研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

27 件中 21 - 27 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1997  Syntactic Chains and Quantifier Scope  講演  その他 
アメリカ言語学会夏期講座  , アメリカ言語学会、Department of Linguistics, Cornell University  , 1997/07   

概要(Abstract) Joseph Aoun 氏とAudrey Li 氏のよる作用域理論を批判的に検討し、素性の独立性に基づく代案を提示した。wh句と数量詞の作用域を扱った部分は、論文 "Wh-Quantifier Scope Interaction and the Interpretation of Wh-Phrases" (1999) に収録されている。 

備考(Remarks) Forum Lecture 

1997  ミニマリスト・アプローチの背景と目的  解説  単著 
筑波英語教育  , 筑波英語教育学会  , 18  , 1-11  , 1997/03   

概要(Abstract) 第18回筑波英語教育学会における基調講演の概要。Noam Chomsky 氏が1990年代はじめに提唱したミニマリスト (極小主義) 理論は、「Chomsky の新理論」として日本においても注目を集めている。しかし、この提案は、1970年代、1980年代の言語理論研究に基づいてなされたものである。本論は、1970年代、1980年代において提案された主要な仮説と、それらに付随して新たに生起した諸問題を概観し、ミニマリスト・プログラムの目的を明らかにする。さらに、ミニマリスト理論の諸原理を検討し、今後の研究の方向性について示唆している。 

備考(Remarks) 筑波英語教育学会第18 回大会における講演の概要 

1994  Barriers for A-Adjunction  研究発表  その他 
Japanese/Korean Linguistics Conference 5  , Department of East Asian Languages and Cultures, UCLA  , 1994/11   

概要(Abstract) 論文 "Barriers for A-Adjunction" (1996) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

1994  Improper Adjunction  研究発表  その他 
Formal Approaches to Japanese Linguistics 1  , Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 1994/05   

概要(Abstract) 論文 "Improper Adjunction" (1994) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

1994  Noam Chomsky's Impact on Linguistics in Japan  解説  共著 
Noam Chomsky: Critical Assessments  , Routledge  , 1  , 735-739  , 1901/01   

概要(Abstract) Noam Chomsky 氏の日本における言語学研究への影響を、歴史的に解説したもの。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Carlos Otero 執筆者:Naoki Fukui, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1992  (事典項目) Government  解説  単著 
International Encyclopedia of Linguistics  , Oxford University Press  , 2  , 55-57  , 1992/02   

概要(Abstract) 統語論における基本的概念の一つである統率 (government) の定義と役割を解説したもの。 

備考(Remarks) 事典編集者:William Bright 

1988  生成統語論の方法  解説  単著 
英語学論考  , 東北大学英語学研究会  , 6  , 28-37  , 1988/12   

概要(Abstract) 日本英語学会第 5 回大会のシンポジウムにおいて発表されたもの。束縛理論における線状的先行の役割、そして境界理論におけるVP付加の位置付けをめぐる論争の理論的背景を解説し、日本国内でしばしば発表される表層的な「チョムスキー批判」が極めて的外れであることを指摘しつつ、今後の研究の方向性を示唆している。 

備考(Remarks) 日本英語学会シンポジウム「生成統語論の方法」に基づく特集の一部 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]