研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

66 件中 1 - 66 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Kase as a Weak Head  単著   
McGill Working Papers in Linguistics  , Department of Linguistics, McGill University  , 25.1  , 382-391  , 2018/12   

概要(Abstract) Chomsky (2013) proposes that a finite clause can be labeled because of -feature agreement. This raises a question on languages like Japanese that lack -feature agreement. I suggest in this paper that the KP (Case phrase) hypothesis, argued for in Travis and Lamontagne (1992), opens up a way to answer this question. More specifically, I propose that Ks (Case markers) in Japanese are weak heads in the sense of Chomsky (2015), and hence, cannot participate in labeling. The proposal predicts that finite clauses of the form, {{DP, K}, TP}, are labeled by T. Another consequence is that although Case-marked DPs have the form, {DP, K}, D provides their label. 

備考(Remarks) Special Issue in Honour of Lisa Travis. 

2018  On the Incompatibility of Wh and Focus  共著  doi:10.11435/gengo.154.0_29 
言語研究  , 日本言語学会  , 154  , 29-51  , 2018/09   

概要(Abstract) イタリア語左方周縁部における焦点句とWh句の共起は、主文では文法的に不適格であるが、補文内では許容度が向上する。また、焦点句とWh句の共起制限は、焦点句の文法機能によっても左右される。例えば、焦点句が間接目的語であれば、直接目的語の場合に比べて許容度が高い。本論文では、まず、これらの一般化を、文法性判断に関する実験研究により裏付ける。次に分析を提示して、特に、主文と補文の非対称性が、統語と意味のインターフェイスにおける焦点文、Wh疑問文の構造から導かれるとの提案を行う。この分析は、一般的に二重焦点が排除されることを含意するが、最後に日本語の関連する現象を取り上げて、その普遍性を検証する。具体的には、Wh疑問文において観察される介在効果が、同様の分析により説明されること、また、いわゆる多重焦点分裂文がこの分析と矛盾するものではないことを示す。 

備考(Remarks) 慫慂論文
共著者:Giuliano Bocci, Luigi Rizzi 

2017  Transformations in the Quest for a Simpler, more Elegant Theory  単著  ISBN 978-1-5015-0692-5 
Syntactic Structures after 60 Years  , de Gruyter Mouton  , 255-282  , 2018/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Notes on the Locality of Anaphor Binding and A-Movement  単著  ISSN 0918-3701 
English Linguistics  , 日本英語学会  , 34/1  , 1-33  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Ellipsis  単著  ISBN 978-1-61451-661-3 
Handbook of Japanese Syntax  , de Gruyter Mouton  , 701-750  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Labeling and Argument Doubling in Japanese  単著  ISSN 0577-9170 
Tsing Hua Journal of Chinese Studies  , National Tsing Hua University Press  , 47/2  , 383-405  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  A Note on Transfer Domains  単著   
Nanzan Linguistics  , 南山大学言語学研究センター  , 12  , 61-69  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Japanese Wh-Phrase as Operators with Unspecified Quantificational Force  単著   
Language and Linguistics  , John Benjamins  , 18/1  , 1-25  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  (A) Case for Labeling: Labeling in Languages without Phi-feature Agreement  単著   
The Linguistic Review  , De Gruyter Mouton  , 33  , 129-175  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Remnant Movement, Radical Reconstruction, and Binding Relations  単著   
Remnant Movement  , Walter de Gruyter  , 221-255  , 2015/06   

概要(Abstract) 日本語スクランブリングは、再構築化において、ほとんどの言語で観察される演算子移動とは異なる性質を示す。この性質を詳細に検討し、連鎖の一般的解釈と極小主義モデルにおける束縛理論の定式化に関する帰結を論じた。 

備考(Remarks)  

2015  Cartography and Selection: Case Studies in Japanese  単著   
Beyond Functional Sequence  , Oxford University Press  , 255-274  , 2015/04   

概要(Abstract) 日本語における複合動詞やモーダルの分布に関する制約、補文標識や終助詞にみられる階層性を検討し、いずれも、形態的選択、意味的選択、意味的・談話的整合性から導かれることを示した。句構造形成に関する統語的操作は、二つの要素の構成素を自由に形成する「併合」のみであるとする極小主義理論の立場から、日本語の構造を捉え直した論文である。 

備考(Remarks)  

2014  Notes on the Referential Transparency of Perception and Factive Verb Complements  単著   
Nanzan Linguistics  , Center for Linguistics, Nanzan University  , 10  , 21-42  , 2015/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Case and Labeling in a Language without phi-feature Agreement  単著   
On Peripheries: Exploring Clause Initial and Clause Final Positions  , ひつじ書房  , 269-297  , 2014/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Selection and Incorporation in Complex Predicate Formation  単著   
Chinese Syntax in a Cross-Linguistic Perspective  , Oxford University Press  , 251-269  , 2014/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  複合動詞の形成と選択制限ー他動性調和を手掛かりとして  単著   
複雑述語研究の現在  , ひつじ書房  , 207-233  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本語文法を特徴付けるパラメター再考  単著   
言語の普遍性及び多様性を司る生得的制約  , 国立国語研究所/南山大学  , II  , 1-30  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  日本語埋め込み文の意味的・談話的性質―比較統語論への招待  単著   
生成言語研究の現在  , ひつじ書房  , 221-251  , 2013/03   

