研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
林 雅代 ( ハヤシ マサヨ , HAYASHI Masayo )
所属
Organization
人文学部心理人間学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

教育社会学・教育史

学会活動
Academic societies

日本教育社会学会会員(1994年5月〜現在に至る)
大学史研究会会員(2007年5月〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (18)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (15)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院教育学研究科教育学専攻 博士後期課程  1997年03月  退学 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 教育学修士    名古屋大学大学院  1994年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  日本における社会秩序と青少年問題に関する研究 

概要(Abstract) 戦前および戦後の日本において,青少年をめぐる制度がどのように展開したかを検討し,それが家族や学校などの諸機関を通じてどのような社会統制機能を果たしたかについて考察する。 

長期研究  日米高等教育の関係史 

概要(Abstract) 戦前期以降、特に占領期以降、日本の高等教育に影響を与え続けてきたアメリカの高等教育との比較や相互関係の観点から、日本の高等教育の変容や現状について明らかにする 

短期研究  戦前期における少年非行の歴史的研究 

概要(Abstract) 戦前期の少年非行の処遇の実態および少年非行をめぐる言説を分析し,少年非行の概念がどのように形成されていったのかを明らかにする。 

短期研究  南山大学インターナショナル・ディヴィジョンに関する研究 

概要(Abstract) 1950年代から1960年代初頭にかけて南山大学に置かれた南山大学インターナショナル・ディヴィジョンについて、史料の整理・分析を行い、今日の日本の高等教育のあり方に照らしながら、当時の日米の高等教育の関係について考察する 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2009  新・教育言説をどう読むか  共著  9784788511859 
新曜社  , その他  , 284p.  , 2010/01   

概要(Abstract) 本書は、1997年に出版された『教育言説をどう読むか』の新版として、ゆとり教育や学級崩壊等、1990年代後半以降の教育現象をめぐる諸言説を批判的に検討したものである。担当章では、「三歳までは母親が子育てしないと子どもの発達に問題が生じる」という、いわゆる三歳児神話の成立過程と、その解釈をめぐるジェンダーのダイナミズムに焦点を当て、この言説についての先行研究のとらえ方に修正を加えた。 

備考(Remarks) 今津孝次郎,田中節雄,加藤 潤,森岡修一,高橋克巳,林 雅代,伊藤茂樹,樋田大二郎 

2003  ファシリテーター・トレーニング  共著   
ナカニシヤ出版  , A4  , 187  , 2003/06   

概要(Abstract) 本書は、自己実現を促す教育ファシリテーションがどのようなものであるかを、ファシリテーションとは何か、ファシリテーションに関わるしくみ、学校教育・体験学習・その他のさざまな教育におけるファシリテーションの応用、といった観点から論じたものである。担当章では、非行少年の更生におけるファシリテーターとしての保護司に注目し、その法的位置づけと役割、保護司制度の歴史、保護司の現状について論じた。 

備考(Remarks) 津村俊充・星野欣生・三上茂・中野清・ミカエル・カルマノ・山口真人・神谷俊次・川浦佐知子・浦上昌則・加藤隆雄・石田裕久・田子健・松原眞志夫・中路恭平・寺田邦昭・長谷川雅雄・梅垣弘・林雅代・中村和彦・楠本 

2001  教職研修総合特集 子どもの対人関係能力を育てる  単著   
教育開発研究所  , B5  , 244  , 2002/03   

概要(Abstract) 子どもの対人関係の育成のための知識や技法について、心理学・教育学・人間関係学の立場から、論じている。 

備考(Remarks) 津村俊充ほか52名による。執筆担当部分:第2章6「非行少年の更生と対人関係能力」(pp.76-79) 

1997  教育言説をどう読むか−教育を語ることばのしくみとはたらき  共著   
新曜社  , その他  , 264 pp.(163-  , 1997/04   

概要(Abstract) 本書は、教育をめぐる具体的な言説を取り上げながら、それがどのような教育現実像や教育理念像から構成されているのか、どのような教育現実像や教育理念像を構成しているのかについて分析しながら、その言説のしくみとはたらきを論じたものである。担当章では、「子どもの喫煙はよくない」という言説の成立背景と、その成立が意味するところについて論じた。 

