研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

29 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  日常的な聖霊の経験の再考――ラーナーの論考を手掛かりに――  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 第40号  , pp.177-190  , 2017/03   

概要(Abstract) 本稿では、聖霊を神から人々に与えられる「救いのフロント」と捉える筆者の理解について、カトリック神学者カール・ラーナーが「聖霊の経験」という論考の中で展開する解釈を学ぶことにより、再考している。ラーナーの論考の中で興味深い視点は、人々の間で起こる聖霊の経験が「主題化されない日常的経験」であること、また、我々人間と神秘である神との関係を「超越する人間と包括する神」と捉えていること、そして神体験を「恩恵」と理解していることである。本稿では、ラーナーのアプローチが「非主題的・秘匿的に臨在する聖霊」を確認するものであり、「救いのフロント」としての聖霊理解と解釈の方向性が類似していることを認めた。 

備考(Remarks)  

2007  パウロの第一回福音宣教の旅(使徒言行録13・1-14・28)  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 31号  , pp.117-139  , 2008/03   

概要(Abstract) 本稿は、使徒言行録13章から14章に描写されたバルナバとパウロが一緒に出かけた宣教の旅の様子に注目し、教会の信仰と神学の基礎的内容を明らかにした中心的人物が、その回心の後に、キリスト者としてどのような宣教旅行を過ごしたのかを確認している。とりわけ、ユダヤ人と異邦人への対応の相違点などを浮き彫りにしている。 

備考(Remarks) 実践神学、宗教科教育 

2006  「命を与えるイエス」について(ヨハネ11章1-57節)  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 30号  , pp.151-171  , 2007/03   

概要(Abstract) 本稿は、実践神学的論考である。ヨハネ福音書の11章にはイエスと親しいマルタとマリア、そして彼女らの兄弟ラザロとのかかわりの中で、イエスが「復活であり命である」とはどのようなことなのかが開示されている。彼の与える命は単なる現世への蘇生の意味では捉えきれない次元の「生」が含意されているが、それは弟子たちの復活者との出会い、そして彼らの宣教活動を介して、さらに解き明かされるような命であることを論じている。 

備考(Remarks) 実践神学、宗教科教育 

2005  エイレナイオスの教会理解について  単著   
エイコーン  , 新世社  , 31号  , pp.44-60  , 2005/07   

概要(Abstract) 本稿は、エイレナイオスが著書『異端反駁』のなかに展開する教会理解の主要点をテキストに即して確認し、今日のエキュメニカルな対話的教会理解のために有効と思われるアプローチを指摘している。 

備考(Remarks)  

2004  イエスと共にあり、学ぶこと−ルカ10,38−11,36をめぐって−  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 28号  , pp.107-128  , 2005/03   

概要(Abstract) 本稿は、ルカ福音書に描かれている、マルタとマリアの話またイエスが弟子に教えたといわれる祈りを初めとして、ベルゼブル論争、真の幸いそしてヨナのしるしなどの話について、「イエスと共にあること」という視座からそれぞれの話の意味を掘り下げて検討し、相互の関連づけについて論じている。 

備考(Remarks) 宗教科教育、実践神学。CDは京都教区聖書委員会より出ている。 

2003  模範であるイエスーキリスト者とムスリムの相互理解に向けて  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 27号  , pp.45-67  , 2004/02   

概要(Abstract) 本稿は、キリスト教とイスラームにおける対話的キリスト論の検討である。クルアーンに示されるキリスト教への親近性と批判、イエス理解の状況を分析しつつ、クルアーンと福音書に証言される信仰者にとって「模範」であるイエスの姿を指摘する。そして、両宗教において、イエスは「神への道」であることの容認が可能であることを論じる。 

備考(Remarks)  

2003  新しい兄弟姉妹の共同体−イエスとその対人関係の吟味  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 27号  , pp.143-158  , 2004/02   

概要(Abstract) 本稿は、実践神学的論考である。新約聖書、マルコ福音書の描くイエスの対人関係を分析している。特に、イエスを取り巻く家族、郷里の親類、弟子たち、好意的な一般民衆また敵対者などについて、それぞれ吟味し、イエスの示す新しい兄弟姉妹の共同体について論じている。 

備考(Remarks) 宗教科教育、実践神学 

2002  キリスト教とイスラームの神理解について  単著   
マラナタ  , 京都ノートルダム女子大学キリスト教文化研究所  , 11号  , pp.1-20  , 2003/03   

概要(Abstract) 本稿は,一般に同じセム系の一神教とわれながらも,イスラームの唯一神理解とキリスト教の三位一体の神理解には相違も大きいと考えるので,両宗教におけるムハンマドとイエスの位置づけを比較し,さらにキリスト教の聖霊理解を検討することによって,キリスト教の神理解のユニークさについて論じている。 

備考(Remarks)  

2002  聖霊の経験−聖書の描く神の躍動性について  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 26号  , pp.1-31  , 2003/02   

概要(Abstract) 本稿は,聖書に描かれた神の霊のはたらきと主体性について再検討することにより,三位一体の神のより相応しい理解に寄与することを目指す。そのために,プネウマという語の基本的意味を聖書に確認した後,新約のパウロ文書,ルカ文書およびヨハネ福音書における聖霊理解の特徴をそれぞれ明確化する。そこに,後の教義学的三位一体論の芽生えを確認し,当時の信仰者の聖霊経験に現代人の聖霊理解のために有意義な3ポイントを指摘する。 

備考(Remarks)  

2001  三位一体と多元主義  単著   
南山神学  , 神言神学院  , 25号  , pp.127-152  , 2001/12   

概要(Abstract) 本稿は、今日の多元的社会における三位一体的神理解の有効性について検討する。J・ヒックらの宗教多元主義に反対するG・デコスタのキリスト中心的三位一体論とW・パネンベルクの包括主義的キリスト論を批判的に評価した上で、新約聖書の「人の子」と聖霊、「イエスの名」と内在する聖霊の対関係や父と子と内在する聖霊の新約聖書的イメージを確認し、一神教でも多神教でもない、神の救済意志のトップダウンとボトムアップの三位一体的統合のイメージについて論述する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]