概要(Abstract) 津田塾大学言語文化研究所「英語の共時的および通時的研究の会」発足25周年記念大会における招待講演の内容をまとめたもの。日本語補文のタイプと性質を、特にヨーロッパの言語と比較し、比較統語論が個別言語の分析においても極めて有用であることを論じた。 

備考(Remarks)  

2012  Deriving the Cartography of the Japanese Right Periphery: The Case of Sentence-Final Particles  共著   
Iberia: An International Journal of Theoretical Linguistics  , 4/2  , 104-123  , 2012/12   

概要(Abstract) Andrew Radford 教授の退職記念号に掲載された慫慂論文。近年広く議論されている日本語終助詞の階層性を再検討し、観察される階層性が、意味的選択と発話行為の整合性から導かれることを示した。階層性そのものに理論的実体はないとする極小主義統語論のアプローチを支持する結論である。 

備考(Remarks) 共著者:Tomoko Haraguchi 

2012  Sentence Types and the Japanese Right Periphery  単著   
Discourse and Grammar: From Sentence Types to Lexical Categories  , Mouton de Gruyter (Berlin)  , 147-176  , 2012/11   

概要(Abstract) フランクフルト大学で開催された国際学会における招待研究発表を、同学会論文集に掲載したもの。補文標識の分布を手掛かりとして、日本語の文周縁部構造をスペイン語、イタリア語と比較し、言語にみられる普遍性と可能なバリエーションの形態を論じた。 

備考(Remarks)  

2012  Semantic and Discourse Effects of Scrambling  単著   
Studies in Japanese and Korean Linguistics  , Lincom GmbH (Muenchen)  , 146-172  , 2012/06   

概要(Abstract) コペンハーゲン大学で開催された第7回北欧日本/韓国学会における基調講演の内容を論文にまとめたもの。日本語/韓国語のかきまぜ規則が、固定された機能を有しない一方で、NP移動、主題化、数量詞繰り上げ等の意味的効果をもたらすことができることを説明した。 

備考(Remarks)  

2011  Case Checkin/Valuation in Japanese: Move, Agree, or Merge?  単著   
Nanzan Linguistics  , 南山大学言語学研究センター  , 8  , 109-127  , 2012/03   

概要(Abstract) 近年、一般統語理論の発展に従い、日本語文法格を一致現象の一部とする分析が主流になっている。本論では、文法格の分布、名詞句の作用域等を検討して、これを批判し、日本語文法格は句構造形成のための「併合」に伴う現象であるとする代案を提示した。 

備考(Remarks)  

2011  Two Notes on Feature Inheritance: A Parametric Variation in the Distribution of the EPP  単著   
Nanzan Linguistics  , 南山大学言語学研究センター  , 7  , 43-61  , 2011/06   

概要(Abstract) 日本語においては、文上位、動詞句上位に、英語等では観察されない主語の位置があることを示唆する現象が観察される。一方で、Chomsky (2008) は、CからT、vからVへの素性継承を新たに提案している。本論では、素性継承の有無がパラメターとしてあり、日本語は素性継承がない言語であるとすることにより、上記現象に説明が与えられることを論じた。また、素性継承の有無が、一致の有無と連動していることも示唆した。 

備考(Remarks)  

2010  On the Nature of the Complementizer To  単著   
Journal of Japanese Linguistics (Special Issue in Memory of S.-Y. Kuroda)  , Institute for Japanese Studies, Ohio State University  , 26  , 85-100  , 2010/12   

概要(Abstract) 黒田成幸氏の追悼号に掲載された慫慂論文。日本語の補文標識「と」は、英語の"that"に対応する機能を有すると仮定されてきたが、本論では、「と」が直接引用の言い換えを埋め込む補文標識であり、"that"とは全く異なる性質を有することを示した。 

備考(Remarks)  

2010  A Comparative Syntax of Ellipsis in Japanese and Korean  共著   
Proceedings of the 6th Workshop on Altaic Formal Linguistics  , MIT Working Papers in Linguistics, Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 6  , 287-3007  , 2010/10   

概要(Abstract) 名古屋大学で開催されたWorshop on Altaic Formal Linguistics 6における招待研究発表を、学会予稿集に掲載したもの。日韓語の削除現象を詳細に比較し、いわゆるN'削除においてのみ相違がみられることを示した。また、この相違が、属格挿入規則におけるミクロパラメターにより説明されるとの提案を行った。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Duk-Ho An (共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2009  On the Scope Properties of Nominative Phrases in Japanese  単著   
Universals and Variation  , EFL University Press  , 313-328  , 2010/03   

