01   

概要(Abstract) 『大方等陀羅尼経』の研究と一部英訳 

備考(Remarks)  

1999  宗教学・仏教学と仏教者―学問と宗教活動の関係  単著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 323  , 362-63  , 2000/03   

概要(Abstract) 日本での仏教学と宗教学の研究者が個人の宗教的立場とその学問との関係はどのようものなのか、また、どのように考えられているのかを考察する小論文 

備考(Remarks)  

1999  議論の要約  単著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 323  , 369-73  , 2000/03   

概要(Abstract) 宗教学会での「宗教学・仏教学と仏教者―学問と宗教活動の関係」のパネル討論を要約した小論文 

備考(Remarks)  

1999  Dry Dust, Hazy Images, and Missing Pieces: Reflections on Translating Religious Texts  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , 南山宗教文化研究所  , 23  , 29-43  , 1999/05   

概要(Abstract) 宗教的な文献を漢文や日本語から英訳することはどのようなことを必要とすることを検討したエッセー。 

備考(Remarks)  

1997  Editor's Introduction  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 24/3-4  , 225-70  , 1997/12   

概要(Abstract) 日本における「巡礼」をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies の特集を編集者の序文。日本における巡礼と他国の巡礼の比較、日本の巡礼に関する言葉の解釈、日本における巡礼の研究の紹介などを論じる。 

備考(Remarks) 執筆者:Paul Swanson, Ian Reader 

1997  What’s Going on Here〜 Chih-I’s Use (and Abuse) of Scripture  単著   
Journal of the International Association of Buddhist Studies  , International Asso-ciation of Buddhist Studies  , 20/1  , 1-29  , 1997/06   

概要(Abstract) 天台大師智〜の著書のなかにどの経典が引用され、そしてその引用文はどれだけ正確に引用されているかを探る。また、経典の引用のしかたを解説することによって、天台大師の立場と思想についてどのようなことをいえるのかを考えてみた。 

備考(Remarks)  

1995  Absolute Nothingness and Emptiness in Nishitani Keiji: An Essay from the Perspective of Classical Bu  単著   
The Eastern Buddhist  , Eastern Buddhist Society  , 29/1  , 99-108  , 1996/03   

概要(Abstract) 西谷啓治の思想における「絶対無」と「空」の意味と役割を、伝統的な天台仏教思想と比較し、検討した論文。天台仏教は「無」という概念を捨て、「空・假・中」を取り入れたに関わらず、後の禅仏教が「無」の概念を復興させ、それが京都学派の「絶対無」に発展する。しかし「絶対無」の概念は「空」より適切なのかを論じる。 

備考(Remarks)  

1994  Understanding Chih-i: Through a Glass Darkly  単著   
Journal of the International Association of Buddhist Studies  , The International Association of Buddhist Studies  , 17/2  , 337-60  , 1994/06   

概要(Abstract) 最近天台仏教について英語で出版された2冊―The Great Calming and Contemplation とChih-i and Early Madhyamika―の書評を兼ねて天台大師の著作をどのように読み、解釈すべきかを議論した論文。 

備考(Remarks)  

1993  Tapping the Source Directly: A Japanese Shugendo Apocryphal Text  単著   
Japanese Religions  , NCC Center  , 18  , 95-112  , 1993/06   

概要(Abstract) 修験道で用いられている「仏説三身壽量無辺經」(いわゆる「疑經」)を英訳、解釈した論文。中国に比べて日本で作成されたいわゆる「疑經」は少ないが、この經がその一例である。その内容の紹介と英訳、注釈を収録。 

備考(Remarks)  

1993  「天台三大部」の思想―引用経典をめぐって  単著   
天台学報  , 大正大学天台学会  , 35  , 135-53  , 1901/01   

概要(Abstract) 天台学会での基調講演とその後の討論を記述したもの。講演では天台仏教にとって「三諦思想」が中心であることを強調し、「摩訶止觀」の英訳に元ずく課題を取り上げた。続く討論は講演の課題をとりあげて議論をしたものを収録している。 

備考(Remarks)  

1992  Zen is not Buddhism―Recent Japanese Critiques of Buddha-nature  単著   
Numen  , E.J.Brill  , 40/2  , 115-49  , 1993/03   

概要(Abstract) 袴谷憲昭や松本史朗先生のいわゆる「批判仏教」(「禅は仏教にあらず」等)は何をいわんとしているのかを紹介、解説した論文。袴谷憲昭や松本史朗の論文の紹介、その議論の内容とその意義を論じる。 

備考(Remarks)  

