研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

33 件中 31 - 33 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1984  婚姻の有効性に関する法選択論について−近時の英米の学説を中心に−  単著   
名古屋大学法政論集  , 名古屋大学法学部  , 100号  , 81-106  , 1984/05   

概要(Abstract) 本稿は、近時英米法系諸国を中心に主張されている渉外婚姻の有効性に関する新しい準拠法選択論について検討を加えたものである。とりわけ、本稿ではその実質的成立要件を考察対象とする。法的安定性を重視し、婚姻の有効性を一律に判断する伝統的理論に対し、具体的妥当性を重視して争点ごとに又は成立要件ごとにそれぞれを判断しようとする近時の見解を検討することにより、従来の法目的考慮及びその法選択に欠けていた観点を指摘する。 

備考(Remarks)  

1983  韓国の事実婚  単著   
ジュリスト  , 有斐閣  , 794号  , 44-48  , 1983/07   

概要(Abstract) 【著書】欄の中にあげた『事実婚の比較法的研究』(有斐閣)所収論文の予備的考察をおこなった論文といえるもので、韓国の「事実婚」問題の特徴を検討している。 

備考(Remarks)  

1980  韓国法における伝統的家族制度について−宗法制度との関連を中心に−  単著   
名古屋大学法政論集  , 名古屋大学法学部  , 87号  , 273-321  , 1981/03   

概要(Abstract) 本稿は、日本人の渉外事件においてしばしば問題とされる韓国家族法について、それがもつ基本的原理及び法思想を明らかにしようとしたものである。中国から継受した「宗法制度」、朝鮮在来の制度そして日本統治時代に整備された法制度(戸籍制度・家制度等)を検討し、それらが現行の韓国家族制度にいかなる影響を与えたかを考察する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]