概要(Abstract) ハイデラバード・EFL大学で開催されたGLOW in Asia VIIにおける招待研究発表を、学会論文集に掲載したもの。日本語の主格名詞句の作用域に基づき、否定文、主格目的語文、存在文の分析がなされ、様々な理論的帰結が指摘されてきたが、それぞれについて提示されている一般化は矛盾するものであった。本論では、全称数量詞、〜だけ、不定名詞句の作用域に関する性質を詳細に検討することにより、この矛盾を解消し、主格名詞句の作用域の全体像を明らかにした。さらに、この記述的研究をふまえて、上記3構文から導かれる帰結を再検討し、修正を提示した。 

備考(Remarks)  

2009  Semantic and Discourse Interpretation of the Japanese Left Periphery  単著   
The Sound Patterns of Syntax  , Oxford University Press  , 140-173  , 2010/01   

概要(Abstract) スクランブリングの意味的、談話的効果を詳細に分析し、スクランブリング自体は機能を有しないものの、文上位の主語位置との相互作用により、その効果が得られることを示した。 

備考(Remarks)  

2009  Optional A-Scrambling  単著   
Japanese/Korean Linguistics  , CSLI Publications (Stanford University)  , 16  , 44-63  , 2009/05   

概要(Abstract) 文内のスクランブリングは、NP移動と同様の性質を持ちうると広く仮定されているが、本論では、この仮定に対する反論を展開し、文境界を超えるか否かに関わらず、スクランブリングが統一的に分析されるべきことを主張した。議論の過程で、日本語には、文上位に位置する主語位置があることを提案して、ロマンス系言語との共通性も追究した。 

備考(Remarks)  

2008  On the Variety of Movements to the vP Edge  共著   
語彙の意味と文法  , くろしお出版  , 307-329  , 2009/02   

概要(Abstract) vP周縁部は、目的語転移、VP内スクランブリングの着点、演算子移動の中間着点とされているが、それぞれの移動は異なる性質を有する。本論では、vP周縁部の性質およびそれぞれの移動の性質を詳細に検討することにより、vP周縁部への移動の統一的分析を提示した。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Kensuke Takita (共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2008  N'-Ellipsis and the Structure of Noun Phrases in Chinese and Japanese  共著   
Journal of East Asian Linguistics  , Springer  , 17  , 247-271  , 2008/08   

概要(Abstract) 日本語と中国語の名詞句構造は類似すると考えられてきたが、本論では、修飾のマーカー(の、的)の分布、分類辞句の分布、名詞句内省略等に関する数々の相違を指摘し、これらの相違が主要部後置型/前置型という句構造の根本的相違から導かれることを示した。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, T.-H. Jonah Lin, Keiko Murasugi(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

2007  Argument Ellipsis, Radical Pro-Drop, and (the Absence of) Agreement  単著   
The State of the Art in Linguistic Research: The Interface of Form and Meaning  , 開拓社  , 154-172  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Notes on East Asian Argument Ellipsis  単著   
Language Research  , Seoul National University  , 43  , 203-227  , 2007/12   

概要(Abstract) 日本語と韓国語において、項削除という特異な現象が観察される。本論では、この現象を詳細に検討した上で、Chomsky(2000)が提示する一致と文法格の理論が、一致を欠く言語においてのみ、項削除が許容されることを予測することを示し、当該の現象に説明を与えた。 

備考(Remarks)  

2006  Subjects of Complex Predicates: A Preliminary Study  単著   
Stony Brook Occasional Papers in Linguistics  , Department of Linguistics, Stony Brook University  , 1  , 172-188  , 2006/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  Expletive Replacement Reconsidered: Evidence from Expletive Verbs in Japanese  単著   
Form, Structure, and Grammar: A Festschrift for Guenther Grewendorf on Occasion of His 60th Birthday  , Akademie Verlag  , 255-273  , 2006/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  Ellipsis and Pronominal Reference in Japanese Clefts  単著   
Studies in Modern Grammar  , The Modern Grammar Society of Korea  , 36  , 1-44  , 2004/06   

概要(Abstract) 日本語において問題とされてきたスルーシング現象、Wh疑問文に対する「省略応答」を、分裂文に項削除が適用されたものとして分析した。この分析は、Soowon Kim 氏によって提唱されている、日本語、韓国語には項削除があるとする仮説を支持するものであり、また、削除の一般理論の研究において、日本語、韓国語からユニークなデータが提供されることを示すものである。2003年8月に開催された韓国現代文法学会大会における講演の内容を、学会機関紙に掲載したもの。 

備考(Remarks)  

2004  Some Remarks on Superiority and Crossing  単著   
Generative Grammar in a Broader Perspective  , Hankook Publishing Company  , 143-163  , 2004/03   

