研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

67 件中 31 - 40 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2002  多元主義とキリスト告白  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3679号  , p.2  , 2002/08   

概要(Abstract) 宗教的多元主義の主張とキリストの唯一の救済者性の主張の双方が拠り所とする聖霊のはたらきについて、新たな解釈を示す。 

備考(Remarks)  

2002  キリスト教以外の諸宗教に対する教会の態度についての宣言  事典項目  単著 
『キリスト教辞典』  , 岩波書店  , p.306他  , 2002/06   

概要(Abstract) 第二 ヴァティカン公会議の公文書『キリスト教以外の諸宗教に対する教会の態度についての宣言』についての解説である。 

備考(Remarks) その他、「ヨハネス23世」「ヨハネ・パウロ2世」「レオ13世」「コンガール」「リュバック、アンリ・ド」「連帯」「ワレサ、レフ」「オーストリアのキリスト教」「神聖ローマ帝国」「スーネンス」を執筆。 

2002  真理の霊に聴く  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3666号  , p.2  , 2002/05   

概要(Abstract) イスラームの定めの喜捨とキリスト教の愛の教えなどを比較し、平和構築へ向けてキリスト者のなし得ることを問う。 

備考(Remarks)  

2002  宗教と人間−年頭に思うこと  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3651号  , p.2  , 2002/01   

概要(Abstract) 旧約、新約両聖書に啓示された人類と共にある神という理解を指摘しながら、抗争の絶えない世界宗教間の相互理解、相互反省の必要を論じている。 

備考(Remarks)  

2002  イスラームの神と預言者について−キリスト教との比較  寄稿  単著 
『カトリック生活』  , ドン・ボスコ社  , 1月号  , p.10-12  , 2002/01   

概要(Abstract) イスラームの神理解また預言者ムハンマドの理解について、キリスト教の三位一体の神理解またイエス理解と比べながら説明している。 

備考(Remarks)  

2001  『南山神学』第25号刊行に寄せて  寄稿  単著 
南山神学  , 神言神学院  , 25号  , pp.iii-iv  , 2001/12   

概要(Abstract) 紀要の記念号への巻頭言。南山神学の創刊号から25号までを振り返って、南山大学人文学部キリスト教学科長として挨拶の言葉を記している。 

備考(Remarks)  

2001  大貫隆『ロゴスとソフィア−ヨハネ福音書からグノーシスと初期教父への道』  書評  単著 
本のひろば  , 教文館  , 521号  , pp.16-17  , 2001/11   

概要(Abstract) ヨハネ福音書、グノーシス主義、初期教父の思想的相互関係をロゴスの受肉とソフィアの過失というモチーフを基礎に展開している。 

備考(Remarks)  

2001  対話の再開を願う  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3640号  , p.2  , 2001/10   

概要(Abstract) 米国ニューヨークを中心とした同時多発テロとその後の報復という事態について神学的分析をし、即時停戦また対話再開の必要を論じている。 

備考(Remarks)  

2001  終末の平和へ向けて  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3631号  , p.2  , 2001/08   

概要(Abstract) 聖地エルサレムを巡るユダヤ教、キリスト教、イスラームの間の軋轢をどのように解消すればよいのか、新約聖書の啓示を示唆しながら論じている。 

備考(Remarks)  

2001  親子の愛と人格形成  寄稿  単著 
カトリック新聞  , カトリック新聞社  , 3610号  , p.2  , 2001/05   

概要(Abstract) カトリック中央協議会刊行の「いのちへのまなざし」という司教団文書との係わりで、今日の日本社会に見られる親子関係について、人格形成の面で危機的状況の少なくない点を論じている。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]