研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

30 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  オルバニー・プランの合衆国憲法体制形成における意義  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 33/3・4  , 181-230  , 2010/3   

概要(Abstract) 1754年「オルバニー・プラン」は植民地自治と特権に反するものとして、正式なものとして採択されず、本国においても同様のプランを作成する努力は実を結ばなかった。また、独立期の連合規約などが、完全に植民地のイニシアティブによるものであるのに対し、「オルバニー・プラン」はフランスの脅威とイロクォイ族の離反回避に対処するという、本国および植民地の両者共通の利益を推進する点で、後の憲法体制構築のための作業とはまったく異なる方向性を有していた。そして、全植民地が一つの連合または国としてまとまると同時に各植民地の自治を維持することが、共通の敵であるフランスの脅威を面前にしても、極めて困難であることを「オルバニー・プラン」の作成経過が明らかにしている。しかし、アメリカ独立前に連合プランを模索し失敗した事実が、連合規約と現行アメリカ憲法で集権的統治体制を構築するには、植民地自治の制限が重要であることを認識させた点にこそ、「オルバニー・プラン」が後の憲法体制に果たした意義が認められる。 

備考(Remarks)  

2009  受刑者の通信の秘密をめぐって  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 33巻2号  , 95-122  , 2009/12   

概要(Abstract) 受刑者の発信する信書に関して、信書検査を行うことが刑事収容法127条において認められる。同検査によって知るにいたった信書内容に基づき、当該受刑者の申請した訴訟上の救助について、刑務所は疎明資料を裁判所に提出したが、その違法性が認められた裁判例(東京地裁平成21年4月20日判決)の妥当性について、憲法21条2項「通信の秘密」との関連において検討する。 

備考(Remarks)  

2008  フランス人権宣言第10条における「信教の自由」の保障  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 32巻3・4号  , 183-216  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  教会財産没収決議と国民議会審議における聖職者の地位−フランス人権宣言第10条「表現の自由」規定をめぐって−  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 31巻1・2号  , 163-191  , 2007/09   

概要(Abstract) フランス人権宣言第10条は、表現の自由と同時に、信教の自由を保障する規定であるが、その規定の仕方は非常に曖昧である。すなわち、「何人もその意見について、それが、たとえ宗教上のものであっても、その表明が法律の確定した公序を乱すものでない限り、これについて不安を持たないようにされなければならない。」このような規定となった理由を探るための前提として、なぜ、宗教の自由の保障が、表現の自由を保障するこの規定の中に一体として溶け込むようにしてしか規定されなかったのかを探求する必要がある。そのために、当時の国民議会における「フランス人権宣言」作成の議論の経過と内容を明確にし、第一身分である聖職者の地位および力が、議論の中で弱体化したことが一つの要因であったとする。 

備考(Remarks)  

2006  フランス人権宣言の起草過程に関する一考察−その独自性と統一性−(六・完)  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 30巻1号  , 1-32  , 2006/11   

概要(Abstract) 1789年フランス人権宣言は,国民議会における妥協の産物として,モザイク的な文書であると言われてきた。しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により、当初から一定の方向性に沿って作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 

備考(Remarks)  

2005  フランス人権宣言の起草過程に関する一考察−その独自性と統一性(五)  単著   
南山法学  , 南山大学法学会  , 29巻2号  , 57-122  , 2006/01   

概要(Abstract) 1789年フランス人権宣言は,国民議会における妥協の産物として,モザイク的な文書であると言われる。しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 

備考(Remarks)  

2005  陪審制の起源と発展  単著   
比較憲法学研究  , 比較憲法学会  , 17号  , 1-28  , 2005/09   

概要(Abstract) わが国の司法制度改革の柱の一つとなる「裁判員制度」は、他国の陪審制および参審制をもとにして構築された。したがってその源となる「陪審制」の起源および発展を探究し、その根本的な意義―自由主義的・民主主義的意義―を究明し理解することこそ、わが国に「裁判員制度」を定着させ、それが期待される役割を果たすためには重要である。 

備考(Remarks)  

2004  フランス人権宣言の起草過程に関する一考察−その独自性と統一性(四)  単著   
南山法学  , 南山法学会  , 28巻1号  , 35-72頁  , 2004/08   

概要(Abstract) 1789年フランス人権宣言は,国民議会における妥協の産物として,モザイク的な文書であると言われる。しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 

備考(Remarks) 継続中 

2003  フランス人権宣言の起草過程に関する一考察−その独自性と統一性(三)  単著   
南山法学  , 南山法学会  , 27巻4号  , 49-75頁  , 2004/03   

概要(Abstract) 1789年フランス人権宣言は,国民議会における妥協の産物として,モザイク的な文書であると言われる。しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 

備考(Remarks)  

2002  フランス人権宣言の起草過程に関する一考察−その独自性と統一性(二)  単著   
南山法学  , 南山法学会  , 26巻1号  , 63-107頁  , 2002/11   

概要(Abstract) 1789年フランス人権宣言は,国民議会における妥協の産物として,モザイク的な文書であると言われる。しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]