研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

16 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2012  現代社会における経済状況と自殺:デュルケムの『自殺論』における貧困概念の検討  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第27巻第1号  , pp.41-56  , 2012/06   

概要(Abstract) デュルケムの『自殺論』における貧困概念と、今日の貧困との違いについての比較と分析。デュルケムにおける貧困概念は、統合された貧困であるのに対し、今日の貧困は剥奪された貧困である。このことから、デュルケムのいう『貧困の抑止力」が20世紀以降は、発展途上国には引き続き当てはまるものの、経済的に豊かな先進国には当てはまらないという統計的事実について論じた。 

備考(Remarks)  

2010  デュルケムの自殺論と現代日本の自殺:日本の自殺と男女の関係性の考察に向けて  単著   
関西学院大学社会学部紀要  , 関西学院大学社会学部  , 112号  , pp.7-18  , 2011/03   

概要(Abstract) Emile Durkheim’s unique analysis of suicide is well known. Using social statistics, he
attempted to find the causes of suicide exclusively in social factors and not in
individualistic factors. He believed that suicide could shed light on society and this article
is an introduction to a study that analyzes suicide in contemporary Japan from the
Durkheimian perspective.
Suicide rates in 20th century western countries are drastically altered from the 19th
century, when Durkheim researched them. Analyzing several current studies on suicide,
this article suggests an interpretive perspective that focuses on the rapidly changing form
of the relationship between men and women in Japan, where high suicide rates have lasted
more than ten years. 

備考(Remarks)  

2010  プライバシー意識からみる社会序説:ゴフマン社会学による社会変化の分析の可能性  単著   
東海社会学会年報  , 東海社会学会  , 2号  , 109-121  , 2010/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  質的社会調査とプライヴァシー: 質的調査, モラリティのまなざし, 社会の物語  単著   
先端社会研究  , 関西学院大学大学院社会学研究科21世紀COEプログラム  , 6号  , 23-47  , 2007/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  プライバシーとE.ゴフマンの社会学  単著   
アカデミア人文・社会科学編  , 南山大学  , 76  , 42  , 2003/01   

概要(Abstract) ゴフマンの社会学における二つの大きなテーマ、すなわち個人の自己演技と個人への儀礼は、いずれもプライバシーと深く関連している。本論では、これら二つのテーマの相互連関を、ゴフマンのアサイラム研究を通じて考察することで、近代の自己の意味のゴフマン的な理解を探求する。 

備考(Remarks)  

2001  現代の社会関係と敬語の可能性:ブラウンとレヴィンソンのポライトネス論を手がかりに  単著   
言語  , 大修館書店  , 34-42  , 2001/11   

概要(Abstract) E.ゴフマンの議論を用いて敬語を研究した,ブラウンとレヴィンソンの著作を通じて,現代日本社会の敬語について社会学的観点から考察した。 

備考(Remarks)  

2001  他人のまなざしとアイデンティティ  単著   
研修紀要  , 日本理容美容教育センター  , 122  , 36-39  , 2001/08   

概要(Abstract) 個人のアイデンティティと他人のまなざしとの関わりが現代社会においていかに変容してきているかについて考察した。 

備考(Remarks)  

2000  他人の風景化と劇場的まなざし:日常生活の劇場化  単著   
現代のエスプリ  , 至文堂  , 400号  , 142-151  , 2000/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  近代の覗き趣味とプライバシー意識  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第15巻第1号  , pp.39-53  , 2000/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1999  消費空間と非日常性:ショッピング・センターの集まりの構造の理解のために  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 14巻1・2号  , 333-344  , 1999/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]