研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

12 件中 1 - 12 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  フアン・ゴイティソロ著 『スペインとスペイン人 〈スペイン神話〉の解体』  書評  未設定 
『図書新聞』:(株)図書新聞  , 水声社  , p.4 (1p.)  , 2016年7月9日   

概要(Abstract) スペインの苦難の歴史に対する批判的見直しをしたゴイティソロの反骨精神を表出していることを指摘したもの 

備考(Remarks)  

2008  セルバンテスの美的センス  寄稿  単著 
図書  , 岩波書店  , 2-6  , 2009/2   

概要(Abstract) セルバンテスが小説のなかで自然美、女性美をどのように描いたかについて述べたもの。 

備考(Remarks)  

2007  十七世紀スペインの絵画と文学  寄稿  単著 
図書  , 岩波書店  , 24-29  , 2007/10   

概要(Abstract) フェリペ四世の宮廷画家であったベラスケスと、同じく宮廷劇作家であったカルトの接点について述べたもの。 

備考(Remarks)  

2005  セルバンテスのこころ  寄稿  単著 
図書  , 岩波書店  , 10-14  , 2005/10   

概要(Abstract) カルデロンの血腥い復讐行為とセルバンテスの人道的なそれとを比較したもの。 

備考(Remarks)  

2004  十七世紀、マドリード界隈の文豪たちとアラルコン  寄稿  単著 
図書  , 岩波書店  , 14-18  , 2004/11   

概要(Abstract) 『疑わしい真実』を書いたメキシコ出身の劇作家フアン・ルイス・デ・アラルコンが、マドリードの演劇界で周囲の文士からどのようにあしらわれたかについて述べたもの。 

備考(Remarks)  

2003  カルデロンの名誉感情と近松の義理・人情  寄稿  単著 
会報  , 名古屋スペイン協会  , 2003/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  スペイン・バロック演劇の巨匠カルデロン生誕400年  寄稿  単著 
中日新聞社(夕刊)  , 中日新聞社  , 11面  , 2000年5月25日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  スペイン国王フェリペ四世の素顔  寄稿  単著 
図書  , 岩波書店  , 27-31  , 2000/04   

概要(Abstract) スペイン国王フェリペ四世の自堕落な人生を述べたもの。これがのちの拙著『浮気な国王フェリペ四世の宮廷生活』(岩波書店、2003年)につながった。 

備考(Remarks)  

1998  ロルカと芝居  寄稿  単著 
中日新聞(夕刊)  , 中日新聞社  , 6面  , 1998年9月2日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  兜を脱いだ劇作家セルバンテス  寄稿  単著 
中日新聞(夕刊)  , 中日新聞社  , 9面  , 1997年8月7日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1996  スペインの古典演劇  寄稿  単著 
中日新聞(夕刊)  , 中日新聞社  , 6面  , 1996年1月10日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1996  アメリカでスペイン古典演劇を学んだ思い出  寄稿  単著 
悲劇喜劇  , 早川書房  , 9月号  , p. 48-56  , 1996/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]