研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

17 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  Circuitos monetarios, fragilidad financiera y cambio estructural  共著  ISBN 9786070269325 
Universidad Nacional Autonoma de Mexico  , A5  , 339  , 2015/08/25   

概要(Abstract) 担当部分:第15章 "Deflacion y cambio estructural de la economia japonesa, influencia del crecimiento de la industria de la tecnologia informatica," pp.301-3015
毎年Universidad Nacional Autonoma de Mexico, Instituto de Investigaciones Economicasにて開催される財政金融セミナーでの発表をまとめた本で,拙稿は日本におけるIT産業の発達がマクロ的には不景気の原因となっていることを示した。 

備考(Remarks)  

2015  Japon, despues de ser numero uno, Del alto crecimiento al rapido envejecimiento  共著  ISBN 9786070306501 
Siglo XXI, Mexico  , A5  , 230  , 2015/05/01   

概要(Abstract) 担当部分:第2章 ”Cambio estructural de la economia mundial u su influencia en Japon, mas globalizacion y mas estancamiento?”pp。32-48
メキシコにおける日本研究者と日本のメキシコ研究者による共著で,現在の日本の不況,国際関係を扱った論文集 

備考(Remarks)  

2015  Desafio para el desarrollo economico en epocas de financiarizacion  共著  ISBN 978-607-402-7952 
Plaza y Valdes editores  , その他  , 306  , 2015/01/15   

概要(Abstract) 担当部分:第10章 "Generacion del valor agregado de las industrias manufactureras en la cadena mundial de valores," pp.221-237
2013年2014年にUniversidad Nacional Autonoma de Mexico, Unidad Leonにて開催された経済金融開発学会での発表をもとにまとめた本で,メキシコ,新興市場諸国の開発,証券化などに関する研究論文を含む。 

備考(Remarks)  

2014  ラテン・アメリカ社会科学ハンドブック  編著  ISBN978-4-7948-0985-8 
新評論  , A5  , 294p  , 2014/11/25   

概要(Abstract) ラテン・アメリカ政経学会創設50周年記念事業として,工業化の歴史,経済危機,軍事政権,民主化等のテーマに関する学会員の書下ろし論文を編集し,さらに業績リスト,URLリストをつけた。本人担当箇所はpp.10-19,「1.1経済成長・開発と工業化」 

備考(Remarks)  

2012  Dinamica Politica-Economica de los Paises Andinos  共著   
Kyoto University, Instituto de Estudios Peruanos  , B5  , pp.343-387  , 2012/04/02   

概要(Abstract) 開発の国際収支制約論をもとに現在のペルーとボリビアの資源輸出を中心とした開発戦略を批判的に検討した。 

備考(Remarks)  

2010  Quiebras financieras y experiencias paradigmaticas  共著   
Universidad Nacional Autonoma de Mexico  , B5  , 206  , 2010/08   

概要(Abstract) サブプライム危機とその世界的伝搬を金融不安定性仮説をもとに説明し、米国からの直接投資とそのファイナンス活動が世界的に貸し出しバブルと金融危機の原因を作ったことを示した。 

備考(Remarks) 本人担当箇所:“Crisis económica por contagio de la inestabilidad financiera,”(pp.47-67) 

2010  Desarrollo y transformacion: opciones para America Latina  共著   
Fondo de Cultura Economica  , A5  , 492  , 2010/03   

概要(Abstract) 開発の国際収支制約論をハロッド=ドーマー・モデルを取り入れて資本効率を説明するモデルに拡張し、それを1980年代以後のメキシコとペルーに適用して、自由化・開放化政策が成長には寄与していないことを明らかにした。 

備考(Remarks) 担当箇所:第XXII章
"Productividad de la industria manufacturera en México, bajo el teorema del desarrollo restringido por la balanza de pagos," (pp.431-447) 

2010  Crecimiento y desarrollo economico de Mexico  共著   
Universidad Autonoma Metropolitana  , A5  , 271  , 2010/07   

概要(Abstract) 本人担当箇所: 第5章 "Crecimiento economico y comercio exterior en Mexico segun la teoria del desarrollo restringido por la balanza de pagos," (pp.137-161)
独立以後、主として革命後のメキシコの輸出入対GDP比とGDP成長率を韓国、台湾のそれと比較し、構造変化を検出したうえで、輸入の所得弾力性の変化を推定して、同国の経済成長が輸入の所得弾力性によって規定されていることを検証した。 

備考(Remarks) メキシコ独立200周年、革命100周年記念出版事業Pensar el Futuro de Mexico, Coleccion Conmemorativa de las Revoluciones Centenarias, 第1巻 

2008  現代経済学 −市場・制度・組織  共著   
岩波書店  , A5  , 254p.  , 2008/09   

概要(Abstract) 本書は全体を通じて、新古典派経済学に批判的な異端派経済学の立場から、企業論、労働市場論、金融論、国際金融論などを論じた経済学の入門書である。本人担当分の「マクロ経済の仕組み」ではGDP,投資と貯蓄などマクロの基本概念を解説してから、ポストケインジアン理論の基本理念を解説した。第五章ではポストケインジアンの内生的貨幣供給論と金融不安定性仮説を中心に解説し、特に近年の経済危機下では金融安定化のために雇用の安定化こそが必要であり、そのため政府による「最後の雇用創出主」機能の設立が必要であることを説明した。 

備考(Remarks) 本人担当分:
第2部序論「マクロ経済の仕組み」(pp.46-50)、
第5章「貨幣・金融市場と中央銀行の役割」(pp.95-115)、 

2007  現代中米・カリブを読む  共著   
山川出版社  , B5  , 195  , 2008/03   

概要(Abstract) 本人執筆分:
第五章 「メキシコ経済と貿易自由化 NAFTAと中国のはざまで」pp.95-111
2000年以後のメキシコの輸出促進政策を分析し、中国との競争を過度に意識している点、製造業における資本財中間財輸入を促進する結果に終わって成長に寄与していない点を明らかにした。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]