概要(Abstract) 2003年8月にソウル大学で開催された第4回アジア理論言語学会における招待研究発表の内容を論文の形にしたもの。極小主義理論において標準的とみなされている優位現象の分析に疑問を呈じ、優位現象を理解するためには、統語的素性だけではなく、Wh句の作用域も考慮する必要があることを示した。また、優位現象、交差現象と日本語および韓国語にみられる反優位現象、反交差現象の統一的分析を示唆している。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Hang-Jin Yoon 

2003  On the Role of Selection in the Application of Merge  単著   
North East Linguistic Society (NELS)  , GLSA (University of Massachusetts, Amherst)  , 33  , 323-345  , 2003/09   

概要(Abstract) 第33回アメリカ北東部言語学会 (マサチューセッツ工科大学) の Kenneth Hale 氏追悼特別セッションにおける招待研究発表。上記論文「日本語の『非論理性』:文構造形成における日英語の相違」を発展させて、氏の非階層性仮説の現代的意義について論じた。特に、この仮説を、極小主義理論における句構造形成に関するパラメターとして再定式化することによって、項削除、スクランブリング、軽動詞構文に関わる日本語、中国語、英語の相違が説明できることを示した。 

備考(Remarks)  

2003  A Derivational Approach to the Interpretation of Scrambling Chains  単著   
Lingua  , Elsevier Science B.V.  , 113/4  , 481-518  , 2003/04   

概要(Abstract) 上記論文 "Toward the Reunification of Japanese Scramblings" (2002) を発展させ、極小主義理論の下で、日本語スクランブリングの性質を統一的に分析した論文。連鎖における文法素性の役割をより厳密に定義することによって、スクランブリングの束縛関係に与える影響を詳細に分析している。また、スクランブリングと NP移動の一般的相違についても、より正確な説明を提示し、NP移動と類似する性質をもつ VP内スクランブリングの分析も示唆している。 

備考(Remarks)  

2002  Toward the Reunification of Japanese Scramblings  単著   
Formal Approaches to Japanese Linguistics  , MIT Working Papers in Linguistics, Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 3  , 287-307  , 2002/03   

概要(Abstract) スクランブリングは、文内で適用される場合と、文の境界を超えて適用される場合とでは、異なるふるまいを示す。ここから、二種類のスクランブリング規則があると仮定されてきたが、本論文は、Noam Chomsky 氏によって提案されている循環的意味解釈を採用することによって、スクランブリング現象の統一的な分析を提示する。マサチューセッツ工科大学で開催された第3回理論日本語学学会 (Formal Approaches to Japanese Linguistics) における招待研究発表。 

備考(Remarks)  

2002  Two Notes on the Analysis of NP-movement in the Minimalist Program  単著   
上智大学言語学会会報第16号  , 上智大学国際言語情報研究所  , 16  , 72-98  , 2002/01   

概要(Abstract) 上智大学において、極小主義理論と経験的言語研究との関係を模索する目的で開催されたワークショップのために準備した論文。第一部では、極小主義理論が、いかに NP移動に課せられる記述的な制約を除去しつつ、1970年代から問題とされてきたデータにより高いレベルの説明を与えてきたかを解説する。第二部では、improper movement 等のこれまで説明がなされえなかった現象も、極小主義理論の帰結として捉えることができることを論じている。 

備考(Remarks)  

2001  Movement and Theta-roles : A Case Study with Resultatives  単著   
The Proceedings of the Second Tokyo Conference on Psycholinguistics  , ひつじ書房  , 35-60  , 2001/12   

概要(Abstract) 結果構文は、統語構造と意味構造との間に不一致がみられる典型的な構文の一つである。本論文は、上記論文 "Predicate Raising and Theta Relations" (2000) の移動分析を発展させて、エド語、中国語、日本語、英語の結果構文の分析を提示し、述部・項構造と主要部移動、最大投射移動との一般的関係を論じたものである。慶応大学において開催された第2回東京言語心理学会議での招待研究発表の内容を、論文の形にまとめたもの。 

備考(Remarks) 書籍編集者 : Yukio Otsu 

2001  日本語の「非論理性」:文構造形成における日英語の相違  単著   
Southern Review: Studies in Foreign Language and Literature  , 沖縄外国文学会  , 16  , 1-18  , 2001/12   

概要(Abstract) スクランブリング、軽動詞構文を例にとりつつ、統語構造と意味構造との関係にみられる日英語の相違を検討した。また、その相違を句構造形成のメカニズムによるものとして位置付け、説明を試みた。沖縄外国文学会第16回総会 (沖縄大学) における特別講演の内容を論文にまとめ、学会機関誌に掲載したもの。なお、この論文は、社会言語科学会第7回大会 (国学院大学) においても、学会講演として発表している。 

備考(Remarks)  

2000  Predicate Raising and Theta Relations  単著   
Proceedings of the 2000 Seoul International Conference on Language and Computation  , 韓国言語学会  , 85-113  , 2000/08   