1992  The Innumerable Meanings of the Lotus Sutra  単著   
Dharma World  , 佼成出版  , 19  , 42-43  , 1992/06   

概要(Abstract) 「法華経」の無量義についての小論文。 

備考(Remarks)  

1991  「摩訶止觀」における経典の使用―新引用学の試み  単著   
印度学仏教学研究  , 印度学仏教学会  , 41-2  , 266-70  , 1992/03   

概要(Abstract) 「摩訶止觀」における経典の使用を調べた結果、それはなにを意味しているのかを解釈した。天台大師智?は経典を引用しても、必ずしも「正確的」に引用をしていない。この事例とその意味を論じる。印度学仏教学学会の発表の記述。 

備考(Remarks)  

1991  無量義から導き出される「法華経」の現代的意義  単著   
躍進  , 佼成出版  , 10-91  , 44  , 1991/10   

概要(Abstract) 「法華経」の無量義についての小論文 。 

備考(Remarks)  

1991  Report on the Ten-Year Project to Translate the Mo ho chih kuan into Western Languages  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture   , 南山宗教文化研究所  , 15  , 13-20  , 1991/06   

概要(Abstract) 「摩訶止觀」を英語、仏語、独語などに翻訳するプロジェクトに関するレポート。「摩訶止觀」は天台大師智〜の主な著作の一つであり(いわゆる「天台三大部」の一つ)、完全英訳されたことのないもので、「摩訶止觀」の紹介とそれを英訳などと目的とするプロジェクトについて論ずる。 

備考(Remarks)  

1989  Editors' Introduction  共著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 16/2-3  , 93-100  , 1989/09   

概要(Abstract) 修験道と日本の「山の宗教」 をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies特集の編集者の序文。 

備考(Remarks) 共編者 Royall Tyler 

1987  Editor's Introduction  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , 南山宗教文化研究所  , 14/2-3  , 71-82  , 1987/09   

概要(Abstract) 日本天台仏教をテーマにしたJapanese Journal of Religious Studies特集の編集者の序文。 

備考(Remarks)  

1986  T'ien-t'ai Studies in Japan  単著   
Cahier d'Extreme-Asie  , Ecole Francaise d'Extreme Orient  , 2/1  , 219-32  , 1986/06   

概要(Abstract) 日本における天台仏教に関する研究を紹介する論文。日本における仏教研究が全世界でもっとも盛んであり、近年日本における天台仏教に関する研究を西洋の学者向けに紹介した。研究の内容、最近の研究傾向、もっとも重要な研究書の紹介、などを収録。 

備考(Remarks)  

1985  天台学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」  単著   
印度学仏教学研究  , 印度学仏教学会  , 34/1  , 52-56  , 1985/12   

概要(Abstract) 天台学入門書としての「天台四教儀」と「天台法華宗義集」を比較した印度学仏教学学会の発表の記述。数百年前からは天台学入門書としての「天台四教儀」が広く使われてきたが、「天台四教儀」の教説には「五時八教」の教判が中心であり、天台学入門書としては「天台法華宗義集」の方が適当ではないかと論じる。 

備考(Remarks)  

1985  Chih-i's Interpretation of the Four Noble Truths  単著   
Annual Memoirs of the Otani University Shin Buddhist Comprehensive Research Institute  , Otani University  , 3/1  , 103-31  , 1985/04   

概要(Abstract) 天台大師智〜における「四聖諦」の解釈を調べた論文。天台大師智〜の天台仏教にとって「三諦説」(空・假・中)が中心的であり、仏教の基本教理である「四聖諦」も「三諦説」の構造で解釈されている。 

備考(Remarks)  

1983  Chih-i's Interpretation of jneyavarna: An application of the threefold truth  単著   
Annual Memoirs of the Otani University Shin Buddhist Comprehensive Research Institute  , Otani University  , 1/1  , 51-72  , 1901/01   

概要(Abstract) 天台大師智〜における「智障」という概念の解釈を説明し、それが天台仏教の基本的概念である三諦説を通して説明していることを論じる。「智障」という概念は大乗仏教にとって「小乗仏教」より勝れている点の一つとして教学的に重要な概念。 

備考(Remarks)  

1981  Shugendo and the Yoshino-Kumano Pilgrimage: An Example of Mountain Pilgrimage  単著   
Monumenta Nipponica  , Sophia University  , Vol.36No.1  , 55-84  , 1901/01   

概要(Abstract) 吉野・熊野奥岳の入峰を紹介、解釈した論文。数年かけて吉野・熊野奥岳の入峰を経験し、それに元ずき修験道の基礎的教学と修行を紹介する。著者が撮った吉野・熊野奥岳の写真も収録。修士論文の一部。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]