研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

1 件中 1 - 1 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  謝靈運「撰征賦」をめぐる若干の考察  単独  2016/12/18 
六朝学術学会  , 六朝学術学会   

概要(Abstract)
「撰征賦」は、同じく長編の「山居賦」とともに『宋書』謝靈運傳所収で伝わるが、謝靈運の詩文の中に在って、山水を詠じる諸篇や、自注を付して独特のスタイルをとる「山居賦」などに比して、文学史的検討の対象とされることは少ない。ところで、この「撰征賦」は、漢代以来の賦史に一角を占める「紀行」「行旅」賦と「武功」賦との流れの中に位置づけられる存在でもある。こうした賦史を踏まえる立場から、全体の構成や、そこに取り込まれている文学史上のさまざまな要素の分析を通して、「撰征賦」とは何か、そして、「撰征賦」から見えてくるものの若干について考察してみる。一般に予想されがちな、いわゆる発展の跡づけには当てはまらないものの、晉宋の時期における賦の在り方の一端を窺い、ひいてはまた、他ならぬ謝靈運の筆力というものを確認する材料にできるのではないか。こうした見通しについて述べた。
 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]