備考(Remarks) 今津孝次郎,田中節雄,加藤 潤,森岡修一,高橋克巳,酒井 朗,林 雅代,伊藤茂樹,樋田大二郎 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  大学における現職教員の学び直しに関するニーズー2015年度予備調査の結果から  共著   
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター紀要  , 静岡大学教育学部附属教育実践総合センター  , no.26  , pp.177-191  , 2017/03/31   

概要(Abstract) 日本の高等教育進学率は50%を超え、マーチン・トロウがいうところのユニバーサル・アクセス段階に達した。しかし、日本の大学は、少子化による危機に直面している一方で、生涯学習機関ともなりえていないのが現状である。同時に、知識基盤社会に向けて、日本の大学が現職の学校教員の再教育システムを発展させる必要がある。教職大学院に関する先行研究は存在するものの、現職教員がどのような学びを希望しているかについては、明らかにされていない。そこで、われわれは、2015年に予備調査として、現職教員の大学での学び直しニーズについて調査研究を行い、60%程度の教員がニーズを持っているものの、その多くが学位所得を求めているわけではないこと、自分が担当する教科に関する専門性や生徒指導のための心理学的知識等の実用的な知識を求めていること、週末や夏季休暇中などに学べるコースを求めていること、が明らかとなった。 

備考(Remarks)  

2015  ヒルシュマイヤーの教育論の背景—ヒルシュマイヤー文庫について  単著   
アルケイア  , 南山アーカイブズ  , 第10号  , pp.39-55.  , 2016/03/07   

概要(Abstract) 本稿は、南山大学第3代学長ヒルシュマイヤーの教育論の背景について、彼の蔵書と目される「ヒルシュマイヤー文庫」の検討を中心に論じたものである。ヒルシュマイヤー文庫は、南山大学名古屋図書館「三宅文庫」内に主に含まれる「ヒルシュマイヤー文庫」の印の押された図書を指す。本稿執筆の過程で、「ヒルシュマイヤー文庫」の目録と想定される「受贈原簿」を発見することができた。「ヒルシュマイヤー文庫」の中心は、ヒルシュマイヤーの専門領域であった経済学・経営学の文献であり、彼の教育論の背景に想定されるはずの教育学や心理学の文献はごくわずかである。彼が、自身の研究を通じて日本的経営の弱みとして日本の教育を認識し、宗教学や文化人類学などの広範な領域の知識と洞察に基づいて、教育論を論じていたことが推測された。 

備考(Remarks)  

2015  アメリカ高等教育のユニバーサル化の過程—軍人教育プログラムを中心に  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 第30号  , pp.185-195.  , 2015/11/30   

概要(Abstract) 本研究は、アメリカ高等教育のユニバーサル化過程について、連邦政府と軍との関係に焦点を当てて検討したものである。これまで主に成人教育史において取り上げられてきた連邦政府と軍との関係について、特に第一次および第二次世界大戦期の軍人教育プログラムを検討することで、高等教育の拡充における両者の関係の重要性を主張した。第一次大戦期には、軍での余暇活動のプログラムを担ったのは主に社会改革運動団体であったが、戦後に大学拡張部が成人教育を拡大し、第二次大戦期には高等教育機関が軍務上のプログラムおよび余暇活動プログラムの提供を通じて軍人教育の担い手となっていった。こうしたプログラムの提供の際には、アクレディテーションが求められるようになったのである。 

備考(Remarks)  

2014  ヒルシュマイヤーの教育論  単著   
南山学園史料集10 ヒルシュマイヤー著作集 教育論  , 南山アーカイブズ  , 第10号  , pp.172-179  , 2015/03/16   

