研究者詳細

教育活動
分割表示   全件表示 >>

13 件中 1 - 10 件目

年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2013  スペイン語実習の引率 

場所:サラマンカ大学
(スペイン・ラテンアメリカ学科の学生35名、およびもう1人の教員とともに、サラマンカ大学での語学研修を中心に、歴史的・文化的遺産を所有するスペイン各地を訪問した。) 

2014.02.25-2014.03.26 
2013  スペイン語劇の上演 

演目:ビクトル・ルイス・イリアルテ『哀れな嘘つき亭主』
上演日:2013年12月11日(水)(15:00〜16:15)(一般公開)
場所:ロゴス・センター
 

2013.04-2013.12 
2011  スペイン演劇上演 

「スペイン文学 A・B」の授業をベースに、一年間を通して台本選びに始まり、放課後の時間を利用して練習を行った。
本年度の演目はアレハンドロ・カソーナの『春に自殺はおことわり』であった。
上演は12月中旬、ロゴスセンターにて。 

2011/04~2011/12 
2010  スペイン語劇の上演 

「スペイン文学 A・B」の授業をベースに、一年間を通して台本選びに始まり、放課後の時間を利用して練習を行った。
本年度の演目はチリの作家エゴン・ウォルフの『侵入者たち』であった。
上演は12月中旬、ロゴスセンターにて。 

2010/04~2010/12 
2009  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、日本語訳がないのでテクストを翻訳、カット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:V・ルイス・イリアルテ作『子供たちの策略』/この年は一昨年度の出し物と同じだったが、多少角度を変えて演出した。) 

2009/04~2009/12 
2008  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、日本語訳がないのでテクストを翻訳、カット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:V・ルイス・イリアルテ作『哀れな嘘つき亭主』) 

2008/04~2008/12  
2007  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、台本をカット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:A・ブエロ・バリェホ作『燃ゆる暗闇にて』) 

2007/04~2007/12  
2006  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、日本語訳がないのでテクストを翻訳、カット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:V・ルイス・イリアルテ作『子供たちの策略』) 

2006/04~2006/12  
2005  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、台本をカット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:A・カソーナ作『暁に訪れる女』) 

2005/04~2005/12  
2004  スペイン語劇の上演 

外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科主催スペイン語劇の指導。毎年12月にキャンパス内にあるロゴスセンターで上演。4月から6月にかけて、台本を選び、台本をカット。夏休みには強化合宿を行い、読み合わせを行うと同時に、一部立ち稽古を行う。秋学期には本格的な練習(週3回程度)にはいり、学生たちの演技指導を行った。
(第2回目:A・カソーナ作『立ち枯れ』) 

2004/04~2004/12 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]