研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

97 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  実証明の表現・理解におけるシークエントの役割  単独  2016/8/26 
記号論理と情報科学合同研究集会   

概要(Abstract) 実証明をシークエントで捉えることが、証明の理解の助けになることの典型的な例をいくつか挙げた。
 

備考(Remarks)  

2016  On Makinson's theorem   単独  2016/10/29 
MLG数理論理学研究集会  , MLG   

概要(Abstract) 1971年にMakinsonは証明した定理は、ある条件をみたす無矛盾なCongruential logicはidentity logic, complement logic, unit logic, zero, logicのいずれかのsub logicであるという定理に容易に拡張できる。この報告では、変数のない論理式に範囲を絞ったときに、どの無矛盾なcongruential logicの極大論理のうち、深さ2の論理式で公理化できるものの例を複数示した。  

備考(Remarks)  

2015  証明の構想におけるシークエントの役割  単独  2016/01/08 
MLG数理論理学研究集会   

概要(Abstract) 証明の構想におけるシークエントのよさを述べ,実際の証明の日本語表現とシークエント体系の証明図の対応を明らかにする.
 

備考(Remarks)  

2015  証明の構想とシークエント体系  単独  2015/12/14 
証明論・記号論理と情報科学合同研究集会   

概要(Abstract) 証明の構想におけるシークエントのよさを述べ,証明の構想にできるだけ忠実なシークエント体系を提案する.
 

備考(Remarks)  

2015  The exact K4-models and the exact S4-models  単独  2015/03/21 
日本数学会年会   , 日本数学会    

概要(Abstract) We treat modal logics S4 and K4, and consider related exact models. In MSJ spring meeting 2014, we gave a method to list all the exact K4-models for F(n) in S4,
where F(n) is the set of modal formulas with finite propositional variables p_1,...,p_m and with finite modal degree ≦n. Here, we give an easier method to list them by using the exact S4-models listed by the author in 2010.
 

備考(Remarks)  

2014  証明の構想を表現する新しい図式の提案  単独  2015/03/23 
数学教育学会春季年会   , 数学教育学会   

概要(Abstract) 本発表は,学校教育における証明の構想を表現できる新しい図式を提案する.証明を表現する図式には,G.Gentzenが与えた形式体系LKの証明図や,中学校の証明教育での効果が知られているフローチャートなどがある.本稿は,LKの証明図に,証明の構想を表現する要因があることを示し,その要因を保存しつつフローチャートのよさを持つようにLKの証明図を変形する.結果として得られる図式は,LKの証明図のよさとフローチャートのよさの両方をもつ図式である.  

備考(Remarks)  

2014  The exact K4-models constructed from the exact S4-models  単独  2014/12/06 
第49回MLG数理論理学研究集会   

概要(Abstract) 固定された有限個の命題変数からできる論理式で様相記号の深さを有限に制限したものの集合を対象とした、様相論理S4のK4-イクザクトモデルについて述べた。そのすべてのモデルをS4のS4-exact modelを用いて列挙する方法を述べ、それが定義に基づくこれまでの方法よりも簡単であることを示した。 

備考(Remarks)  

2013  The exact K4-models in S4  単独  2014/03/15 
日本数学会年会  , 日本数学会   

概要(Abstract) In 2010, we list all the exact S4-models for F(n) in S4, where F(n) is the set of modal formulas with finite propositional variables p_1,...,p_m and with finite modal degree <n+1. However, considering the case that n=0, we can easily observe that an exact model for F(0) in S4 does not have to be reflexive (i. e. S4-model). For example if m=1, W={α,β}, R={}, and P(p_1)={α}, then M=<W,R,P> is an exact model for F(0) in S4, but it is not S4-model. Here, we give a method to list all the exact K4-models for F(n) in S4.  

備考(Remarks) 学習院大学 

2013  S4におけるS4モデルでないイグザクトモデル  単独  2013/12/06 
第48回MLG数理論理学研究集会   

概要(Abstract) 固定された有限個の命題変数からできる論理式で様相記号の深さを有限に制限したものの集合を対象とした、様相論理S4のイクザクトモデルについて述べた。そのモデルがS4-モデルである必要でないことを具体例を挙げて説明し、そのモデルでK4-モデルであるものを全部列挙する方法を示した。
 

備考(Remarks)  

2012  シークエントによる実証明の分析  単独  2012/11/17 
第47回MLG数理論理学研究集会   

概要(Abstract)  実際の証明をシークエントの視点から分析する方法とその方法に基づく結果を示した。このアイデアは2011年度・加藤・佐々木の論文にもとづくが、方法等を一部改善している。その方法は、実際の証明をシークエントの変化で表現すること、その表現の各規則から定義による推論など、明らかな推論を切り離すこと、それらを分類することなどで構成される。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [NEXT>>]