研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

43 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2023  フランチェスコ・ルクレーツィ「アントニウス・シルウァヌスの遺言(Testamentum Antonii Silvani)」  翻訳  共訳 
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 30号  , 16 p.  , 2024/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  木庭顕『人文主義の系譜』  書評  単著 
法制史研究  , 72  , pp. 453-469  , 2023/03/30   

概要(Abstract) 政治的・法的観念体系成立の諸前提、Lorenzo VallaのElegantiae,MachiavelliのMandoragola、MoiêreのHarpagon、Gravina、Pocock、SavignyとNiehbur、MomiglianoとLeporeに関する研究につき、難解な書籍の入門となるべく、注目すべき主張や観点の覚書を試みた。 

備考(Remarks)  

2023  アントニウス・シルウァヌスの遺言(Testamentum Antonii Silvani)  翻訳  共訳 
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 30号  , 1-16頁  , 2014/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  マリア・テレーザ・ヒメネス=カンデーラ「テクストとコンテクスト:日常生活の法律碑文」  翻訳  共著 
南山法学  , 44巻1号  , pp. 139-160  , 2020/09   

概要(Abstract) ヒメネス=カンデーラ教授による南山大学での講演原稿の共訳。WieackcerによるTextstufenに関する画期的な著作出版から60年の間の、古典期法学者に関する個別研究の概観が行われ、さらに一つの墓碑の分析を披露し、ローマ法学の研究動向の紹介である。 

備考(Remarks) 佐々木健教授(京都大学)との共訳 

2019  ウールリッヒ・マンテ「被解放者(解放奴隷)を相続する権利」  翻訳  共著 
南山大学  , 43/1  , 40  , 2019/09   

概要(Abstract) これまで、体系的・網羅的に整理がなされていなかった表題の問題についての包括的解説の講演原稿の邦訳。佐々木健先生(京都大学)との共訳 

備考(Remarks)  

2018  ジャン・ルイ・アルペラン 歴史法学派の後退あるいはサヴィニー(1779-1861)の方法論の衰退ー法の抵触(国際私法)と方法論を中心に  翻訳  共訳 
南山法学  , 南山大学法学会  , 42/2  , 21  , 2019/02   

概要(Abstract) パリ高等師範学校法学教授アルペラン氏による南山大学での講演原稿の、土志田佳枝先生(愛知産業大学)との共訳である。近代国際私法の新たな枠組を構築したサヴィニーの方法論と、その後の批判的な諸学説を、とりわけ方法論に注目し、概観したもの。 

備考(Remarks)  

2018  マリオ・アスケーリ 淫蕩罪に関する16世紀ピエモンテ法院の一判決  翻訳  単訳 
南山法学  , 南山大学法学会  , 42/1  , 37  , 2018/10   

概要(Abstract) アスケーリ氏による、上智大学で開催されたローマ法研究会での講演原稿の翻訳である。旧体制下で出版された夥しい数にのぼる、今日の判例集に対応する判決理由を報告したDecisionesの例として、ピエモンテ法院の一報告について、イタリア後での紹介文、ラテン語原文の邦訳に加え、多数の引用文献(ラテン語)の重要箇所を調査し、訳者脚註で引用したもの。 

備考(Remarks)  

2017  ウルリケ・バビュジョー「トーピクと法学 パピニアヌス『質疑録』(D.35.1.72)における立論の構造」   翻訳  共訳 
南山法学  , 南山法学会  , 41/2  , 24  , 2018/02/26   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  パオラ・マッフェーイ「中世普通法における写字業者保護 留置権をめぐって」   翻訳  単著 
南山法学  , 南山法学会  , 41/1  , 50  , 2017/10/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  ドイツ近現代法学への歩み  翻訳  共著 
信山社  , 48  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2〔第5章〕近世における例外法規の解釈、及び3〔第7章〕近世における弁論術と法学的解釈学(p.69~116) 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]