研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

29 件中 21 - 29 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1994  アントニオ・デ・ペトロ『イル・クエスト−レ』神秘への直感と理性の探求  単著   
名古屋聖霊短期紀要第  , 名古屋聖霊短期大学  , 15  , 53‐60  , 1995/03   

概要(Abstract) アントニオ・デ・ペテロは日本ではほとんど知られていない作家である。しかし本国イタリアにおいても無名に近い。それは、彼の作品に商業メリットがないからだろう。しかし近い将来、デ・ペテロはキリスト教文学の天才作家として世に認められることは間違いない事実である。世間のアンバランス、論理の破壊、資本主義下の不正、物質主義、消費主義、政治の堕落の中で精一杯生きる主人公はグレアム・グリーンが描く主人公に通ずるものがある。自分の限界を知ってもなお、謙遜に神の慈しみに身をゆだねるからである。
本論文は、デ・ペテロの第2の作品『イル・クエストーレ』の主人公の人生観を考察した。目に映る現実の後ろにひそむ深い真実を主人公とともに探し、この生き方を若い世代にアピールすることも目的の一つである。


 

備考(Remarks) 本『声ー人間とその魂』(1996年、ドン・ボスコ社)の一部となった。 

1992  (Pretesa) cristiana e culture−Il lavoro missionario della Chiesa cattolica in Giappone− (他文化に対してのキリスト教の法外な要求)  単著   
名古屋聖霊短期紀要  , 名古屋聖霊短期大学  , 13  , 85-97  , 1993/03   

概要(Abstract) 宣教が自由な時代になっても、日本におけるキリスト教徒数はわずかである。キリスト教は日本でどのように認識されているのだろうか。キリスト教は未だに明治時代と同じようにヨーロッパ文明の一部というイメージのままであり、普遍的で生きる希望を与える思想として十分に理解されていないと思われる。また、実証主義に基づく現代社会の価値観とキリスト教的人生観が対極にあることも一つの原因と考えられる。本論文は宣教活動に関するこれらの課題を分析した。 

備考(Remarks) イタリア語 

1990  ジャコモ・レオパルディとジュセッぺ・ウンガリッティー「永遠の渇望」  単著   
名古屋聖霊短期紀要  , 名古屋聖霊短期大学  , 11  , 101-116  , 1991/03   

概要(Abstract) Giacomo LeopardiとGiuseppe Ungarettiはイタリア文学における最も偉大な詩人である。二人の詩人は、作品を通して自分の存在の原点と意義を探求した。本論文では、彼らの幾つかの詩を取り上げ、時代と人生観の異なる点を比較しながら、共通する「崇高なる感性」に焦点を当て、人間存在の問いかけの継続性を永遠の渇望として論考した。異文化との出会いは、人間の共通の精神から始まるという仮説を紹介した。

 

備考(Remarks)  

2018  Christianity and nationalism in Japan. From the End of the Meiji Era to the Fifteen Years War  単著   
Urbaniana University Journal  , Urbaniana University Press  , LXXI  , pp.143-183  , 2018/03   

概要(Abstract) Between the end of the nineteenth century and the first half of the twentieth century, after the persecutions of the period known as kirishitan jidai, the Church had to go through another period of great suffering: that of the imposition of state Shinto, of wars with China, Russia and United States, up to the two atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki. It was only after the Second World War that the Church finally could be free to witness her preference to Christ, rather than to the Japanese state. Why did the Meiji reformers choose, in the process of modernizing Japan, the way of the emperor's cult to unify the people? How did Christians face this religious-political system imposed by the Meiji era on?
I wanted to retrace some stages of this history of conflict, heroism and suffering of the Christian community which also ended up compromising with an extreme nationalism in one of the most tormented times in Japanese History.
 

備考(Remarks) イタリア語 

2017  Christianity between the end of the Tokugawa era and the beginning of the Meiji imperial Restoration: the last persecution.  単著   
Urbaniana University Journal  , Urbaniana University Press  , LXX/2 2017  , pp. 151-186  , 2017/08   

概要(Abstract) The article is an attempt to relate and discuss the difficulties and struggles of those whom Bernard Petitjean called "dear little flock", i.e., the Japanese Christians. What were the reasons why the change of government from the Shogunate to Meiji Reform did not immediately lead to end the persecution of Christians? Why were 3,414 Christians, including women and children, deported from their village of Urakami? In order to facilitate a better understanding of these complex issues, the author also presents the life and courageous testimonies of Takagi Senuemon and his companions.  

備考(Remarks) イタリア語 

2016  Mission in Japan. The Beginnings: power and glory  単著   
Urbaniana University Journal  , Urbaniana University Press  , LXIX/3 2016  , pp. 101-136  , 2016/03   

概要(Abstract) Treasuring her twenty eight years of life in Japan, the author's aim is to outline the reasons why the early missions between XVI and XVII centuries had been so successful and why the Japanese government had relentlessly tried to eradicate Christianity from the Country. Is it likely to compare Japanese culture to a 'swamp', thus preventing Christianity to take roots on this soil? Was it an issue of religious differences or of other kind?


 

備考(Remarks) イタリア語 

2004  Christianity and the Catholic Church in Japanese High School Textbooks (日本の高等学校の教科書におけるキリスト教とカトリック教会の紹介)  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 28  , 55-106  , 2005/02   

概要(Abstract) 第2次世界大戦後、宗教科目は学校教育のカリキュラムから外され、また教科書からも特定宗教の紹介は削除された。しかし、歴史上重要な要素としての宗教は紹介され続けた。本研究は、教科書に関するものである。日本の高等学校が使用する世界史と倫理の教科書がキリスト教とカトリック教会をどのように紹介しているかを分析した。このテーマの先行研究は、1970年代、上智大学の3人の学者によって行われ、その後30年を経た現在、彼らの研究結果がどのように変化したかを考察し、キリスト教に対する新たな歴史的理論が生じたかどうかを分析した。そして、キリスト教の紹介方法に関する問題点を取り上げ、宗教をより正しく教えるための提案を試みた。 

備考(Remarks) 英語 

2003  Education and mission in Japan in the Modern Age (近代日本における宣教と教育)  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 27  , 113-142  , 2004/02   

概要(Abstract) 日本においてキリシタン弾圧は公に1873年に終わったにもかかわらず、キリスト教は1945年まで妨げられたと言えよう。
本論文の目的は、明治、大正、昭和初期の、特に教育の分野における反キリスト教的な精神を調べることである。
このような無理解に関して未だにディベートが続いているが、西洋世界における19世紀のキリスト教の危機、そして近代化に無力と判断されたキリスト教に原因があるのではないかと考える。 

備考(Remarks) 英語 

1985  Marcello Mastrilli,una vita per le missioni (マルチェッロ・マストリッリ、宣教のための人生)  単著   
Archivum Historicum Societatis Iesu  , Institutum Historicum Societatis Iesu  , 54  , 333-345  , 1985/09   

概要(Abstract) マルチェッロ・マストリッリはイタリア人のイエズス会宣教師であり、1637年に長崎で殉教した。日本に愛を奉げた短い生涯であった。本論文は、マストリッリが幼い頃から34歳で殉教するまでに書いた未公表の手紙のうち、東洋の宣教にかけた彼の情熱を紹介した。
 

備考(Remarks) イタリア語、学位論文要約。
 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]