研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

27 件中 1 - 27 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  On the Architecture of Japanese CPs  研究発表  その他 
Formal Approaches to Japanese Linguistics 5  , Department of Linguistics, University of California at Santa Cruz  , 2010/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Invited Speaker 

2009  A Comparative Syntax of Ellipsis in Japanese and Korean  研究発表  その他 
The 6th Workshop on Altaic Formal Linguistics  , 名古屋大学  , 2009/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Invited Speaker (共同発表者:Duk-Ho An) 

2009  Selection and Clause Types in Japanese  研究発表  その他 
International Conference on Sentence Types: Ten Years After  , University of Frankfurt  , 2009/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 招聘による。 

2008  On the Scope Properties of Japanese Nominative Phrases  研究発表  その他 
Asian GLOW 7 (アジア理論言語学会)  , Department of Linguistics, EFL University-Hyderabad  , 2009/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Invited Speaker 

2008  Semantic and Discourse Effects of Scrambling  講演  その他 
The 7th Pan-Asiatic International Symposium on Languages and Linguistics  , 広東外語外貿大学  , 2008/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Keynote Lecture 

2005  Expletive Verbs: A Note of Comparison with Expletive Arguments  研究発表  その他 
Asian GLOW 5 (アジア理論言語学会)  , School of Language, Literature and ulture Studies, Jawaharlal Nehru University  , 2005/10   

概要(Abstract) 著書 Step by Step (2000) で提示した分析に基づいて、日本語の虚動詞「する」が、英語の虚辞 'there' と極めて類似する統語的性質を有することを示した。また、この類似性が、Noam Chomsky 氏が Knowledge of Language (1986) において提案した虚辞の分析の方向性を支持するものであることを示唆した。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2003  Some Remarks on Superiority and Crossing  研究発表  その他 
Asian GLOW 4 (アジア理論言語学会)  , ソウル国立大学認知科学研究センター  , 2003/08   

概要(Abstract) 論文 "Some Remarks on Superiority and Crossing" (2004) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2003  Ellipsis and Pronominal Reference in Japanese Clefts  研究発表  その他 
韓国現代文法学会大会  , 韓国現代文法学会、キュンプック国立大学  , 2003/08   

概要(Abstract) 論文 "Ellipsis and Pronominal Reference in Japanese Clefts" (2004) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2002  On the Role of Selection in the Application of Merge  研究発表  その他 
North East Linguistic Society 33  , Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 2002/11   

概要(Abstract) 論文 "On the Role of Selection in the Application of Merge" (2003) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2002  フェイズ理論と連鎖の循環的解釈  解説  単著 
英語青年  , 研究社  , 148/5  , 274-278  , 2002/08   

概要(Abstract) 『英語青年』特集「フェイズと極小主義理論」に掲載されたもの。統語的派生の単位としてのフェイズが提案されるに至った経緯を解説し、上記論文 "Two Notes on the Analysis of NP-Movement in the Minimalist Program" および "Toward the Reunification of Japanese Scramblings" の成果を基にして、フェイズが移動現象の説明において果たしうる役割と新たに提示する問題を検討した。 

備考(Remarks) 日本英語学会シンポジウム「フェイズと極小主義理論」に基づく特集の一部 

2002  Some Notes on the Variation in Phrase Structure  研究発表  その他 
Asian GLOW 3 (アジア理論言語学会)  , 台湾国立清華大学語言学研究科  , 2002/01   

概要(Abstract) 研究発表 「日本語の『非論理性』ー文構造形成における日英語の相違」(2001) を発展させたもの。1980年に提案された Ken Hale 氏の非階層性仮説を極小主義理論の中で再定式化することによって、日本語に特有の現象 (スクランブリング、軽動詞構文、名詞句削除等) に統一的な説明を与えることを試みた。中国語を含めたより詳細な分析が以下の研究発表 "On the Role of Selection in the Application of Merge" (2002) において提示されるが、その基礎をなす論文。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2001  Toward the Reunification of Japanese Scramblings  研究発表  その他 
Formal Approaches to Japanese Linguistics 3  , Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 2001/05   

概要(Abstract) 論文 "Toward the Reunification of Japanese Scramblings" (2001) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2001  Movement and Theta-Roles: A Case Study with Resultatives  研究発表  その他 
東京言語心理学会議2  , 慶應大学言語文化研究所  , 2001/03   

概要(Abstract) 論文 "Movement and Theta Roles: A Case Study with Resultatives" (2001) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2001  日本語の「非論理性」ー文構造形成における日英語の相違  講演  その他 
日本社会言語科学会7  , 日本社会言語科学会、国学院大学  , 2001/03   

概要(Abstract) 論文「日本語の『非論理性』ー文構造形成における日英語の相違」(2001) を参照。 

備考(Remarks) 沖縄外国文学会第16回総会 (2001年7月、沖縄大学) においても講演。 

2001  チョムスキー (Noam Chomsky)  解説  単著 
月刊『言語』  , 大修館書店  , 162-165  , 2001/02   

概要(Abstract) Noam Chomsky 氏の研究を、言語学史、思想史において位置付け、平易に解説したもの。 

備考(Remarks) 2001.2 別冊『言語の20 世紀101 人』 

2000  (解題) 日本語研究の対象と方法 − 原田信一「日本語に『変形』は必要だ」について  解説  単著 
シンタクスと意味 − 原田信一言語学論文選集  , 大修館書店  , 804-808  , 2000/11   

