研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

67 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  生活の中で追体験されている父と子と聖霊  寄稿  単著 
神学ダイジェスト  , 上智大学神学会神学ダイジェスト編集委員会  , 120号  , pp.2-5  , 2016年6月1日   

概要(Abstract) 教理史上、三位一体をめぐる議論ではニカイア公会議で示された父と子のホモウシオスの理解と、コンスタンティノポリス公会議での父と子とともに礼拝される聖霊という理解が重要であるが、本稿では、人々の共同体を支える聖霊、人々に関わる神の救いのわざの端緒としての聖霊、そして人々を助け導く弁護者としての聖霊という三つの側面を指摘し、人々の身近で体験される聖霊の働きへの理解の可能性を論じている。 

備考(Remarks) 依頼原稿 

2011  言葉に像(かたち)を与える  寄稿  単著 
南山アーカイブズニュース  , 南山学園史料委員会  , 4号  , pp.2-3  , 2011/11/01   

概要(Abstract) 人間の生み出す文書史料の意味をめぐる一考察である。なぜ、文書史料を収集するのか、人間の様々の現象をかたちとする文書にどのように係わるかなど。 

備考(Remarks)  

2010  新しい扉を開こう  寄稿  単著 
『南山短期大学ブレティン』  , 南山短期大学  , 62号  , p.1  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「新しい扉を開こう」というテーマで執筆した巻頭言。 

2010  ヴァージニアへの手紙  寄稿  単著 
ディグニタス  , 南山キリスト教教育センター  , 27号  , p.1  , 2011/03   

概要(Abstract) 南山短期大学で長年に亘って開催されたオーラルインタープリテーション・フェスティバルにて朗読した筆者のヴァージニアへのメッセージを紹介している。 

備考(Remarks) 教育センター通信「巻頭言」の執筆。 

2010  次のステージへ向けて  寄稿  単著 
『南山短期大学ブレティン』  , 南山短期大学  , 61号  , p.1  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「次のステージへ向けて」というテーマで執筆した巻頭言。 

2010  巻頭言  寄稿  単著 
『南山短期大学紀要』  , 南山短期大学  , 38号  , p.1  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 鈴木貞雄教授、吉田徳子教授退職記念号の巻頭言として執筆。 

2010  増田祐志(編)『カトリック神学への招き』  文献図書紹介  単著 
『カトリック教育研究』  , 日本カトリック教育学会  , 27号  , pp.64-65  , 2010/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  生まれ変わる南短  寄稿  単著 
『南山短期大学ブレティン』  , 南山短期大学  , 59号  , p.1  , 2009/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「生まれ変わる南短」というテーマで執筆した巻頭言。 

2009  クラウス・リーゼンフーバー著『中世における理性と霊性』  書評  単著 
日本の神学  , 日本基督教学会  , 48  , pp.131‐136  , 2009/08/28   

概要(Abstract) K・リーゼンフーバー氏が、著著において中世における理性と霊性の関係を巡って、各時代の思想家に見出される「超越」に対する人間のかかわり方を解きほぐす視点から丁寧に論述していることを紹介した。 

備考(Remarks)  

2008  卒業される皆さんへ  寄稿  単著 
『南山短期大学ブレティン』  , 南山短期大学  , 第58号  , p.1  , 2009/03   

概要(Abstract) 南山短期大学ブレティン(8p.)の巻頭言を執筆した。(執筆担当部分:「卒業される皆さんへ」p.1) 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]