研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

25 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  メキシコ社会・経済を見る視点  未設定   
ラテンアメリカ時報  , ラテンアメリカ協会  , NO.1414  , PP.2-5  , 2016/04   

概要(Abstract) 2010年以後のメキシコについて,GDP成長率,雇用,貿易に絞って主要見解を整理したうえで,独自にデータを集めて実証した。 

備考(Remarks)  

2014  メキシコ:貿易自由化の次に目指すもの  単著   
ラテンアメリカ・レポート  , JETRO・アジア経済研究所  , vol.31, No.1  , pp.17-26  , 2014/06/20   

概要(Abstract) 太平洋同盟Pacific Alliance の制度内容を検討して従来の二国間FTAの原産地規制を統一する内容になっている点に着目し,加盟4か国と米国との連携の中でGlobal Value Chainを形成する可能性が盛り込まれていることを主張した。 

備考(Remarks)  

2014  Rendimientos crecientes y decrecientes: la industria eléctrica en la cadena mundial de valor  単著   
Ola financiera  , Universidad Nacional Autónoma de México,Instituto de Investigaciones Económicas  , No.18  , 2014/06/05   

概要(Abstract) 北米,ヨーロッパ,アジアの各地域について電子,電機産業の付加価値生産率を時系列で計測し,北米では同産業が収穫逓増状態にあることを示してから,メキシコに限定してみれば逆に収穫逓減になっていることを示した。 

備考(Remarks) 上記UNAM経済研究所発行のWEB誌
http://www.olafinanciera.unam.mx/new_web/18/index.html 

2013  グローバリゼーションの中のラテンアメリカ -経済危機と経済政策  未設定   
神奈川大学評論  , 神奈川大学  , 77号  , pp.54-65  , 2014/03/31   

概要(Abstract) 2000年以降のラテンアメリカ諸国の貿易自由化と資本移動自由化をマクロのデータを用いて検証した。特にグローバル・ヴァリュー・チェーンの中で中間財輸出に偏向しつつあること,また直接投資が雇用に及ぼす影響が全く拡大していないことを問題点として指摘した。 

備考(Remarks)  

2013  Inestabilidad financiera en America Latina desde la perspectiva Kaleckiana y Minskyana  単著   
Problemas del Desarrollo  , Universidad Nacional Autonoma de Mexico, Instituto de Investigaciones Economicas  , Vol.44, No.172  , pp.9-27  , 2013/01/15   

概要(Abstract) 2000年以後のラテンアメリカ・カリブ地域の国際収支の構造変化をもとにマクロの「金融不安定性」を定義し、資本蓄積関数と利払い関数の動学的調整過程から体系が不安定化するための条件を提示して、現在のラテンアメリカ地域がこれにあたることをしめした。 

備考(Remarks)  

2010  開発の国際収支制約」理論の検討と、ラテンアメリカ諸国への適用  未設定   
南山経済研究  , 南山大学経済学部  , 第23巻第3号  , pp. 257-277  , 2010/03   

概要(Abstract) ポスト・ケインジアン経済学の「開発の国際収支制約」モデルを独自に修正して,固定資本形成が国際収支制約を受ける状況を定式化し,これを現代の景気しことペルー,ボリビアに提要して各国の輸出主導型開発モデルを批判的に検討した。 

備考(Remarks)  

2007  Manufacturing sector performance in Mexico, under balance of payments-constrained growth  単著   
Problemas del Desarrollo  , Instituto de Investigación Económica, Universidad Nacional Autónoma de México  , 39/152  , 18  , 2008/03/21   

概要(Abstract) 90年代以後のメキシコの貿易とGDP成長率の関連を「開発の国際収支制約理論」に基づいて分析した。あわせて同理論をもとにして、資本生産性が国際収支制約によって決定されるモデルを提示し、メキシコに当てはめて検証した。 

備考(Remarks)  

2006  Exportación y la productividad del sector manufacturero, en el régimen de la liberalización comercial: el caso de México y Brasil  単著   
ラテン・アメリカ論集  , ラテン・アメリカ政経学会  , No.40  , 115-134  , 2006/11   

概要(Abstract) NAFTA以後のメキシコとメルコスル以後のブラジルについて,製造業部門の産出に対する輸出の寄与度と,どう部門の全要素生産性TFPを測定し,両国の貿易政策が製造業に及ぼした影響を比較研究した。 

備考(Remarks)  

2000  Problemática de la Supervisión Financiera en México  単著   
メキシコ国立自治大学経済学部  , 200 pp.  , 2000/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 博士論文 

2000  Politica monetaria y la cartera vencida en México: un enfoque poskeynesiano  単著   
ラテンアメリカ研究年報  , 日本ラテンアメリカ学会  , 20号  , 57-88  , 2000/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]