研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

27 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2023  Negotiatorをめぐるヨハン・アウグスト・エルネスティ(1707-1781)  単独  2023/03/13 
日本ローマ法学会   

概要(Abstract) Negotiatorについて、イタリアの人文主義者シゴニオ(Carlo Sigonio, Sigonius, 1524-1584)、フランス人人文主義法学者オトマン(François Hotman Hotomanus, 1524-1590)をごく簡単に見た後に、ドイツのエルネスティ(Johann August Ernesti, 1707-1781)のDe Negotiatoribus Romanis1764,1776の中身を、キケロをはじめとする援用文献箇所にあたりつつ紹介し、実証主義以前のローマの制度叙述の一例を提示した。 

備考(Remarks)  

2019  Some contributions of four humanist scholars to our knowledge of Roman legal institutions  未設定  2019/09/05 
SIHDA  , Edingbough Law School   

概要(Abstract) いわゆる古事学的視点からローマ法を研究したCarlo Sigonio (1520-1584), Sibrandus Tetardus Siccama (1571-1622), Alexander Adam (1741-1809) Wilhelm Rein (1809-1865)を取り上げ、19世紀の歴史法学派や実証主義において忘れ去られた彼らの業績を概観した。 

備考(Remarks)  

2018  不倫遺言の訴とパウルス法文D. 5.2.19について  単独  2019/03/14 
日本ローマ法学会研究大会  , 日本ローマ法学会   

概要(Abstract) ローマ法の準則Nemo pro parte testatus pro parte intestatus decedere potestに関する難解法文D. 5.2.19について、ローマ相続法に関するVociによる浩瀚な教科書の叙述とは異なる理解や、キュジャースのパウルス註解を出発にしながら、Voci以来の主としてイタリアの近年の学説を紹介した。 

備考(Remarks)  

2018  Beiträge zur humanistichen Jurisprudenz ―Von Lorenzo Valla bis Antoine Favre―  単独  2018/09/10 
Montagsrunde am Institut für Neuere Privatrechtsgeschichte  , Institut für Neuere Privatrechtsgeschichte   

概要(Abstract) Lorenzo Valla(1407-1457) , Barnabé Brisson(1531-1591)から、Guillaume Budé (1467-1540)を経て、Jacques Cujas (1522-1590),Antoine Favre(1557-1624)に至る人文主義法学者の功績を概観し、パンデクテン法学以前の蓄積を紹介した。 

備考(Remarks)  

2018  相続法における2つの準則理解のための人文主義法学  単独  2018/03/18 
日本ローマ法学会 研究大会  , 日本ローマ法学会   

概要(Abstract) ローマ法の準則Semel heres semper heresに関するD. 36.1.44(43)及びその解釈、並びにNemo pro parte testatus pro parte intestatus decedere potestとの関連での百人官法廷の判決をめぐる史料を紹介した。 

備考(Remarks)  

2017  L’influence de Charles du Moulin, juriste humaniste, sur le régime juridique  単独  2017/05 
Rencontre d’historiens du droit sous d’égide du Centre interfacultaire d’histoire du droit et du droit romain (CIHDDR)  , Centre interfacultaire d’histoire du droit et du droit romain (CIHDDR)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Notes sur Grotius De iure belli ac pacis t.3,chap.XX.paragraphes 11 et 48  単独  2016/09/14 
Societe internationale Fernand de Visscher pour l'histoire des droits de l'antiquite LXXe session  , Universite Pantheon-Assass Paris II   

概要(Abstract) グロティウス『戦争と平和の法』がティティウスから借用した表現ex formula iuris antiquiを詳細に検討するとともに、国際関係における占有につき、プーフェンドルフやティティウスとの比較を行ない、後者とりわけティティウスが問題をより法学的に鋭く把握していたことをフランス語で報告した。 

備考(Remarks)  

2014  Lorenzo Valla e i suoi successori sulla terminologia romana relativa agli immobili  単独  2014/09/18 
68 Sesson de la Societe Internationle Fernand De Vischer pour l'Histoire des Droit de l'Antiquite  , SIHDA   

概要(Abstract) 人文主義者ヴァッラによる、土地、農場、占有(地)をローマ法及びローマ法学批判につき、後の学者がどのように評価したかを紹介するとともに、この前史からニーブールに始まる19世紀の実証主義の特色を浮き彫りにした。 

備考(Remarks)  

2013  Bemerkungen zu zwei als Beleg fuer den Satz "semel heres semper heres" angefuehrten Stellen: Ulp. D. 4.4.7.10 und Gai. D. 28.5.89  単独  2013/09/12 
Société Internationale Fernand De Visscher pour l'Histoire des Droits de l'Antiquité-SIHDA   , Universität Salzburg    

概要(Abstract) ローマの法格言「一旦相続人となれば常に相続人」が19世紀以降のヨーロッパの相続法教科書で用いられる議論とは別の議論に用いられていたこと、後期人文主義のあまり有名でない法学者たちが明晰な解釈を行なっていたことをドイツ語で報告した。3月に日本で開催された学会報告で指摘を受けたことを踏まえ、より深い考察を行なった。 

備考(Remarks)  

2012  Bemerkungen zu einigen für den Satz ”semel heres semper heres” angeführten Stellen, besonders zu D. 4.4.7.10 und D. 28.5.89.  単独  2013/03/26 
ローマ法コロキウムVertiefung der mehrstufigen Exegesen im römischen Recht   

概要(Abstract) 福岡で開催されたローマ法の国際シンポジウムにおいて、有名な法原則semel heres, semper heresの証左として援用されるローマ法文について、法文が論じていた法律問題を中世法学、人文主義法学の著作を頼りに明らかにし、同時に近代ヨーロッパ語訳間の理解の齟齬がどこから来るのかをドイツ語で報告した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]