研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

28 件中 11 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2002  Production Networks of Japanese and American Automobile Industry: Contrasting Evolution and Converge  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 17巻2号  , 191-211  , 2002/10   

概要(Abstract) 本論文では、日米自動車組立メーカーの生産ネットワークのあり方の変遷を、主要文献のサーベイに基づき、以下のように論じた。すなわち、過去の日本メーカーの競争優位性が、文脈技能を活用した社内外との効率的なコミュニケーションによって説明される一方、米メーカーの競争力の回復が、コミュニケーションの簡便化を実現したモジュラー化戦略への移行によって説明される。また、今後日米両メーカーのあり方は今後似通ってくるものの、日本メーカーは文脈技能の活用という従来の特色を活かす形で取り組みを続けるものと予想される。 

備考(Remarks) Takashi Hayashi 

2002  日系メーカーアジア子会社における人材育成: 日本型システムの適応可能性をめぐって  単著   
国際経済  , 日本国際経済学会  , 53号  , 180-183  , 2002/08   

概要(Abstract) 本論文は、日本国際経済学会全国大会(神戸大学)において筆者が報告した内容を再構成し、以下を論じた。すなわち、従業員の意識や労働市場のあり方が日本とは異なるアジア子会社において人材育成を進めるに当たっては、(1)業務内容の単純化・定型化など、「技能の文脈度」を低める、(2)日本本社とほぼ同様の技能育成を目標としつつも、その途上においては、マニュアルの積極的活用、権限・責任体制の明確化をすすめる等、現地環境への適応を進めている点が明らかにされた。
 

備考(Remarks) 林 尚志 

2000  日本型人材育成システムの適応可能性:日系メーカーシンガポール・マレーシア子会社における事例研究  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 15巻2号  , 135-165  , 2000/10   

概要(Abstract) 本研究では、日系メーカー現地子会社に対する聞き取り調査に基づき、「現地子会社は、状況に応じて"現地環境への適応"を進めながらも、基本的には"日本型システム本来の強み"を活かす方向で現地人材の育成を進めている」という仮説に関し、(1)労働市場のあり方など現地環境との"非補完性ゆえの非効率性"、(2)日本型システム本来の強みとしての"文脈技能の効率的な育成・活用"という2つの概念を用いながら、例証を試みた。 

備考(Remarks) 林 尚志 

1999  日本型人材育成システムの有効性と課題:日系メーカーシンガポール・マレーシア子会社における事例研究  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 14巻1・2号  , 345-375  , 1999/09   

概要(Abstract) 従来、日系メーカーの人材育成は、文脈技能の効率的な形成・活用を図る補完的システムによって特徴づけられることが指摘されてきた。 本研究では、日本本社とアジア子会社との比較分析を通じて、このシステムの有効性が「従業員の意識・行動パターンや労働市場のあり方」と深く関わっており、これらが大きく異なるシンガポール・マレーシア子会社の場合、文脈技能の育成・活用を図る上で種々の非効率が生じることを示した。 

備考(Remarks) 林 尚志 

1998  Modified J-System of Human Resource Development: A Case Study of Japanese MNEs in Singapore in Electric Machinery  単著   
Papers and Proceedings of International Symposium, Foreign Direct Investment in Asia  , Economic Research Institute, Economic Planning Agency  , pp. 227-278  , 1998/10/22   

概要(Abstract) This study examines the human resource development (HRD) by Asian affiliates of Japanese manufacturing MNEs in the context of efficient choice problem among the three alternative systems, i.e., (1) J-system: application of the original Japanese system, (2) S-system: adaptation to the locally dominant Singapore system, or (3) modified J-system: certain arrangement of both elements of J-system and S-system.
According to the recent interviews with 15 Japanese MNEs’ affiliates in Singapore in electric machinery, each of these firms have implemented either one or two system(s) among the three alternatives. Following this observation, the efficient choice problem is discussed with assuming that (i) each of three systems has its own gains and losses, and their sizes are dependent on various factors such as technical and socio-institutional conditions, and (ii) Japanese MNEs would choose the system where the net gain is maximized. Based on these assumptions, (a) relative sizes of gains and losses, and (b) effects of various factors on their sizes, are examined in order to illustrate underlying factors for the choice of HRD system.
In J-system, if successfully implemented, both static and dynamic gains can be expected from contextual skill. However, due to socio-institutional conditions in Singapore, there is a risk of substantial efficiency losses, while facing the trade-off between higher wage level and higher rate of labor turnover. In contrast, S-system is based on “occupational skill” and it is complementary with local conditions, however, no potential gains are expected from contextual skill.
On the other hand, in Modified J-system, several practices are observed in recent interviews which can improve the trade-off between J-system and S-system. For instance, “modularization and routinization of tasks” (S-system) and “QCC (quality control circle) activities” (J-system) are jointed together, which can reduce static efficiency losses while reserving dynamic gains from contextual skill. In addition, instead of the original “lower speed in competition for promotions” (J-system), “higher speed in picking out for promotions” are implemented, which can improve the trade-off between higher wage level and higher rate of labor turnover.
However, Modified J-system may not be always implemented, as the costs of modification of J-system can be substantial depending on some technical and socio-institutional conditions. For instance, when the pace of process innovations are very high, the modularization of tasks (Modified J-system) can cause significant losses in efficiency, and J-system is likely to be implemented. 