概要(Abstract) 南山大学第3大学長ヨハネス・ヒルシュマイヤーの教育論を分析し、その3つの特徴を挙げた。1つめの特徴は、日本経済論の視点から、つまり、彼自身の研究である企業者研究を通じて、日本の人材育成や人材選抜のあり方を論じた点であり、「教育ママ」「企業パパ」をキーワードに、いわゆる日本的経営のもとで女性ー母親が中心の教育の世界と、男性ー父親中心の企業の世界との二重構造を基盤にした教育の特質を指摘した点である。2つめの特徴は、ドイツ人の立場から、ドイツとの比較で日本の人間形成やしつけなどについて論じた点である。3つめの特徴は、神父として、また、カトリック者として、「良心教育」のあり方を説き、厳しさのあるしつけの必要性を提言した点である。ヒルシュマイヤーの教育論は、基本的には日本教育批判といえ、特に家庭教育における母親の役割を当然視した点で、当時としてもやや保守的なものであったと評価した。 

備考(Remarks)  

2013  アメリカ高等教育と戦時体制ーアクレディテーション・システムの展開に注目してー  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 第7号  , pp.51-67  , 2014/01/30   

概要(Abstract) 本研究では、アメリカ高等教育において展開された軍事教育プログラムに注目して、高等教育に対する連邦政府の権限拡大とアクレディーション・システムの展開との関連について検討した。軍事教育プログラムは、南北戦争中に制定された第一次モリル法により、国有地付与大学において導入されることとなったが、当初はそれほど積極的に実施されていたわけではなかった。これが強化されていくのは、第一次世界大戦へのアメリカ参戦が決定された1916年に制定された国防法により、予備役将校訓練部隊が高等教育機関に設置されることになってからであった。予備役将校訓練豚は、選抜徴兵法による徴兵年齢の引き下げが行われる中で中断され、代わりに学生陸軍訓練部隊が高等教育機関に設置されることになった。これらの軍事教育プログラムの実施は、戦時体制下の高等教育機関にとって死活問題であり、これが連邦政府の高等教育機関への影響力を強め、またアクレディテーション・システムの進展を促す効果をもたらした可能性を示唆した。 

備考(Remarks)  

2012  アメリカの高等教育機関による軍人教育と極東プログラムの展開  単著   
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第7号  , 179-200  , 2013/03/21   

概要(Abstract) 本稿は、南山大学インターナショナル・ディヴィジョンの開設と終焉を第一次世界大戦以降にアメリカの高等教育機関において軍人教育プログラムが展開され、さらに第二次世界大戦後には日本・韓国・フィリピン等で極東プログラムが発達した動きの中に位置づける試みである。第一次大戦期より、米軍は高等教育機関と連携して兵士の教育訓練プログラムを展開したが、この流れは第一次大戦後の大学エクステンションの拡張へとつながり、大恐慌期の連邦政府による雇用政策の一環としての成人教育プログラム、および第二次大戦期の戦時教育プログラムへと移行していった。軍人の教育訓練をめぐって強化された連邦政府と高等教育機関との関係は、第二次大戦後もさらに発展し、アメリカ国内外の米軍基地に駐留する兵士の教育水準を高めるためのプログラムが、アメリカの高等教育機関および現地の高等教育機関の協力のもと実施されたのである。 

備考(Remarks)  

2012  大学における初年次教育の実践と考察:[アカデミックライティング」の授業展開を中心に  共著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 第5号  , 135-160  , 2013/01/30   

概要(Abstract) 本論文は、南山大学心理人間学科における初年次教育としてのアカデミックライティング科目の創設と運営の実践について、考察を行い、アカデミックライティング科目の授業方法や授業論の深化に寄与することを目的としている。授業実践の検討から、アカデミックライティング科目が、学生のコミュニケーションスキルを高める効果を持ちうることや、単に論理的な文章作成スキルの習得にとどまらず、自身のテーマや問いを創出し表現する力を養うものであることが論じられている。また、学生同士が学び合うだけでなく、教員同士も学び合い、授業や研究スキルを向上させる効果を持っているのみならず、大学カリキュラムの構想にも寄与しうるものであると主張している。 

