研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

63 件中 31 - 40 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  裁判員制度とカトリック  学会ラウンドテーブル  その他 
カトリック教育学会  , 仙台ガーデンパレス  , 2009/09/04   

概要(Abstract) 2009年9月4日から6日にかけて開催された第33回カトリック教育学会(会場:仙台白百合女子大学ほか)において、4日の夕刻に開催されたラウンドテーブル1を主宰し、基調報告を行うとともに、議論を統括した。 

備考(Remarks)  

2009  日本カトリック大学キリスト教文化研究所連絡協議会編『キリスト教と人権思想』  図書・文献紹介  単著 
カトリック教育研究  , 日本カトリック教育学会  , 26号  , 88−89頁  , 2009/08/31   

概要(Abstract) 表記の図書について、紹介するとともに、若干の評価を行った。 

備考(Remarks)  

2008  パチスロ機での不正遊技と窃盗罪の成否--平成19年最高裁決定を中心として  学会報告  その他 
日本刑法学会名古屋部会  , 南山大学  , 2009/03/07   

概要(Abstract) 2008年度の第2回部会において、いわゆる体感器を身体に装着してパチスロ機で遊技をし、不正にメダルを取得したとされる事案に窃盗罪の成立を認めた最決平成19年4月13日刑集61巻3号340頁について検討した。具体的には、不正な遊技であることを根拠に窃盗罪の成立を認めるとともに、メダルの取得と体感器の使用との間の因果関係の認定を不要とする最高裁の論理を批判した。 

備考(Remarks)  

2008  カトリック教育学会第32回全国大会  学会運営、シンポジウム  未設定 
第32回全国大会  , カトリック教育学会  , 2008/09/5-7   

概要(Abstract) 2008年9月5日〜7日開催(南山大学)の上記学会の大会委員長を務めるとともに、シンポジウム「公教育におけるカトリック学校のプレゼンス」の司会を担当した。 

備考(Remarks)  

2008  法科大学院制度の慎重な検証と冷静な議論を  寄稿  単著 
別冊法学セミナー『新司法試験の問題と解説2008』  , 日本評論社  , 10−11頁  , 2008/08   

概要(Abstract) 法科大学院制度に対する昨今の否定的な議論状況について、設置の趣旨を重視する観点から、慎重な検証の必要性と冷静な議論の必要性について論じた。 

備考(Remarks)  

2008  岡宏『刻まれた光ー青少年の心の闇に真向かう神父の記録』  図書紹介  単著 
カトリック教育研究  , 日本カトリック教育学会  , 25号  , 130−131頁  , 2008/08   

概要(Abstract) 岡宏『刻まれた光ー青少年の心の闇に真向かう神父の記録』(女子パウロ会、2007年)の概要を紹介した。 

備考(Remarks)  

2008  14歳未満の少年の収容処遇  研究報告  その他 
2008年度西江大学校法学部ー南山大学法科大学院・法学部学術交流会  , 南山大学  , 2008/07/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2007年11月1日より施行されている改正少年法について、14歳未満の者の少年院送致が認められた点を中心として、改正の背景・内容を確認するとともに、今後の少年院処遇のあり方について検討した。 

2007  少年に対する保護処分と責任要件−裁判例の分析を中心として  研究会報告  その他 
名古屋刑事実務研究会  , KKRホテル名古屋  , 2008/03/06   

概要(Abstract) 非行少年を保護処分に付す場合、何らかの責任要件が必要とされるかという問題について、責任を要求する立場(必要説)と要求しない立場(不要説)の主張を、裁判例の分析を中心に検討した。結論として、不要説による運用が適切であることを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2007  キセル乗車  【判例評釈】  単著 
刑法判例百選2各論[第6版]  , 有斐閣  , 別冊ジュリスト190号  , 104−105頁  , 2008/03   

概要(Abstract)  いわゆるキセル乗車の事案に詐欺罪の成立を認めた大阪高判昭和44年8月7日刑事裁判月報1巻8号795頁について解説をするとともに、キセル乗車に詐欺罪を認める論理について検討した。 

備考(Remarks)  

2007  ウイティコン処分センター訪問記  資料  単著 
南山法学  , 31巻4号  , 39−53頁  , 2008/02   

概要(Abstract) スイスのチューリッヒ・カントンに所在する若年成人用の労働教育(保安処分)施設であるウイティコン処分センターについて紹介したもの。2006年11月の訪問時に入手した資料や説明とともに、センター発行の資料等にもとづいて紹介した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]