研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

30 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  少年法講義[第3版]  単著   
成文堂  , B5  , 380頁  , 2016/03/20   

概要(Abstract) 本書の2012年の改訂後、少年鑑別所および新少年院法が制定(2014年)・施行(2015年)されるとともに、少年の刑事処分を中心とした少年法改正が実現した(2014年)。これらの動向に対応するとともに、新たな裁判例や学説の動き等を反映するため、第3版として改訂した。
 

備考(Remarks)  

2014  ケーススタディ刑法[第4版]  共著   
日本評論社  , B5  , 401頁  , 2015/02/20   

概要(Abstract) 1997年に初版を発行した共著の第4版改訂版。第3版(2011年発行)以降の法改正や新判例を中心とした動向を反映して改訂した。 

備考(Remarks)  

2014  刑法の論点と解釈  単著   
成文堂  , A5  , 287頁  , 2014/11/20   

概要(Abstract) これまで公刊してきた学術業績のなかから、刑法総論および刑法各論の解釈論に関するものを各6編ずつ選び、論文集として再構成した。なお、本書の出版は、南山学会の2014年度出版助成(南山大学学術叢書)によるものである。 

備考(Remarks)  

2013  条解民事再生法[第3版]  単著   
弘文堂  , A5  , 1295~1321頁  , 2013/04   

概要(Abstract) 民事再生法の注釈書として、最近の動向を踏まえて改訂したもの。初版および第2版と同様に、罰則規定(255条~266条)について解説した。 

備考(Remarks)  

2012  ブリッジブック少年法入門  単著   
信山社  , その他  , 284頁  , 2013/03/21   

概要(Abstract)  我が国の現行少年法の構造等を中心として、初学者向けに記述したもの。少年司法システムが独立した歴史的経緯と少年法の理念等の解説を前提として、少年非行(犯罪)の扱いに関する手続きを明らかにするとともに、印象的に語られる「少年事件の凶悪化」および「厳罰による少年犯罪への対応」を批判した。 

備考(Remarks)  

2011  少年法講義[第2版]  単著   
成文堂  , A5  , 386頁  , 2012/03/20   

概要(Abstract) 2010年に刊行した初版について、その後の動向(統計資料、裁判例等)を踏まえて改訂したもの。 

備考(Remarks)  

2011  英語でわかる はじめての legal issues 40日間トレーニング  共編著   
アルク  , A5  , 191頁  , 2012/02/08   

概要(Abstract) われわれの身近に生起する法的問題のうち、学習者の興味を惹くと思われる12のテーマを取り上げて、英語で読み、考え、議論するスキルを習得することを目的に書かれたもの。 

備考(Remarks)  

2011  ブリッジブック刑法の基礎知識  共編著   
信山社  , B5  , 246頁  , 2011/07   

概要(Abstract) ブリッジブックシリーズのひとつとして執筆したもの。刑法を学んだことのない初学者に対して、大学の法学部での講義にスムーズに入ることができるように工夫されている。刑法理論の基礎だけでなく、刑法の学説史、少年犯罪に対する扱い(少年法)、精神障害者の触法の扱い(いわゆる医療観察法)の概要を示すなど、刑事司法全体の概略が分かるよう工夫してある。 

備考(Remarks)  

2011  ケーススタディ刑法[第3版]  共著   
日本評論社  , B5  , 395頁  , 2011/06   

概要(Abstract) 最新の判例・学説をフォローして、2004年公刊の第2版を改定したもの。必要に応じて、ケースについても改変した。、 

備考(Remarks) 井田良 

2010  少年法講義  単著   
成文堂  , B5  , 386頁  , 2010/10   

概要(Abstract) 我が国の現行少年法の教科書として執筆したもの。少年法制の成立過程を概観したのち、少年司法システムの理念・目的・特徴に言及し、少年事件の処理過程に沿って個別的な説明をしている。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]