研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
永井 英治 ( ナガイ エイジ , Nagai Eiji )
所属
Organization
国際教養学部国際教養学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

日本中世史、高等教育史、アーカイブズ学

学会活動
Academic societies

中世史研究会委員(1991年7月〜1992年6月、1994年7月〜1995年6月、2008年9月〜現在)
名古屋歴史科学研究会研究委員(1997年7月〜1998年6月)

社会活動
Community services

長久手町史編さん執筆委員(1998年9月〜2003年3月)
愛知県史特別調査委員(2001年4月〜2009年3月)
三好町誌編集委員会専門委員(2003年10月〜現在)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (22)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (18)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院文学研究科後期課程 博士課程  1992年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 文学修士    名古屋大学大学院文学研究科史学地理学専攻博士前期課程  1989年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  大学アーカイブズの理念と活用 

概要(Abstract) 大学アーカイブズの特質に基づく理念を構築し、その実践として大学史研究を行なう。 

長期研究  室町幕府訴訟制度の研究 

概要(Abstract) 所領紛争の解決とその維持における地域と守護・使節の機能を視野に入れて、室町幕府裁判制度を総合的に考察する。 

短期研究  学術史としての大学史研究 

概要(Abstract) 大学での研究の歴史を、学術史に位置付ける。そのために、大学史料の発掘と、それらに関する史料学的な基礎研究もあわせて行なう。 

短期研究  鎌倉末〜室町期の幕府裁判と地域社会 

概要(Abstract) 鎌倉末〜室町期の幕府裁判の実現を、権力と地域社会の相互交渉の過程として捉え直す。また、この相互過程における裁判文書の機能を検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  南山学園史料集10 ヒルシュマイヤー著作集 教育論  共編著   
南山アーカイブズ  , A5  , 254p.+12p.  , 2015/03/16   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  新編三好町誌 本文編  共著   
愛知県みよし市  , A5  , 1146p.  , 2013/08/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中世 第二章第一節・第二節の一部、第三節の一部を執筆担当 

2010  南山学園史料集6 南山大学の人類学  編著   
南山学園  , B5  , 134p.  , 2011/03   

概要(Abstract) 南山大学における人類学の教育研究に係る制度的発展に関する史料を収集し、編集した。研究所、学科、博物館の設置に重点を置いた。 

備考(Remarks)  

2010  新編 三好町誌 資料編 歴史  共編著   
愛知県みよし市  , B5  , 739p.  , 2010/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 永井は「古代中世 第一章 編年史料」の一部を担当した。 

2008  愛知県史 資料編10 中世3  共編著   
愛知県  , A5  , 1049p.  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  HOMINIS DIGNITATI 南山学園創立75周年記念誌  共編著   
南山学園  , A5  , 632p.  , 2007/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 永井は編集および「南山外国語専門学校の設置」「南山大学の設置」ほかの執筆を担当。 

2005  南山学園史料集 名古屋外国語専門学校史料集  編著   
南山学園  , A5  , 155p.  , 2005/04   

概要(Abstract) 南山大学の前身校である名古屋外国語専門学校に関する史料を収録し、解説を加えた。 

備考(Remarks)  

2004  愛知県史 資料編9 中世2  共編著   
愛知県  , A5  , 1097p.  , 2005/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  長久手町史 本文編  共著   
長久手町役場  , B4  , 568p.  , 2003/03   

概要(Abstract) 山田郡を中心に、南北朝・室町期の尾張国の守護・守護代・黒人、荘園について叙述した。 

備考(Remarks) 永井は「尾張の守護・守護代・国人」(pp.158-182)を担当。 

2000  南山大学五十年史  共著   
南山大学  , A5  , 568p.  , 2001/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 永井は「教職課程・学芸員養成課程」(pp.398-407)「公開講座、コミュニティ・カレッジ」(pp484-489)を担当。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  戦後教育改革期における旧制から新制への転換と学校間接続―南山学園の事例研究―  共著   
アルケイア―記録・情報・歴史―  , 南山アーカイブズ  , 13  , pp.81-100  , 2018/11/30   

概要(Abstract) 本稿は、戦後教育改革期における旧制から新制への学校制度転換において、学生・生徒による選択が生じた場合、新制と旧制のいずれかを選ぶかに注目して、学制改革期の学校間接続について南山学園を対象に分析したものである。はじめに、旧制名古屋外国語専門学校から新制南山大学が設置された際に旧制か新制かの選択肢が生じたとき、新制選択者が少数派であった理由を取得できる資格という視点から分析した。つぎに、旧制南山中学校が新制南山中学校に転換し、南山高等学校が設置される過程で、旧制か新制かの選択となったときの進路動向について分析した。その結果、旧制選択者は少数派ではなかったことを指摘し、上級学校への進学が問題とならない場合、旧制と新制はほぼ同じ卒業資格で捉えられ、在学年限が短い選択肢が選ばれる傾向にあることを論じた。 

備考(Remarks)  

2017  室町幕府奉行人書下について  単著   
アルケイア―記録・情報・歴史ー  , 南山アーカイブズ  , 12  , pp.147-169  , 2017/11/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  日本中世古文書学と日本中世アーカイブズ学  単著   
アルケイア―記録・情報・歴史ー  , 南山アーカイブズ  , 11号  , pp.29-49  , 2017/03/10   