概要(Abstract) 著書 Step by Step (2000) の主要部移動分析を,日本語可能構文,エド語連鎖動詞構文,中国語結果構文に応用し,これらの構文の共通点と相違点が,分析の帰結として導かれることを示した。韓国言語学会主催の国際学会における Forum Lecture の内容を予稿集に発表したもの。 

備考(Remarks)  

1999  Wh-Quantifier Interaction and the Interpretation of Wh-Phrases  単著   
Linguistics: In Search of the Human Mind − A Festschrift for Kazuko Inoue  , 開拓者  , 588-621  , 1999/11   

概要(Abstract) 数量詞が wh句よりも広い作用域をとるように思われる場合があり、こうした例における wh句の正確な解釈について、様々な仮説が提案されている。本論文は、日本語に特有の現象を基にして、Gennaro Chierchia 氏の wh句の関数解釈仮説を支持する議論を三つ提示したものである。アメリカ言語学会1997年夏期講座 (コーネル大学) で行なった Forum Lecture を論文の形にまとめたもの。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Masatake Muraki, Enoch Iwamoto 

1999  Control in Complex Predicates  共著   
筑波大学東西言語文化の類型論特別プロジェクト平成10 年度研究報告書  , 筑波大学東西言語文化の類型論特別プロジェクト  , 15-46  , 1999/03   

概要(Abstract) 複合述語の形成は、従来、語彙部門でなされるか、統語部門での「編入」によると考えられてきた。本報告は、複合述語が、統語部門における句構造形成の過程で直接的に派生されうるとし、複合述語形成に関する第三の可能性を提示する。まず、この派生が理論的に予測されることを示し、さらに、日本語における主格目的語を伴う複合述語文の分析を通して仮説を実証する。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Hiroto Hoshi(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1998  Order in Phrase Structure and Movement  共著   
Linguistic Inquiry  , MIT Press  , 29/3  , 439-474  , 1998/07   

概要(Abstract) 上記論文 "Improper Adjunction" (1994) において、伝統的に付加規則と考えられてきたスクランブリング、heavy NP shift は、代入規則として分析されるべきであるとの仮説を提示した。本論文では、まず、句構造理論を検討しつつ、この仮説をさらに発展させる。次に、伝統的に代入規則とされている wh移動、主語繰り上げは、むしろ付加規則とみなされるべきであるとの仮説を提案し、数々の証拠を示す。この論文は、句構造と移動を、比較統語論の立場から体系的に分析しており、Richard Kayne 氏の antisymmetry 理論に対する代案を提示したものである。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito,Naoki Fukui(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1996  Barriers for A-Adjunction  単著   
Japanese/Korean Linguistics  , CSLI Publications (Stanford University)  , 5  , 1-36  , 1996/10   

概要(Abstract) カリフォルニア大学 (UCLA) で開催された第5回日本語・韓国語言語学会における招待研究発表を論文として執筆したもの。Wh移動、主語繰り上げにおいて、IP/CP が障壁となることは広く知られており、この現象は、Luigi Rizzi 氏の relativized minimality (1990) によって説明を与えられることになる。本論文は、まず、スクランブリング、heavy NP shift においても、同様に IP/CP が障壁となることを示す。さらに、この事実は、relativized minimality では説明し得ないことを指摘し、非文となる例を improper movement として排除することを提案する。ここで提示された分析は、Noam Chomsky 氏の minimal link condition に基づいており、従って、それを支持するものである。 

備考(Remarks)  

1995  Adjunction and Cyclicity  共著   
West Coast Conference on Formal Linguistics (WCCFL)  , SLA (Stanford University)  , 13  , 302-317  , 1995/02   

概要(Abstract) アメリカ西海岸理論言語学会第13回大会で発表された論文。いわゆるサイクル原理は、代入規則に適用され、付加規則には適用されないとされてきた。本論文は、付加規則にみられる数々のパラドックスを提示し、それらが、サイクル原理の付加規則への適用によって解決されることを示す。この論文は、上記論文 "Improper Adjunction" (1994) 以前に発表されており、その基礎となったものである。 

備考(Remarks) 執筆者:Keiko Murasugi, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1994  Scrambling and the Functional Interpretation of Wh-Phrases  単著   
Explorations in Generative Grammar: A Festschrift for Dong-Whee Yang  , Hankuk Publishing Company, Seoul  , 571-588  , 1994/12   

概要(Abstract) 著書 Alternative Conceptions of Phrase Structure (1989) において提示したスクランブリングの radical reconstruction property をより詳細に検討した論文。特に、wh句のスクランブリングがその作用域解釈に与える影響を検討し、wh句がその意味的作用域外に前置された場合のみに、radical reconstruction がおこることを示す。この結論は、日本語に随意的な wh移動が存在するとする黒田成幸氏の仮説を支持するものである。また、議論の過程で、Gennaro Chierchia 氏の wh-quantifier scope interaction の分析を支持する証拠も提示している。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Young-Sun Kim, Byung-Choon Lee, Kyoung-Jae Lee, Hyun-Kwon Yang, Jong-Yurl Yoon 