備考(Remarks) 金田裕子・中野清との共著。 

2011  戦時下アメリカのジュニアカレッジにみられるアクレディテーション問題  単著  11817955 
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第6号  , 49-75  , 2012/03   

概要(Abstract) 本論文は、戦後高等教育改革において大学基準協会設立に一定の役割を果たしたW.C.イ―ルズの経歴に注目し、アメリカジュニアカレッジ協会事務局長時代のアクレディテーション経験を、彼の史料「ウォータイム・レターズ」により分析した。その結果、米軍による戦時教育プログラムの実施に高等教育機関が活用される際に、アクレディテーションが問題となり、以後の戦時に関わる高等教育問題の中でも同様であったことが明らかとなった。 

備考(Remarks)  

2010  米軍占領・駐留下の日本における米兵教育とアクレディテーションーイールズ文書に注目してー  単著  11817955 
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第5号  , 55-76  , 2011/03   

概要(Abstract) これまでのアメリカ高等教育に関する先行研究では、1944年GIビルの実施により、連邦政府が授業料等を支払う高等教育機関の認定が求められるようになり、アクレディテーションが広く確立したとされてきた。本稿の検討では、GIビルはアメリカ退役軍人の海外教育機関の利用をももたらし、海外教育機関に関しても、アクレディテーションの重要性がもたらされた可能性が示唆された。また、GIビルだけでなく、第二次世界大戦以降、米軍と高等教育機関が関係を深めたことにより、米兵のような非伝統的な学生による単位・学位の取得の認定の必要性が、 アクレディテーションの重要性の増大の背景にあったことも指摘した。 

備考(Remarks)  

2009  アメリカ高等教育におけるアクレディテーションの展開と戦後日本における米兵教育  単著  11817955 
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第4号  , 1-30  , 2010/03   

概要(Abstract) 本論文は、アメリカ合衆国でのアクレディテーションの展開について概観した上で、退役軍人を対象としたGIビルの実施によるその進展と、現役軍人に対する教育ニーズによるその進展について考察した。先行研究では、アクレディテーションがGIビルとの関連で進展したことが指摘されてきたが、現役の米兵に対する教育ニーズによっても進展したこと、それによりアメリカの大学エクステンションの再編が起こった可能性が考えられること、上智大学や南山大学のインターナショナル・ディヴィジョンの成立は、現役の米兵に対する教育ニーズと関連しており、このことと戦後日本でのアクレディテーション導入の関連性が示唆されること、を論じた。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  南山アーカイブズ常設展示図録  図録編著  共編著 
南山アーカイブズ  , 81p.  , 2015/11/01   

概要(Abstract) 南山アーカイブズのリニューアル再開に伴い作成された図録のうち、「南山短期大学の設置と発展」「21世紀の南山学園」を主に担当した(五島敦子と共著) 

備考(Remarks)  

2014  『南山学園史料集10 ヒルシュマイヤー著作集 教育論』  編集および史料改題  未設定 
南山アーカイブズ  , 254頁  , 2015/03/16   

概要(Abstract) 南山大学第3大学長ヨハネス・ヒルシュマイヤーの教育論に関する著作から主要なものを選び、著作集として編集した。また、掲載した各史料に、史料解題を付した。 

備考(Remarks)  

2012  吉川房枝氏インタビュー:南山短期大学人間関係科設立にまつわるエピソード  史料紹介  その他 
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第7号  , 201-245ページ  , 2013/03/21   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山学園オーラルヒストリープロジェクトの一環として、2012年1月26日に行われた、南山短期大学元教授の吉川房枝氏のインタビュー記録である。吉川氏は、南山短期大学人間関係科創設に関わった人物であり、創設の背後にあるさまざまなエピソードが語られている。その概要についての解説を執筆するとともに、インタビュー記録の校閲を行った。 

2012  明治時代史大辞典   辞書・事典  未設定 
吉川弘文館  , 3 <に~わ>  , 917ページ  , 2013/02/20   

概要(Abstract) 531ページ掲載「未成年者喫煙禁止法」の項目執筆を分担。 

備考(Remarks)  

