研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

20 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  On the Asymmetries in Passives between Japanese and Korean  学会招待講演  その他 
日本英語学会第27回大会  , 日本英語学会(於:大阪大学豊中キャンパス)  , 2009/11   

概要(Abstract) 日本語の受身文「太郎が花子に髪を切られた」には「髪」が「太郎」のものである解釈と「花子」のものである解釈の2通りがあるが、韓国語の対応する受身文には後者の解釈はない。また、韓国語には日本語の「太郎が花子に泣かれた」のような自動詞語幹の間接受身文も存在しない。これらの事実はWashio (1992)などで論じられているが、本稿ではさらに日韓語の受身文における違いとヤリ・モライ表現における違いを関係づけ、日本語にはTPより高い位置に適用句(Applicative Phrase)が存在すると仮定すれば、すべてを統一的に説明することができると提案した。すなわち、このことは自然言語がPylkkänen (2000, 2008)、McGinnis (2001)らの提案する2つの適用句に加えて第3の適用句を許容することを意味する。 

備考(Remarks)  

2009  On the Left-edge Puzzle: How Do Syntax and Phonology Interact with Information Structure?  シンポジウム発表  その他 
東北大学大学院文学研究科公開シンポジウム「統語構造と文脈−言語認知脳科学の可能性−」  , 東北大学(川内南キャンパス)  , 2009/06   

概要(Abstract) Aoyagi (2006)で提案した、日本語においてかきまぜ規則で文頭に置かれた要素は「焦点」の解釈を受けるという仮説が、音韻的にも支持されることを示した。さらに、Vallduví (1992, 1995)の提案を修正して、2種類のinformation packagingを認めれば、統語構造と情報構造の間の写像がより透明化されうる可能性を示唆した。 

備考(Remarks)  

2008  On the Left-edge Puzzle: How Does Scrambling Interact with Semantics and Information Structure?  ワークショップ発表  共著 
the First Workshop for the International Research Project on Comparative Syntax and Language Acquisition  , 南山大学言語学研究センター  , 2008/11   

概要(Abstract) 日本語においては、ハ句を文頭に置く操作がもっぱら主題化であるのに対し、かきまぜ規則である句を文頭に置くと、その句は「焦点」の解釈を受けるというAoyagi (2006)の仮説が音韻的にも支持されることを示した。さらに、Vallduví (1992, 1995)の提案を修正して、2種類のinformation packagingを認めれば、統語構造と情報構造の間の写像がより透明化されうる可能性を示唆した 

備考(Remarks)  

2007  南山大学連続講演会講演集「教養教育への扉」  その他  共著 
(株)N.E.S.  , 194p  , 2008/03   

概要(Abstract) 2007年度に開催した南山大学連続講演会「教養教育への扉」(全8回)の講演をまとめた講演集。各回とも今日的な問題を学問横断的にさまざまな視野から検討し、それを実践に移していく教養を学ぶものとして開催された。
本著者は「ことばの不思議」と題して、言語獲得における「プラトンの問題」を中心に、われわれの母語に関する知識が先天的、遺伝的形質(すなわち、普遍文法)にしばられていることを論じた(pp.73-100)。 

備考(Remarks) 編者:浜名優美 共著者:真野倫平、宮澤元、藤原道夫、青柳宏、渡辺義和、森千香子、江田信豊、林雅代 

2007  ことばの獲得の不思議  寄稿  単著 
きんか  , 近畿化学工業界  , 2008年3月号  , 1-5  , 2008/03   

概要(Abstract) 母語の獲得にまつわる不思議を外国語学習との相違、言語資料の貧弱さ(刺激の貧弱さ)、「プラトンの問題」、新語の創造などの観点から一般読者に分かりやすく論じた。 

備考(Remarks)  

2007  日本語におけるかきまぜ規則の意味的、情報構造的影響について  ワークショップ招待講演  その他 
2008年第1回大阪大学外国語学部Syntax Workshop  , 大阪大学(箕面キャンパス)  , 2008/01   

概要(Abstract) 日本語におけるかきまぜ規則が、たとえSaito (1989)がいう意味で空(すなわち、量化子−変項構造は作らない)であったとしても、数量詞の作用域や焦点など、意味的、情報構造的な影響はあることを論じた。 

備考(Remarks)  

2007  日本語におけるかきまぜ規則の意味的、情報構造的影響について  学術招待講演  その他 
大阪大学ゲストスピーカープログラム  , 大阪大学(豊中キャンパス)  , 2008/01   

概要(Abstract) 日本語におけるかきまぜ規則が、たとえSaito (1989)がいう意味で空(すなわち、量化子−変項構造は作らない)であったとしても、数量詞の作用域や焦点など、意味的、情報構造的な影響はあることを論じた。 

備考(Remarks)  

2007  とりたて詞の統語的、形態的ふるまいについて  学会招待講演  その他 
日本語文法学会第8回大会  , 日本語文法学会(於:筑波大学)  , 2007/10   

概要(Abstract) 奥津(他)以来、「とりたて詞」として一括されることが多い係助詞と副助詞の区別が、助詞の連結順序、焦点結合の最大領域の広狭などから、必要であることを論じた。 

備考(Remarks) シンポジウム「取り立て研究の可能性」招待講演 

2007  Causatives Meaning Passive Revisited  学会招待講演  その他 
Morphology and Lexicon Forum 2007  , Morphology and Lexicon Forum(於:神戸大学)  , 2007/07   

概要(Abstract) 韓国語において使役形態素と受動形態素が同形でありうるのは、どちらの派生にも複数の軽動詞vが関与しているためで、それゆえHalle & Marantz (1993)の語彙挿入(vocabulary insertion)では区別されないからだと論じた。 

備考(Remarks)  

2006  On morphological merger: a perspective from Japanese and Korean  研究会招待講演  その他 
仙台地区言語学研究会(SACL)  , 東北学院大学  , 2007/02   

概要(Abstract) 形態的併合については、従来隣接条件だけを満たせばよいと考えられてきたが、これを広く認められている主要部上昇、または主要部下降に帰する可能性について検討した。日本語や韓国語の動詞重複構造などのデータを合理的に説明するためには、韓国語ではPF部門において主要部上昇が起こると考えるのが妥当であるが、日本語においてAoyagi (2006)で提案した主要部下降による分析には概念的、経験的問題があり、むしろFukui and Takano (1998)で提案された線形化の副産物であると考えた方がよいことを主張した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]