1994  Additional-Wh Effects and the Adjunction Site Theory  単著   
Journal of East Asian Linguistics  , Kluwer Academic Publishers  , 3/3  , 195-240  , 1994/11   

概要(Abstract) 英語の 'why'、日本語の「なぜ」等の adjunct wh句は、極めて限られた分布を示す。James Huang 氏の博士論文 (1982)、Lasnik and Saito (1984、上記論文 "On the Nature of Proper Government") は、これらの wh句が CP の指定部においてのみ「認可」されることを仮定し、空範疇原理 (ECP) による分析を提示している。本論文は、これらの wh句が、CP の指定部のみならず、他の wh句への付加によっても 「認可」されることを例証する。さらに、この結論に基づいて、付加に関する原理群を検証し、新たな提案を行なっている。 

備考(Remarks)  

1994  Improper Adjunction  単著   
Formal Approaches to Japanese Linguistics  , MIT Working Papers in Linguistics, Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 1  , 263-293  , 1994/10   

概要(Abstract) マサチューセッツ工科大学で開催された第1回理論日本語学学会 (Formal Approaches to Japanese Linguistics) における招待研究発表。Saito (1985、上記博士論文) 以降、スクランブリングは付加規則であると広く仮定されていた。本論文では、この仮説を再検討し、極小主義理論においては、スクランブリング、heavy NP shift 等、従来付加規則として分析されてきた操作は、一般的に代入規則とみなされるべきであるとの提案を行なう。特に、この新たな仮説を採用することによって、スクランブリングの基本的な性質 (directionality, optionality, radical reconstruction property) が、極小主義理論の原理群から論理的帰結として導きだしうることを示す。 

備考(Remarks)  

1993  Japanese Light Verb Constructions: A Case of LF Theta-Role Assignment  共著   
A Formal Grammar of Japanese II  , Department of Linguistics, University of Connecticut  , 45-62  , 1993/08   

概要(Abstract) 「する」を主動詞とする日本語の軽動詞構文は、1988年の Jane Grimshaw 氏と Armin Mester 氏の研究以来、広く注目されてきた。しかし、その分析に関しては、不明な点が多く残されていた。本論文は、この構文が、従来の統語分析とは本質的に矛盾するものであり、極小主義理論の基本的な仮説群を採用することによってはじめて分析されうることを論じたものである。 

備考(Remarks) BBN Systems and Technologies の研究助成によるプロジェクトの報告書に所収。報告書編集者:Mamoru Saito 執筆者:Hiroto Hoshi, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1993  Quasi-Adjuncts as Sentential Arguments  共著   
Western Conference on Linguistics (WECOL)  , Department of Linguistics, California State University, Fresno  , 5  , 251-264  , 1993/02   

概要(Abstract) 第22回アメリカ西海岸言語学会で発表された論文。Wh句の分布、ゼロ代名詞の分布等において、項と付加句の非対称性がみられるが、その説明に関しては、意見が別れるところであった。James Huang 氏が、この非対称性は、項と付加句が文あるいは名詞句内で主要部と異なる関係をもつことによるとしたのに対して、Luigi Rizzi 氏、Guglielmo Cinque 氏、Joseph Aoun 氏等は、その原因を項と付加句の内在的な意味の違いに求める仮説を提示していた。本論文は、日本語の関係節、英語名詞句内における Wh句の分布を検討し、Huang 氏のアプローチが基本的に正しいことを示す。また、where/when 等の場所、時に対応する Wh句に関しては、Huang 氏の分析を修正する必要があることを指摘し、新たな仮説を提示する。 

備考(Remarks) 執筆者:Keiko Murasugi, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1992  Long Distance Scrambling in Japanese  単著   
Journal of East Asian Linguistics  , Kluwer Academic Publishers  , 1/1  , 69-118  , 1992/01   

概要(Abstract) 日本語におけるスクランブリングの新たな分析を提示した論文。Gert Webelhuth 氏のドイツ語スクランブリングの分析 (1989)、Anoop Mahajan 氏のヒンドゥー語スクランブリングの分析 (1990) を批判的に検討しつつも、両氏によって明らかにされたスクランブリングの束縛関係への影響をふまえて、上記博士論文 Some Asymmetries in Japanese and their Theoretical Implications (1985) および著書 Alternative Conceptions of Phrase Structure (1989) の分析を発展させている。 

備考(Remarks)  

1991  On the Subject of Infinitives  共著   
Chicago Linguistic Society  , Chicago Linguistic Society  , 27  , 324-343  , 1991/12   

概要(Abstract) 第27回シカゴ言語学会における招待研究発表。1960年代に、Paul Postal 氏等によって目的語繰り上げ規則が提案されたが、その後、Noam Chomsky 氏の ECM 分析が代案として提示され、この規則は広く仮定されるに至らなかった。本論文では、Postal 氏の議論を再検討し、特に、氏の束縛現象に関するデータが、いわゆる AGR-based Case Theory を支持するものであることを論じている。 