2011  西村大志編著『夜食の文化誌』  書評  単著 
教育社会学研究  , 東洋館出版社  , 第88集  , 312-313  , 2011/06   

概要(Abstract) 江戸時代の伝統を経て、明治時代に屋台を中心とした夜食が都市下層労働者の間で広がった後、大正時代にはサラリーマンの間で広く経験されるものとなった過程、およびその後夜食が家庭にどのように入り込んでくるかの過程についての分析を、批判的に検討した。 

備考(Remarks)  

2008  2008年度南山学会シンポジウム「モノ・記録・記憶の文化資源化」  シンポジウム記録  その他 
アルケイア  , 南山大学史料室  , 第3号  , 1−67  , 2009/03   

概要(Abstract) 高等教育のグローバル化が進行する中、その先駆的組織といえる南山大学インターナショナル・ディヴィジョンの史料が示唆するところについて、またその史料が保存・発見されたことの意義について、論じたものである。 

備考(Remarks) シンポジウムでの単独の発表内容は、林雅代「南山大学インターナショナル・ディヴィジョン史料とその意義」(35−45ページ)に掲載。 

2007  南山大学連続講演会講演集「教養教育への扉」  講演集  共著 
(株)エヌ・イー・エス  , 193  , 2008/03   

概要(Abstract) 2007年度に開催した南山大学連続講演会「教養教育への扉」(全8回)の講演をまとめた講演集。各回とも今日的な問題を学問横断的にさまざまな視野から検討し、それを実践に移していく教養を学ぶものとして 開催された。担当回では、近年の日本社会の父性を強調する現状を参照しながら、歴史の中での父性や母性、家族役割の変化とその文化的強調が起こる社会的な背景について論じた。 

備考(Remarks) 編者:浜名優美 共著者:真野倫平、宮澤元、藤原道夫、青柳宏、渡辺義和、森千香子、江田信豊、林雅代 

2006  日常の中の死 尊厳ある死  講演会記録  その他 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 第19号  , 151-155  , 2006/05   

概要(Abstract) 2005年9月に社会倫理研究所で開催した「福岡佐織さん 小泉信三賞受賞記念祝賀懇話会」の概要を紹介し、懇話会の意義を死と看取りの歴史的展開という観点から論じた。 

備考(Remarks)  

2003  稲垣恭子・竹内洋編『不良・ヒーロー・左傾』  書評  その他 
教育社会学研究  , 東洋館出版  , 第72集  , 213-214  , 2003/05   

概要(Abstract) 本稿は、稲垣恭子・竹内洋編『不良・ヒーロー・左傾』の書評である。近代社会における若者の教育や規律のあり方の諸相を分析した論文集であり、第I部では学生文化と逸脱の問題、第II部では若者の習慣や身体感覚の変容、第III部では欧米での若者の逸脱とその統制がそれぞれ論じられている。従来の研究が、「逸脱」がどう語られたかという統制側の規範的な議論をもっぱら分析対象とするようなアプローチが取られがちであったが、本書ではそうした先行研究の限界を乗り越えようとする試みがいくつかの章でなされていることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2001  Youth Problems in Meiji Japan  講演  その他 
Center for Japanese Studies Thursdays Colloquium, University of California, Berkekely  , Center for Japanese Studies, Universoty of California, Berkeley  , 2001/02   

概要(Abstract) This presentation describes the youth problems in Meiji Japan that eventually resulted in the enactment of the Reformatory Law and the Law Prohibiting Minors from Smoking in 1900 as part of a socio-historical investigation into how and why the Juvenile Justice Law of 1922 was enacted. 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  大学への社会人入学の促進要因と抑制要因—現職教員を対象とした質問紙調査の結果から  共同  2016/09/17 
日本教育社会学会第68回大会  , 日本教育社会学会   

