研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

12 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2012  Japanese Environmental Quality and Recycle Policies: An Economic Perspective  単独  2012/04/26 
Lecture Series of Luce Initiative on Asian Studies and the Environment  , Dickinson College, U.S.A.   

概要(Abstract) Rapid Japanese economic growth back in 1960’s resulted in severe environmental pollution and outbreaks of localized diseases caused by air or water pollution. This led to creation of many environmental laws and regulations which have now achieved reasonably good air and water quality. Since the establishment of “Fundamental Law of Recycle Oriented Society” in 2000, Japan has focused on promoting recycle activities and is now considered as one of the most recycle oriented nations. In this talk, I presented current environmental quality conditions in Japan and recycle activities for containers, packages, home appliances, automobiles, etc. I paid special attention on the case of highly successful garbage reduction efforts by the City of Nagoya via strengthened recycle activities and the cost associated with them. Although recycling is good, we should not forget the cost we are paying for achieving higher recycle rates. It is important to strike a balance between the benefit of recycling and its cost. I also gave a brief overview of current Japanese compliance situation of the Kyoto Protocol which requires Japan to reduce greenhouse gas emissions by 6% from the 1990 level for the period of 2008-2012. Needless to say, the accident at Fukushima nuclear power plant last March and subsequent shutdown of other nuclear plant operations make it difficult to reduce carbon dioxide emissions. 

備考(Remarks)  

2010  名古屋市農業センターにおけるレクリエーション便益評価:カウントデータに基づく旅行費用法の適用  単独  2010/09/12 
環境経済・政策学会   

概要(Abstract) 名古屋市農業センターへの訪問回数をカウントデータとして扱った旅行費用法の需要曲線推定が、連続データとしての取り扱い(OLS)と比較して、どのようにレクリエーション便益の推定に影響を及ぼすのかを検証した。また、現地調査データを利用するにあたり、より訪問頻度の多い利用者が抽出され、訪問頻度がゼロで切断されたデータとなることに対する修正モデルの推定も行った。その結果、カウントデータに基づく推定では、一回訪問あたりの消費者余剰で計測されるレクリエーション便益が、OLSからの推定値のほぼ半分となっていることが判明した。また、負の二項分布に基づく推定結果から、訪問回数データの分散は平均値の11〜47倍となり、平均値と分散が同一であるとするポワソン分布の仮定が適切でないことが明らかとなった。  

備考(Remarks) 2010年大会(名古屋大学にて)  

2004  Japanese Environmental Policies and Roles of Environmental Economists  単独  2004/08/17 
Camp Resources  , North Carolina State University & RFF   

概要(Abstract) 4大公害病に始まり、日本の環境関連法がどのように制定されていったのかを、歴史的な展望からまとめた。また、近年の環境白書やOECDによる環境パーフォーマンス・レビューなどの資料に基づいて、日本の環境政策・行政の現状を評価した。この中で、容器包装リサイクル法や家電リサイクル法など、日本のリサイクル分野における法規制が米国より進んでいる点を指摘し、これらリサイクル法の利点と欠点をまとめた。さらに、名古屋市のゴミ削減政策に関する費用対効果分析を試みた。  

備考(Remarks) ノースカロライナ州ウィルミントン市にて開催 

2001  環境の経済評価  単独  2002/02/28 
研究会  , 国土交通省、国土交通政策研究所   

概要(Abstract) 環境の価値を評価するための経済評価手法を紹介し、それぞれの特徴と利点・欠点などを理論的に解説した。 

備考(Remarks)  

1999  仮想ランキング法に基づく琵琶湖・淀川の環境改善便益評価  単独  1999/09/25 
環境経済・政策学会   

概要(Abstract) 琵琶湖・淀川地域における水質改善と親水性を考慮した護岸整備がもたらす便益を、仮想評価法の一つである仮想ランキング法を用いて評価し、今後の費用対効果分析への有用性と問題点を論じた。 

備考(Remarks) 1999年大会(立命館大学にて)(共著者:薫祥哲、安田吾郎) 

1998  Public Risk Perception and Coastal Flood Insurance  単独  1998/06/20 
環境評価神戸ワークショップ  , 神戸大学   

概要(Abstract) 洪水を環境リスクとしてとらえ、そのリスクを緩和するためのオプション価格として洪水保険の保険料を位置付けた。この理論的解釈と枠組みに基づき、環境評価手法の一つである仮想評価法(CVM)を用い、実際に住民の洪水保険への支払い意志額を調査した。 

備考(Remarks)  

1997  Valuing Water Quality Improvements for Lake Biwa-Yodo River: A Contingent Ranking Analysis  共同  1998/01 
Association of Environmental and Resource Economists   

概要(Abstract) CVMの一つである仮想ランキング法を用いて、河川の水質改善や水辺の整備がもたらす便益を推定した。調査地である琵琶湖と淀川で、これらの便益に大きな違いが発見された。また、年収や家族構成などの個人属性も重要な説明要因であることが判明した。 

備考(Remarks) 米国環境・資源経済学会報告(シカゴ市)(共著者:薫祥哲、安田吾郎) 

1994  Discrete-Choice Contingent Valuation of Beach Recreation Benefits for Tourists and Local Residents  単独  1994/08 
American Agricultural Economics Association   

概要(Abstract) 遠距離旅行者と地元住民とに分け、仮想評価法(CVM)を用いて海水浴レクリエーションがもたらす便益を測定した。訪問一回あたりの便益は、遠距離旅行者の方が地元住民よりもかなり高く推定された。しかし、一年当たりの総便益の差はあまり無く、地元住民の年間便益は遠距離旅行者の年間便益の80%程度であることが判明した。 

備考(Remarks) 米国農業経済学会報告(サンディエゴ市) 

1991  Valuing Marine Recreation by the Nested Random Utility Model: Functional Structure, Party Composition and Heterogeneity  単独  1992/01 
Association of Environmental and Resource Economists   

概要(Abstract) レクリエーション地選択の過程を説明する為に、三段階の入れ子型ランダム効用モデルを推定した。このモデルから、レクリエーション地の水質改善がもたらす補償変分の便益を推定した。また、レクリエーションのグループ構成が訪問地選択に及ぼす影響、入れ子型ランダム効用モデルがその基盤となる間接効用関数におよぼす制約など、これまで議論されてこなかった問題点も分析している。 

備考(Remarks) 米国環境・資源経済学会報告(ニューオリンズ市) 

1990  Differentiating Use and Nonuse Values for Coastal Pond Water Quality Improvement  単独  1990/12 
Association of Environmental and Resource Economists   

概要(Abstract) 海水池での水質改善がもたらす便益を、仮想評価法(CVM)を用いて計測した。利用価値、オプション価値、そして存在価値を別々に計測し、総便益の半分以上が存在価値であることが判明した。また、個人属性の変数間では、これらの種類の中でどの価値を説明するのかによって有意性にかなりの違いが見られた。 

備考(Remarks) 米国環境・資源経済学会報告(ワシントン市) 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]