研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

27 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  カルデロンの『不屈の王子』に見る劇構造ー歴史的背景と詩的要素とのかかわり  未設定   
アカデミア(文学・語学編)  , 南山大学  , 99  , 1-24  , 2016年1月   

概要(Abstract) カルデロンの代表作の一つ『不屈の王子』のテーマ、背景、技法が、歴史的背景とどのように絡み合っているのかを検証した論文である。 

備考(Remarks)  

2011  モラティンの『新作喜劇』再考──文学作品としての芝居か、劇形式を借りた特定の劇作家への批判か──  単著   
スペイン学  , 行路社  , 13  , 43-57  , 2011   

概要(Abstract) モラティンが『新作喜劇』を創作する上で、同時代の特定の人物を誹謗の標的としたか否かを、劇作家本人の言葉をやテクストと照らし合わせながら検証する。 

備考(Remarks)  

2003  「ロペ・デ・ベーガの『節度ある懲罰』-劇構造からみた名誉堅守の対応策」  単著   
アカデミア・文学・語学編  , 南山大学  , 73  , 145-172  , 2003   

概要(Abstract) ここでは文学的観点からの分析と同時に、16・17世紀の人々が抱いていた名誉観についても言及した。 

備考(Remarks)  

2002  “Efectos de la oscuridad en algunas comedias de capa y espada en Calderon”  単著   
Calderon 2000. Homenaje a Kurt Reichenberger en su 80 cumpleaños  , Edition Reichenberger  , vol. 2  , 1141-1154  , 2002   

概要(Abstract) カルデロンの「マントと剣」の喜劇から数篇(『淑女「ドゥエンデ」』、『戸口の二つある家は不用心』、『隠れ男と覆面女』)をとりあげ、夜の場面の配分を分析しながら、その効果がいかに劇構造全体に大きな影響を及ぼすかを劇作家の創作意図とあわせて研究した論文。 

備考(Remarks) Ed. Ignacio Arellano 

2000  カルデロンの「マントと剣」の喜劇にみる夜の効果  単著   
イスパニア図書  , 行路社  , 3  , p. 17-30  , 2000/11   

概要(Abstract) ここではカルデロンの<マントと剣>の喜劇の中から、任意に『淑女「ドゥエンデ」』と『四月と五月の朝』を選び、夜の場面とその効果について分析する。『淑女「ドゥエンデ」』では、夜のイメージが重視され、おもしろくて幻想的な劇空間が構築されるのに対し、『四月と五月の朝』では暗闇よりはむしろ人間の不正な欲望によって人違いや誤解が生じ、これらが登場人物の心理的動揺を招くという手法が強調される。したが手、夜のイメージはさほど重要視されることはないという点を明確にする。 

備考(Remarks)  

1999  「ミラ・デ・アメスクアの『悪魔の奴隷』にみる劇構造」  単著   
アカデミア(文学・語学編)  , 南山大学  , 67  , p. 731-749  , 1999/09   

概要(Abstract) カルデロンの『驚異の魔術師』とミラの『悪魔の奴隷』の劇構造を比較しながら、筋展開の妙法が作品の善し悪しを決定する一つの目安となっていることを指摘。すなわちミラの劇作品では、全体的にメインプロットとサブプロットの交錯する部分が、カルデロンの作品に比べるとはるかに少ないため、メインプロットの占める割合がほぼ同じであっても、その存在感が薄く感じられるというものである。 

備考(Remarks)  

1997  「アラルコンの『疑わしい真実』評をめぐって」  単著   
日本演劇学会紀要  , 日本演劇学会  , 35  , 45-61  , 1997/04   

概要(Abstract) ここではアラルコンの『疑わしい真実』にみられる劇構造や「嘘」の意味を中心に、作者の所期の意図を探る。アラルコンはまず観客を意識した芝居づくりを心がけ、「嘘」という中心テーマを社会的・道徳的批判と絡めながら前面に押し出そうとした。しかし物語が進展し始めるにつれ、初期の段階で筋を錯綜させる要因と思われた「嘘」が、その座を主人公の「誤認(人違い)」に明け渡してしまうため、中心テーマたる「嘘」が単なる劇をおもしろくするための素材と化してしまうことを指摘。 

備考(Remarks)  

1997  スペイン黄金世紀の文学にみる〈アメリカ〉のイメージ  単著   
アカデミア(文学・語学編)  , 南山大学  , 62  , p. 301-310  , 1997/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1996  スペイン黄金世紀の演劇論争をめぐって  単著   
日本演劇学会紀要  , 日本演劇学会  , 34  , p. 38-55  , 1996/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1995  「ロペ・デ・ベーガの『愚かなお嬢様』La dama boba とカルデロンの『愛に愚弄は禁物』No hay burlas con el amor にみる構造と技巧」  単著   
アカデミア・文学・語学編  , 南山大学  , 58  , 207-243  , 1995   

概要(Abstract) ロペとカルデロンの同じジャンルに属する<マントと剣>の喜劇をそれぞれとりあげ、劇構造、テーマ、モティーフ、登場人物の役割、観客に対するアピールの方法、社会的要素と喜劇的要素の配分などから、共通点および相違点を探る。カルデロンはロペの劇作法を追従し、バロック演劇を完成させた劇作家であるが、やはり相違点の多さやカルデロンの独自の筋立てを考えると、ロペの技巧を遙かに凌駕していることがわかる。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]