概要(Abstract) 本発表では、現職教員が大学や大学院等で学び直す上で、どのような要因が促進し、どのような要因が抑制すると考えられるかを、教職大学院に在学しない現職教員を対象とした調査によって明らかにしようとしたものである。それによると、以前から学びたかったり、以前に学んだことを学ぶことや、別の教員免許の取得、現場での実践に活用できそうな知識やスキルを得る目的で学びたいとする者が多いが、学費の工面や在学中の生計等経済的な問題、職場の理解を得ること、家庭・仕事の多忙さ等が学び直しに積極的になることを阻んでいることが考えられた。 

備考(Remarks)  

2016  大学における現職教員の学び直しに関するニーズー予備調査の結果から  共同  2016/06/25 
中部教育学会題65回大会  , 中部教育学会   

概要(Abstract) 本発表では、教職大学院在学中の現職教員を対象とした先行研究に対して、教職大学院に在学していない現職教員を対象とした、大学・大学院等での学び直しニーズについての調査の結果を報告した。年代・男女別に分析した結果では、どの年代・性別でも学び直しニーズはあるものの、学位取得を目的とした長期のものではなく、比較的短期のもののニーズが高いこと、教科の専門性を高めるためや生徒指導等に必要な知識やスキルへのニーズが高いことが分かった。また、学費の工面や職場の理解を得ることが難しいことが、学び直しを実現する上での障壁となることが分かった。 

備考(Remarks)  

2012  アカデミックライティング科目の実践と意義に関する考察(ポスターセッション)  共同  2013/03/02 
大学教育改革フォーラム in 東海 2013  , 大学教育改革フォーラム in 東海 2013 実行委員会・名古屋大学高等教育研究センター   

概要(Abstract) 本発表では、発表者らが携わった、アカデミックライティングを学ぶ科目「心理人間学基礎演習Ⅱ」(南山大学心理人間学科初年次必修科目<以下「基礎演習II」>)の実践過程を検討し、その意義と今後の課題について考察を行った。2005年に開講された基礎演習IIの授業デザインは、学生の授業アンケートと担当教員(発表者ら)の振り返りをもとに改変されてきた。その過程を検討し、論理的な文章作成スキルの養成と学生の創造的な探究活動の両立の可能性、グループワークによる学生の学び合いの意義、教員の役割の重要性について考察する。さらに、専門領域の異なる教員が協働でアカデミックライティング科目を考案・実践することの意義を考察した。 

備考(Remarks) 金田裕子・中野清との共同発表。 

2010  米軍占領/駐留下の日本における米兵教育とアクレディテーション  単独  2010/11 
大学史研究会第33回研究セミナー   , 大学史研究会   

概要(Abstract) 本報告では、米軍占領/駐留下の日本に置ける米兵教育という史実をふまえ、その背景にあったアメリカ高等教育の状況を、海外教育機関との関係および米軍との関係という視点から考察した。日本の戦後高等教育改革の背景には、そのようなアメリカの高等教育や米軍の抱える事情があったと考えられることを示唆した。
 

備考(Remarks)  

2003  メソドロジーの現在と将来ー教育社会学をめぐってー  単独  2003/11 
東海教育社会学研究会30周年シンポジウム  , 東海教育社会学研究会   

概要(Abstract) 教育社会学におけるメソドロジーの問題を扱ったこのシンポジウムにおける講演では、歴史研究を中心に、教育社会学の歴史研究の展開について概観し、現在の歴史研究の持つ問題点と今後の見通しについて分析を行った。 

備考(Remarks)  

2000  Youth Problems in Meiji Japan  単独  2001/02 
Center for Japanese Studies Thursdays Colloquium, University of California, Berkekely   , Center for Japanese Studies, University of California, Berkeley   

概要(Abstract) This presentation describes the youth problems in Meiji Japan that eventually resulted in the enactment of the Reformatory Law and the Law Prohibiting Minors from Smoking in 1900 as part of a socio-historical investigation into how and why the Juvenile Justice Law of 1922 was enacted.
 