概要(Abstract) 原田信一氏による日本語移動現象の分析の歴史的意義を解説し、同時に移動分析の方法について説明したもの。 

備考(Remarks) 書籍編集者:福井直樹 

2000  Japanese Scrambling in a Comparative Perspective  研究発表  その他 
York Conference on Peripheral Positions  , Department of Linguistic Science, York University  , 2000/09   

概要(Abstract) 著書 Peripheries: Syntactic Edges and their Effects (2004) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

2000  Scrambling in the Minimalist Program  講演  その他 
2000 Seoul International Conference on Language and Computation  , 韓国言語学会、高麗大学  , 2000/08   

概要(Abstract) 日本語および韓国語スクランブリングの特質を、他の非演算子移動 (英語wh句の循環的移動、NP移動、ドイツ語スクランブリング、ヒンドゥー語スクランブリング) との比較において明らかにし、その理論的意義を検討した。 

備考(Remarks) Forum Lecture 

2000  Predicate Raising and Theta-Relations  講演  その他 
2000 Seoul International Conference on Language and Computation  , 韓国言語学会、高麗大学  , 2000/08   

概要(Abstract) 論文 "Predicate Raising and Theta Relations" (2000) を参照。 

備考(Remarks) Forum Lecture 

1999  The Japanese Light Verb Construction  研究発表  その他 
Asian GLOW 1 (アジア理論言語学会)  , Central Institute for English and Foreign Languages, Hyderabad  , 1999/01   

概要(Abstract) 著書 Step by Step (2000) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

1997  Syntactic Chains and Quantifier Scope  講演  その他 
アメリカ言語学会夏期講座  , アメリカ言語学会、Department of Linguistics, Cornell University  , 1997/07   

概要(Abstract) Joseph Aoun 氏とAudrey Li 氏のよる作用域理論を批判的に検討し、素性の独立性に基づく代案を提示した。wh句と数量詞の作用域を扱った部分は、論文 "Wh-Quantifier Scope Interaction and the Interpretation of Wh-Phrases" (1999) に収録されている。 

備考(Remarks) Forum Lecture 

1997  ミニマリスト・アプローチの背景と目的  解説  単著 
筑波英語教育  , 筑波英語教育学会  , 18  , 1-11  , 1997/03   

概要(Abstract) 第18回筑波英語教育学会における基調講演の概要。Noam Chomsky 氏が1990年代はじめに提唱したミニマリスト (極小主義) 理論は、「Chomsky の新理論」として日本においても注目を集めている。しかし、この提案は、1970年代、1980年代の言語理論研究に基づいてなされたものである。本論は、1970年代、1980年代において提案された主要な仮説と、それらに付随して新たに生起した諸問題を概観し、ミニマリスト・プログラムの目的を明らかにする。さらに、ミニマリスト理論の諸原理を検討し、今後の研究の方向性について示唆している。 

備考(Remarks) 筑波英語教育学会第18 回大会における講演の概要 

1994  Barriers for A-Adjunction  研究発表  その他 
Japanese/Korean Linguistics Conference 5  , Department of East Asian Languages and Cultures, UCLA  , 1994/11   

概要(Abstract) 論文 "Barriers for A-Adjunction" (1996) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

1994  Improper Adjunction  研究発表  その他 
Formal Approaches to Japanese Linguistics 1  , Department of Linguistics and Philosophy, MIT  , 1994/05   

概要(Abstract) 論文 "Improper Adjunction" (1994) を参照。 

備考(Remarks) Invited Speaker 

1994  Noam Chomsky's Impact on Linguistics in Japan  解説  共著 
Noam Chomsky: Critical Assessments  , Routledge  , 1  , 735-739  , 1901/01   

概要(Abstract) Noam Chomsky 氏の日本における言語学研究への影響を、歴史的に解説したもの。 

備考(Remarks) 書籍編集者:Carlos Otero 執筆者:Naoki Fukui, Mamoru Saito(共同研究につき本人担当抽出不可能) 

1992  (事典項目) Government  解説  単著 
International Encyclopedia of Linguistics  , Oxford University Press  , 2  , 55-57  , 1992/02   

概要(Abstract) 統語論における基本的概念の一つである統率 (government) の定義と役割を解説したもの。 

備考(Remarks) 事典編集者:William Bright 

1988  生成統語論の方法  解説  単著 
英語学論考  , 東北大学英語学研究会  , 6  , 28-37  , 1988/12   

概要(Abstract) 日本英語学会第 5 回大会のシンポジウムにおいて発表されたもの。束縛理論における線状的先行の役割、そして境界理論におけるVP付加の位置付けをめぐる論争の理論的背景を解説し、日本国内でしばしば発表される表層的な「チョムスキー批判」が極めて的外れであることを指摘しつつ、今後の研究の方向性を示唆している。 

備考(Remarks) 日本英語学会シンポジウム「生成統語論の方法」に基づく特集の一部 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]