備考(Remarks) 執筆者:Howard Lasnik, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1991  Extraposition and Parasitic Gaps  単著   
Interdisciplinary Approaches to Language: Essays in Honor of S.-Y. Kuroda  , Kluwer Adademic Publishers  , 467-486  , 1991/06   

概要(Abstract) Noam Chomsky 氏が、Some Concepts and Consequences of the Theory of Government and Binding (1982) において提示した「寄生空所に関わる反 C-統御の条件」は、理論的に重要な意義をもつが、その後、多くの反例が示され、その記述的妥当性が問題とされていた。本論文は、右方移動の随意性と局所性、移動が同一指示と変項束縛に与える影響を詳細に検討することによって、上記の反例を再分析し、「反 C-統御の条件」が記述的にも正しいことを明らかにする。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Carol Georgopoulos, Roberta Ishihara 

1990  N'-Deletion in Japanese: A Preliminary Study  共著   
Japanese/Korean Linguistics  , CSLI Publications (Stanford University)  , 1  , 285-301  , 1990/09   

概要(Abstract) カリフォルニア大学 (UCLA) で開催された第1回日本語・韓国語言語学会で発表された論文。英語の分析を通して、C、D 等の機能範疇が提案されていたが、D の日本語における存在を示す証拠は議論されていなかった。本論文では、まず、英語における N' 削除、VP 削除、sluicing 等の削除現象を分析し、C、D の投射を仮定すれば、削除とは、機能範疇内で指定部・主要部の一致がある時に補部が空となる現象であるとの一般化が成立することを示す。これは、英語における D の存在を支持する強い根拠となる。次に、日本語においても、N' 削除の現象がみられることを指摘し、従って、この言語においても、D が存在すると結論する。この論文は、削除現象を統一的に分析し、D の普遍性を示したものとして知られているが、英語の VP 削除に関する議論では、後に Noam Chomsky 氏によって提案される PRO の空格仮説を支持する示唆もなされている。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito, Keiko Murasugi(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1985  On the Definition of C-command: Evidence from Japanese  単著   
Studies in East Asian Linguistics  , Department of East Asian Languages and Cultures, University of Southern California  , 138-154  , 1985/12   

概要(Abstract) ワークショップにおける招待研究発表を論文にまとめたもの。日本語の文構造、名詞句構造を詳細に検討した上で、Tanya Reinhart 氏による C-統御の定義を支持する日本語のデータを整理し、提示している。 

備考(Remarks) 南カリフォルニア大学で開催された東アジアの言語に関するワークショップの論文集 

1985  Some Asymmetries in Japanese and their Theoretical Implications  単著   
MIT Working Papers in Linguistics, Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 364 pp.  , 1985/01   

概要(Abstract) マサチューセッツ工科大学大学院に提出した博士論文。第一部では、日本語の階層性仮説をさらに展開する。特に、束縛現象、数量詞解釈、代名詞解釈に焦点をあて、この仮説に基づく分析を提案する。また、スクランブリングと英語の主題化を比較検討し、James Higginbotham 氏のいわゆる linking 理論を支持する証拠を示す。さらに、日本語と共に典型的な非階層言語とされてきたナバホ語の諸現象を分析しつつ、言語における階層性に関するー般的仮説も示唆する。第二部においては、スクランブリングをー般統語理論の中に位置付けることを試みる。1970年代に、wh 移動、主語繰り上げ等の詳細な研究が行なわれ、それぞれの移動規則の特殊性 (局所性、随意性、始点と着点等) が、一般原理から導き出しうることが示された。この結論をもって、変形部門は、単一の規則 (移動原理)、Move-α、によって構成されることになる。本論文では、スクランブリングの性質を詳細に検討し、その特殊性が、句構造理論、格理論、境界理論の諸原理を適用することによって説明されることを示す。このことは、スクランブリングも Move-αに還元されることを意味する。 

備考(Remarks) MITに提出した博士論文 

1984  On the Definition of C-command and Government  単著   
North East Linguistic Society (NELS)  , GLSA (University of Massachusetts, Amherst)  , 14  , 402-417  , 1984/10   

概要(Abstract) アメリ力北東部言語学会第14回大会で発表された論文。C-統御 (c-command) と統率 (government) は、統語論における最も基本的な概念であるとされていたが、その正確な定義に関しては、様々な異なる提案がなされていた。本論文は、日英語の名詞句、動詞句の構造を検討しつつ、Tanya Reinhart 氏の C-統御の定義を支持する証拠を提示する。また、統率の定義については、上記論文 "On the Nature of Proper Government" (1984) の結論をふまえつつ、新たな提案を行なっている。 

備考(Remarks)  