備考(Remarks)  

1998  学生による授業評価の効果と限界  単独  1998/12  
南山大学社会倫理研究所シンポジウム「大学教育の倫理」  , 南山大学社会倫理研究所   

概要(Abstract) 近年多くの日本の大学で、自己点検・評価活動の一環として行われるようになった「学生による授業評価」が、大学の授業にどのような意義を持ちうるのかについて考察するため、近年増加してきている「学生による授業評価」に関する研究動向をレビューし、「学生による授業評価」の効果についての研究知見は必ずしも安定していないことを指摘した。また、筆者が実施した「学生による授業評価」の試行の例を示し、「学生による授業評価」が授業改善にもたらす効果が、必ずしも明確ではないことを論じた。
 

備考(Remarks)  

1998  非行少年概念の成立に関する研究  単独  1998/10 
第50回日本教育社会学会  , 日本教育社会学会   

概要(Abstract) 本発表は、日本における「非行少年」概念の成立について、法制史および施設史の視点から考察したものである。「非行少年」カテゴリーの成立に当たって問題となるのは、1)ある特定の年齢段階の犯罪者の処遇が、その他から切り離されていく過程、2)虞犯の観念が、特定の年齢段階とのみ処遇上結び付いていく過程、である。この二つがどのように進行したかについて、東京府下に地域を限定して、予備的な考察を行った。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  社会人を対象にした教員養成プログラムの開発 
研究分担者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  社会人を対象にした教員養成プログラムの開発 
研究分担者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  社会人を対象にした教員養成プログラムの開発 
研究分担者  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2004  科学研究費補助金  近代日本における少年司法政策の展開と非行少年概念の成立に関する比較社会史的研究 
  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2003  科学研究費補助金  近代日本における少年司法政策の展開と非行少年概念の成立に関する比較社会史的研究 
  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2002  科学研究費補助金  近代日本における少年司法政策の展開と非行少年概念の成立に関する比較社会史的研究 
  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2008  科目コーディネーター 

「心理人間学基礎演習II・IV」のコーディネーターとして、アカデミック・ライティング科目の毎回の教材資料作成・担当者への連絡・指示等を行った。 

2008年度秋学期 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2015  名古屋市図書館協議会  2015/05/01-2016/04/30 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市図書館協議会委員 

2014  名古屋市図書館協議会委員  2014/05/01-2015/04/30 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市教育委員会の委嘱を受けて、名古屋市図書館の運営に関して協議を行う委員会の委員を務めた。 

2013  名古屋市図書館協議会委員  2013/05/01-2014/04/30 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市立図書館の活動について、協議会委員会に出席し、教育社会学の研究者としての立場から、発言を行った。 

2009  講演会講師  2009年7月26日 

活動内容等(Content of Activities) JAUW(大学女性協会愛知支部)主催講演会(於ウィルあいち)にて、「育児する父親と近代家族のゆくえー西洋文化史を手がかりにー」と題して、講演を行った。 

2008  史料集編集  2009年3月13日刊行 

活動内容等(Content of Activities) 南山学園創立75周年記念誌編纂委員会編『南山大学インターナショナル・ディヴィジョン史料集 下』南山学園、の編集を担当
65-75頁に解説を執筆 

2007  史料集編集  2008年3月10日刊行 

活動内容等(Content of Activities) 南山学園創立75周年記念誌編纂委員会編『南山大学インターナショナル・ディヴィジョン史料集 上』南山学園、の編集を担当
120-131頁に解説を執筆 

2007  年史執筆および編纂  2007年11月1日刊行 

活動内容等(Content of Activities) 南山学園創立75周年記念誌編纂委員会編『HOMINIS DIGNITATI 1932-2007 南山学園創立75周年記念誌』の原稿執筆および編集作業を分担 

2007  講演会講師  2007年11月17日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学連続講演会「教養教育への扉」/南山大学名古屋キャンパス 

2007     

活動内容等(Content of Activities) 南山大学社会倫理研究所第二種研究員 

2006     

活動内容等(Content of Activities) 南山大学社会倫理研究所第二種研究員 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/04/28 更新