概要(Abstract) 第1に、日本近代歴史学の黎明期に古文書学を形づくった久米邦武と黒板勝美の業績を検討し、現在に至る古文書概念がライバルでもあった二人によって形成され、日記との区別、古文書の要件などが規定されたことを述べた。ただし、黒板は効力を問題にしながら、効力が発生する手続きについて論じなかったため、機能論へ展開しなかった。第2に、上島有に代表される日本中世アーカイブズ学について、アーカイブズ学から文書の生成過程について議論を援用したことで、時代の枠を外したアーカイブズ学の可能性が認められることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2015  南山アーカイブズとヒルシュマイヤプロジェクトー研究資源アーカイブズの可能性  単著   
アルケイア―記録・情報・歴史―  , 南山アーカイブズ  , 10  , pp.57-73  , 2016/03/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学と戦争遺跡  単著   
アルケイアー記録・情報・歴史ー  , 南山アーカイブズ  , 9  , pp.65-94  , 2015/03/16   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  建武政権~初期室町幕府の裁判に見る「濫妨」と「押領」の交錯  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 29/1  , pp.33-44  , 2014/06/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  『師守記』紙背文書にみる文書管理  単著   
アルケイア―記録・情報・歴史―  , 南山大学史料室  , 7  , pp.153-177  , 2013/03/21   

概要(Abstract) 本稿では、南北朝内乱初期の下級官人である中原師守の日記を対象に、基礎作業として、自筆書き継ぎ本であることの意味を確認したうえで、裏書についての検討から日記の紙背の位置付けを考えた。つぎに記主である師守の家で受領した文書群の管理方法について考察し、それらのうちから不要と判断され、日記の料紙に使われる過程を検討した。以上の作業の結果、紙背文書の分析から、現用→非現用・廃棄=再利用の過程について概要が明らかにできることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2011  MLAにおける所蔵資料の特性と利用  単著   
アルケイア―記録・情報・歴史―  , 南山大学史料室  , 6  , pp.163-191  , 2012/03/31   

概要(Abstract) 資料を保存し利用するための機関であるM(博物館)、L(図書館)、A(アーカイブズ)の連携は今日的課題であるが、理念が先行し、連携のための具体的な模索は十分とは言い難い。デジタルアーカイブズは、MLAの連携を推進する方法として、また、その利便性において不可逆的に普及・進行しているが、デジタルアーカイブズとして提供される情報の真正性をMLAそれぞれにおいて担保するオリジナルの特性についての議論は、MLAの連携を検討するためにも基礎作業となる。本稿では、このような認識の上に、MLAそれぞれの特性に規定され、収蔵資料の真正性を担保する手段は異なるものとなることを指摘し、MLA連携ためのの基礎的理解を確認したものである。 

備考(Remarks)  

2010  南山大学経済学部、半世紀を越えて  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 25/3  , pp.5-27  , 2011/03   

概要(Abstract) 本稿は、南山大学経済学部が社会科学部社会学科の1コースとして出発しながら、これを直接の母体としながら経済学部が成立し、さらに、他の社会学系学部を生み出す母体となったことを、社会の中の大学という視点から論じたものである。また、南山大学がカトリック大学であることから、経済学部史から「カトリック大学における経済学」という論点が抽出され、南山大学では、この論点がカトリック大学における教育・研究に一般化されて用いられたことを指摘した。 

備考(Remarks)  

2010  南山大学人類学博物館設置に至る経緯  単著   
南山大学人類学博物館オープンリサーチセンター研究報告  , 南山大学人類学博物館  , 第1冊  , pp.157-166  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  「南山学園史料集14 聖園女学院史料集』解説  資料  単著 
『南山学園史料集14 聖園女学院史料集』  , 南山アーカイブズ  , pp.202-208  , 2019/03/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  外岡慎一郎『武家権力と使節遵行』  書評  未設定 
日本歴史  , 吉川弘文館  , 840  , pp.107-108  , 2018/05/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  『南山学園史料集 13 南山大学設置認可申請書』解説  資料  単著 
南山学園史料集   , 南山アーカイブズ  , 13  , pp.162-176  , 2018/3/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  『南山学園史料集 12 五軒家町キャンパスの構想』解説  資料  単著 
南山学園史料集  , 南山アーカイブズ  , 12  , pp.81-84  , 201703/17   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  『南山学園史料集 11 創立五周年記念 南山学園史』解説  資料  単著 
南山学園史料集  , 南山アーカイブズ  , 11  , pp.87-93  , 2016/03/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  ヨハネス・ヒルシュマイヤー「南山学園―その沿革と将来の展望」講演録と解説  資料  単著 
アルケイア―記録・情報・歴史  , 南山アーカイブズ  , 9  , pp.157-191  , 2015/03/16   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学・キャンパス・小史  資料  単著 
南山学園史料集  , 南山学園  , 9  , pp.82-83  , 2014/03/19   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学のレーモンド建築をめぐる言説の脱構築にむけて  資料  単著 
南山学園史料集  , 南山学園  , 9  , pp.90-92  , 2014/03/19   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  『南山学園史料集 8 南山学園のレーモンド建築〈上〉』概要  寄稿  単著 
南山学園史料集  , 南山学園  , 8  , pp.75-77  , 2013/03/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  アントニン・レーモンドと南山学園―「南山学園のレーモンド建築」編集の趣旨―  資料  単著 
南山学園史料集  , 南山学園  , 8  , pp.78-79  , 2013/03/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2015  教科書の分担執筆 

黒澤浩編『博物館教育論(2015, 講談社)のうち「知的財産-MLA連携」を執筆した。
 

2015/06/22 
2009  テキストへの寄稿 

『図書館リテラシー入門』(南山大学司書課程・学校図書館司書教諭課程委員会、2009年9月)に「大学史料室―アーカイブズとは?」を寄稿し、図書館とアーカイブズの機能の相違と、両者の連携について解説した。 

 
詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/05/08 更新