1984  On the Nature of Proper Government  共著   
Linguistic Inquiry  , MIT Press  , 15/2  , 235-289  , 1984/04   

概要(Abstract) 英語、日本語、中国語、ポーランド語等の wh 疑問文を分析し、空範疇原理 (ECP) の再定式化を提案している。議論の過程で示された仮説には、以下のものが含まれる。(1) 先行詞統率に課せられる局所性は、統率ではなく、移動現象にみられるものと同様である。(この一般化は、後に、Noam Chomsky氏の障壁理論において説明を与えられることになる。) (2) D-構造とS-構造との関係に関する原理としての Move-α (Move anything anywhere) は、よりー般的に、削除と挿入を含む Affect-α (Do anything to anything) とされるべきである。 

備考(Remarks) 執筆者:Howard Lasnik,Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1983  Case and Government in Japanese  単著   
West Coast Conference on Formal Linguistics (WCCFL)  , SLA (Stanford University)  , 2  , 247-259  , 1983/11   

概要(Abstract) アメリ力西海岸理論言語学会第2回大会で発表された論文。格理論は、統語論の中で中心的な位置を占める。英語等の言語における格の現象は、この理論に基づいて分析され、また、この理論を発展させる上で重要なデータを提供してきた。他方、日本語の格については、多くの詳細な研究が発表されていたが、人間言語の普遍的特性に関する一般理論である格理論も、日本語には、適用しえないとする考えが支配的であった。本論文では、まず、日本語の目的格にかかわる様々な現象が、抽象格の理論によって説明しうることを示す。さらに、日本語の主格も、英語の所有格と同様に、構造に依存する挿入格として分析されるべきであると主張する。この二つの結論は、日本語の格を格理論の中に位置付け、日本語における目的格と主格との性質の違いに理論的説明を与える意味をもつ。 

備考(Remarks)  

1983  Tough Constructions and the Theta-criterion  共著   
Proceedings of the XIIIth International Congress of Linguists  , 予稿集発行委員会  , 467-472  , 1983/09   

概要(Abstract) 第13回国際言語学者会議で発表された論文。述部が項に付与する意味役割 (theta 役割) に関する理論を、受動難易文を許容し、英語とは異なる性質をもつスペイン語の難易構文を詳細に分析しつつ、検証している。 

備考(Remarks) 執筆者:Mario Montalbetti, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1983  On Certain Tough Differences between Spanish and English  共著   
North East Linguistic Society (NELS)  , GLSA (University of Massachusetts, Amherst)  , 13  , 191-198  , 1983/08   

概要(Abstract) アメリカ北東部言語学会第13回大会で発表された論文。英語とスペイン語の難易構文を比較検討し、その相違点が、代名詞削除に関するパラメターによって説明されることを示す。特に、後者のみにみられる「受動難易文」の詳細な分析を提示している。 

備考(Remarks) 執筆者:Mario Montalbetti, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1983  Weak Crossover and Moveαin Japanese  共著   
Natural Language &Linguistic Theory  , Kluwer Academic Publishers  , 1/2  , 245-259  , 1983/04   

概要(Abstract) いわゆる弱交差の現象がスクランブリングにおいてみられることを指摘し、上記論文 "Comments on the Papers on Generative Syntax" (1983) で提示した日本語の階層性仮説を支持する証拠をあげている。また、「自分」、「彼/彼女」、ゼロ代名詞の意味的特性を検討し、代名詞の解釈における日英語の共通点と相違点を論じている。 

備考(Remarks) 執筆者:Mamoru Saito,Hajime Hoji(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1983  Comments on the Papers on Generative Syntax  単著   
Studies in Generative Grammar and Language Acquisition  , 国際基督教大学語学科  , 79-89  , 1983/02   

概要(Abstract) 第13回国際言語学者会議の「生成文法と言語獲得ワークショップ」で発表されたもの。主題文、二重目的語構文、目的語繰り上げ構文等、様々な現象を扱っているが、日本語の階層性仮説をはじめて提示した論文として知られている。この論文以前は、日本語の文には、ヨーロッパ諸語にみられるような階層性がなく、その結果として、日本語においては比較的語順が自由であるとする Kenneth Hale 氏の非階層性仮説が支配的であった。この論文では、日本語の文が、英語と同様の階層性をもち、また、自由な語順は、句を前置する文法規則 (スクランブリング) によるものであるとしている。 

備考(Remarks) 第13 回国際言語学者会議「生成文法と言語獲得ワークショップ」論文集 

1982  Three Ways to Get Tough  共著   
Chicago Linguistic Society (CLS)  , Chicago Linguistic Society  , 18  , 348-366  , 1982/11   

概要(Abstract) 第18回シカゴ言語学会で発表された論文。スペイン語、タガログ語、日本語の難易構文を分析し、統語論における原理とパラメターのアプローチを支持する証拠を挙げている。特に、統語理論が、構文を中心に構成されるものではなく、いわゆる modular な構造をもつものであることを示す。 

備考(Remarks) 執筆者:Mario Montalbetti, Mamoru Saito, Lisa Travis(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]