備考(Remarks)  

1997  Evolution of Intrafirm Division of Labor by Japanese Manufacturing MNEs: A Theoretical Illustration of “Slicing up Value Added Segments  単著   
Papers and Proceedings of International Symposium, Foreign Direct Investment in East Asia  , Economic Research Institute, Economic Planning Agency, Government of Japan  , Vol. 1  , pp.95-161  , 1998/3/26   

概要(Abstract) Focusing on the idea of “slicing up value added segments”, this study proposes a set of theoretical models which illustrates various dimensions of the recently growing division of labor by Japanese manufacturing MNEs’ parents and their Asian affiliates.
Based on empirical findings reviewed in section II, a set of theoretical models is proposed in sections III to VI, which examines following two questions, i.e., (1) How can this stylized pattern of division of labor be illustrated, which has the common characteristic of “slicing up value added segments” while there are several dimensions to slice up the segments? (2) What are the key variables which can explain a general trend of dynamic upgrading of Asian affiliates as well as its diversity among observed cases?
In section VII, after summarizing previous discussions, an application of theoretical models to the empirical findings in Hayashi (1995, 1996b) is attempted, which can explain an observed diversity in the dynamic upgrading of Asian affiliates to a certain extent, while the remaining research questions are pointed out. 

備考(Remarks)  

1996  アジア子会社における製品開発度の高度化  単著   
国際経済  , 世界経済評論社  , 47巻2号  , 143-145  , 1996/09   

概要(Abstract) 本論文は、国際経済学会全国大会(関西大学)において筆者が報告した内容を再構成し、以下を論じた。 すなわち、(1)近年、日系電機メーカーがアジア子会社に対して技術移転を進めている状況は"製品開発度"という概念によって検証できること,(2)アジア子会社において製品開発度が上昇する点は、"高度化に関する基本モデル""多層的プロダクトライフサイクルモデル""開発−生産2部門モデル"によって定式化できること,(3)筆者の聞き取り調査でみられた製品開発度のばらつきは、これらモデルと整合的な形で説明できること,の3点である。 

備考(Remarks) 林 尚志 

1996  アジア子会社への企業内技術移転(3):製品開発度高度化に関する理論的分析  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 11巻1号  , 17-53  , 1996/06   

概要(Abstract) 本論文は、日系電機メーカーアジア子会社における製品開発度の高度化に関し、理論モデルに基づく定式化を行うとともに、その結果が聞き取り調査と整合的である点を確認した。 すなわち、(1)「日本本社が製品開発度の高い活動領域を分担し、アジア子会社が低い活動領域を分担する」分業形態が導かれる,(2)比較静学分析から、「子会社の課題対応能力の向上によって子会社の活動領域が拡大し、製品開発度の高度化が実現する」点が導かれる,(3)モデルの拡張により、子会社が開発部門までを担当するようになる条件が導かれる,の3点である 

備考(Remarks) 林 尚志 

1995  アジア子会社への企業内技術移転(2):製品開発度高度化のメカニズム  単著   
南山経済研究  , 南山大学 経済学会  , 10巻3号  , 421-438  , 1996/03   

概要(Abstract) 本論文は、近年日系電機メーカーアジア子会社において、製品開発度が高まる形で企業内技術移転が進展している点に関し、以下を論じた。 すなわち、(1)製品開発度の高まりとともに、変化や異常など諸課題に対応する能力が求められる,(2)これに伴い、高い技能を有する人材及び市場や関連メーカーとのコミュニケーションの重要性が高まる,(3)近年製品開発度が高まっている背景には、アジアの経済発展や日系メーカーの経験蓄積等によって(2)の条件が整い、アジア子会社の課題対応能力が高まってきた点が指摘される,の3点である。
 

備考(Remarks) 林 尚志 

1995  アジア子会社への企業内技術移転(1):日系電機メーカーにおける事例研究  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 10巻2号  , 355-378  , 1995/10   

概要(Abstract) 本論文は、筆者が行った聞き取り調査に基づき、日系電機メーカーが東アジア子会社に進めてきた"企業内技術移転"に関し、以下を論じた。 すなわち、(1)調査を行った9ケースの全てにおいて「より容易な内容からより困難な内容へ」と企業内技術移転が着実に進展してきた,(2)この進展状況は、"製品の性格"と"活動内容"を組み合わせた"製品開発度"という概念により把握可能である,(3)"現時点"および"将来展望"のアジア子会社の製品開発度をケース間で比較すると、かなりのばらつきがみられる,の3点である。 

備考(Remarks) 林 尚志 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]