研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

17 件中 11 - 17 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
1986  『事実婚の比較法的研究』  共著   
有斐閣  , A5  , 492  , 1986/04   

概要(Abstract) 本書は、「内縁」に関する比較法的共同研究である。執筆担当部分:「韓国の事実婚」(p.77〜p.118)〓本稿は、日本の「内縁」に極めて類似した韓国の「事実婚」について、学説を含めた日本法の影響を検討しながら、それを概観するとともにその問題点を考察する。とりわけ、韓国において最も議論されてきた「事実婚の法律婚化」というテーマに重点をおいて、現行の韓国婚姻法が直面している課題を明らかにした。 

備考(Remarks) 執筆者:太田武男,青木 清,二宮周平,本沢巳代子,松倉耕作,坂本優子,溜池良夫 

2012  인간의 마음과 법  共著   
韓国・법우사  , A5  , 353p.  , 2012/11/10   

概要(Abstract) 日本の有斐閣から発行された『人間の心と法』を、韓国・西江大の金祥洙教授が翻訳し、韓国で出版されたもの。 

備考(Remarks)  

2007  『新家族法実務大系第2巻 親族[II]−親子・後見−』  共著   
新日本出版  , A5  , 722  , 2008/02   

概要(Abstract) 「第1 総論」中の「韓国の親子法の現状」(p.114-p.124)を担当、執筆した 

備考(Remarks) 新日本法規出版社の創立60周年を記念して企画された『新家族法実務大系(全5巻)』の第2巻である。 

2005  『「在日」の家族法Q&A〔第2版〕』  共著   
日本評論社  , A5  , 424  , 2006/01   

概要(Abstract) 本書は、2001年に発行された同名書籍の改訂版である。今回は、Q5-15「韓国人の相続−血族相続人1人の相続放棄」とQ5-16「韓国人の相続−子全員の相続放棄」の2問を担当した。 

備考(Remarks) 執筆者:木棚照一、青木清、大内憲昭、西山慶一、高山駿二、李光雄、姜信潤、小西伸男、徳山善保、金公洙、金山幸司、山池実 

2009  『「在日」の家族法Q&A[第3版]』  共著   
日本評論社  , A5  , 470  , 2010/01   

概要(Abstract) 本書は、2001年に初版が、2006年に第2版が出版された同名書籍の最新版である。今回は、Q5-13「韓国人の相続−血族相続人1人の放棄、子全員の放棄」を担当した。 

備考(Remarks) 執筆者:木棚照一、青木清、大内憲昭、西山慶一、高山駿二、李光雄、姜信潤、小西伸男、徳山善保、金山幸司、山池実 

1991  『定住外国人をめぐる法律上の課題』  共著   
日本加除出版  , A5  , 250  , 1991/04   

概要(Abstract) 本書は、平成2年6月京都において開催されたシンポジウム「定住外国人をめぐる法律上の課題」をもとに編集されたものである。執筆担当部分:「III 韓国家族法の改正とその影響」(p.108〜p.125)〓本稿は、1991年より施行されている改正韓国家族法を概観し、同法の改正が日本に住む韓国人の家族法事案にどのような影響を与えているかを検討するものである。 

備考(Remarks) 執筆者:浦部法穂、木棚照一、青木 清、他10名 

1988  『国際取引と法』  共著   
名大出版会  , A5  , 394  , 1988/06   

概要(Abstract) 本書は、国際取引に関する種々の法的問題を多角的に分析、検討したものである。執筆担当部分:「第2章 米国の通商組織体制とUSTR」(p.27〜46)〓本稿は、1980年代以降の日米貿易摩擦においてしばしば登場してきたUSTR(米国通商代表)を中心に、アメリカ合衆国の通商組織体制を検討するものである。米国の通商担当組織の現況や各機関の権限、責任等を、制度的側面からアプローチした。 

備考(Remarks) 執筆者:松井芳郎,木棚照一,加藤雅信,佐分晴夫,青木 清 他12名 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]