研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

64 件中 21 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  On the Nature of the Complementizer To  単著   
Journal of Japanese Linguistics (Special Issue in Memory of S.-Y. Kuroda)  , Institute for Japanese Studies, Ohio State University  , 26  , 85-100  , 2010/12   

概要(Abstract) 黒田成幸氏の追悼号に掲載された慫慂論文。日本語の補文標識「と」は、英語の"that"に対応する機能を有すると仮定されてきたが、本論では、「と」が直接引用の言い換えを埋め込む補文標識であり、"that"とは全く異なる性質を有することを示した。 

備考(Remarks)  

2010  A Comparative Syntax of Ellipsis in Japanese and Korean  共著   
Proceedings of the 6th Workshop on Altaic Formal Linguistics  , MIT Working Papers in Linguistics, Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 6  , 287-3007  , 2010/10   

概要(Abstract) 名古屋大学で開催されたWorshop on Altaic Formal Linguistics 6における招待研究発表を、学会予稿集に掲載したもの。日韓語の削除現象を詳細に比較し、いわゆるN'削除においてのみ相違がみられることを示した。また、この相違が、属格挿入規則におけるミクロパラメターにより説明されるとの提案を行った。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Duk-Ho An (共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2009  On the Scope Properties of Nominative Phrases in Japanese  単著   
Universals and Variation  , EFL University Press  , 313-328  , 2010/03   

概要(Abstract) ハイデラバード・EFL大学で開催されたGLOW in Asia VIIにおける招待研究発表を、学会論文集に掲載したもの。日本語の主格名詞句の作用域に基づき、否定文、主格目的語文、存在文の分析がなされ、様々な理論的帰結が指摘されてきたが、それぞれについて提示されている一般化は矛盾するものであった。本論では、全称数量詞、〜だけ、不定名詞句の作用域に関する性質を詳細に検討することにより、この矛盾を解消し、主格名詞句の作用域の全体像を明らかにした。さらに、この記述的研究をふまえて、上記3構文から導かれる帰結を再検討し、修正を提示した。 

備考(Remarks)  

2009  Semantic and Discourse Interpretation of the Japanese Left Periphery  単著   
The Sound Patterns of Syntax  , Oxford University Press  , 140-173  , 2010/01   

概要(Abstract) スクランブリングの意味的、談話的効果を詳細に分析し、スクランブリング自体は機能を有しないものの、文上位の主語位置との相互作用により、その効果が得られることを示した。 

備考(Remarks)  

2009  Optional A-Scrambling  単著   
Japanese/Korean Linguistics  , CSLI Publications (Stanford University)  , 16  , 44-63  , 2009/05   

概要(Abstract) 文内のスクランブリングは、NP移動と同様の性質を持ちうると広く仮定されているが、本論では、この仮定に対する反論を展開し、文境界を超えるか否かに関わらず、スクランブリングが統一的に分析されるべきことを主張した。議論の過程で、日本語には、文上位に位置する主語位置があることを提案して、ロマンス系言語との共通性も追究した。 

備考(Remarks)  

2008  On the Variety of Movements to the vP Edge  共著   
語彙の意味と文法  , くろしお出版  , 307-329  , 2009/02   

概要(Abstract) vP周縁部は、目的語転移、VP内スクランブリングの着点、演算子移動の中間着点とされているが、それぞれの移動は異なる性質を有する。本論では、vP周縁部の性質およびそれぞれの移動の性質を詳細に検討することにより、vP周縁部への移動の統一的分析を提示した。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Kensuke Takita (共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2008  N'-Ellipsis and the Structure of Noun Phrases in Chinese and Japanese  共著   
Journal of East Asian Linguistics  , Springer  , 17  , 247-271  , 2008/08   

概要(Abstract) 日本語と中国語の名詞句構造は類似すると考えられてきたが、本論では、修飾のマーカー(の、的)の分布、分類辞句の分布、名詞句内省略等に関する数々の相違を指摘し、これらの相違が主要部後置型/前置型という句構造の根本的相違から導かれることを示した。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, T.-H. Jonah Lin, Keiko Murasugi(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2007  Argument Ellipsis, Radical Pro-Drop, and (the Absence of) Agreement  単著   
The State of the Art in Linguistic Research: The Interface of Form and Meaning  , 開拓社  , 154-172  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Notes on East Asian Argument Ellipsis  単著   
Language Research  , Seoul National University  , 43  , 203-227  , 2007/12   

概要(Abstract) 日本語と韓国語において、項削除という特異な現象が観察される。本論では、この現象を詳細に検討した上で、Chomsky(2000)が提示する一致と文法格の理論が、一致を欠く言語においてのみ、項削除が許容されることを予測することを示し、当該の現象に説明を与えた。 

備考(Remarks)  

2006  Subjects of Complex Predicates: A Preliminary Study  単著   
Stony Brook Occasional Papers in Linguistics  , Department of Linguistics, Stony Brook University  , 1  , 172-188  , 2006/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]