研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

67 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2008  巻頭言  寄稿  単著 
『南山短期大学紀要』  , 南山短期大学  , 第36号  , p.1  , 2008/12   

概要(Abstract) 南山短期大学紀要の創立40周年記念号(347p.)に巻頭言を執筆した。(執筆担当部分:巻頭言、p.1) 

備考(Remarks)  

2008  教育モットーを学ぶ  寄稿  単著 
『南山短期大学ブレティン』  , 南山短期大学  , 第57号  , p.1  , 2008/10   

概要(Abstract) 南山短期大学のブレティン(8p.)に巻頭言を執筆した。(執筆担当部分:「教育モットーを学ぶ」p.1) 

備考(Remarks)  

2008  神学教育機関の刷新  寄稿  単著 
日本カトリック神学会誌  , 日本カトリック神学会  , 19号  , pp.13-17  , 2008/08   

概要(Abstract) 日本カトリック神学会第19回学術大会シンポジウムにて、牧山強美氏、増田祐志氏と共に行った発題「神学教育機関の刷新」(pp.1-18)をテープ起こしした論述に手を加えた。鳥巣は南山大学のキリスト教学科、キリスト教思想専攻、宗教思想専攻および併設されている教皇庁認可神学部の現状について論じている。(担当部分:pp.13-17) 

備考(Remarks)  

2007  平和のための宗教対話  寄稿  単著 
南山ブレティン  , 南山大学  , 162号  , 2007/09   

概要(Abstract) 「私のクラス」というコラムにて、担当するクラスの中から、「宗教思想B」の講義内容を紹介した。今日、政治とグローバル経済とのしがらみの中で、ややもすると適切に報道されていないイスラームとキリスト教の関係理解を試みている。 

備考(Remarks)  

2006  学科長が語る南山の現在  講演集  共著 
(株)エヌ・イー・エス  , 331p.  , 2007/03   

概要(Abstract) 2006年5月から12月にかけて開催した、学科長による連続講演会で各学科長の研究分野をわかりやすく紹介したもの。鳥巣担当の部分は「出会いの深意について-神学的視点からの考察」という題目の基に、「触発するもの-現象学的概念の神学的応用の試み」「『父と子と聖霊』の躍動的関係-新約聖書に見られる証言」「神に人々が包括される『我々』という出会いの状況」のテーマを論じている(pp.115-143)。 

備考(Remarks) 編者:浜名憂美、共著者:細谷博、岡地稔、稲垣直樹、宮川佳三他 

2006  キリスト教の神理解の特徴について  寄稿  単著 
一宮教会ファミリーニュース  , 一宮教会広報部  , 1月号  , pp.2-4  , 2007/01   

概要(Abstract) 信仰共同体としての教会の一致と福音の証しについて、何らかの義務的な項目として捉えるのでなく、キリスト教という宗教の本質にある神と人間の関係を反省することを通して、共同体の構成員一人ひとりが招かれている「在り方」として理解できることを説明している。 

備考(Remarks)  

2006  二つのベクトル−世界の中心へ、世界の中心から  寄稿  単著 
『ディグニタス』  , 南山キリスト教教育センター  , 第18号  , p.1  , 2006/10   

概要(Abstract) 本稿は、巻頭言である。人間の愛について、愛する個人へと集約されてしまう方向性と、一端個人へ向かうがさらに世界へと展開して行く方向性のあることを、著名な映画と福音書の事例に言及しながら解説している。 

備考(Remarks)  

2004  隣人愛の地球規模化  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 第3797号  , p.3  , 2005/01   

概要(Abstract) スマトラ沖大地震と大津波の災害を契機として国連加盟国に広がった人道支援活動を、隣人愛のグロ−バリゼーションまた人間の自然また神との関係の再発見という視座から解説する。 

備考(Remarks)  

2004  イエスと共にあること  寄稿  単著 
京都教区時報  , 京都司教区  , 323号  , p.3  , 2004/10   

概要(Abstract) 京都教区の聖書講座シリーズ「ルカ福音書を読む」にて行った講演内容のまとめである。信徒が福音書を身近なものとして読み解くための、幾つかの示唆を提供している。 

備考(Remarks)  

2004  草の根対話  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 第3786号  , p.3  , 2004/10   

概要(Abstract) 世界中に恐怖を与えるテロリズムを終わらせるための対話は、何も政治家や宗教家のトップのみが行なうものではないこと、人々の日常の諸レベルで誰もが積極的に取り組むべきものであることを解説する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]